2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 羅臼・知床強行旅行④熊の湯 | トップページ | 羅臼・知床強行旅行⑥カムイワッカ湯の滝 »

羅臼・知床強行旅行⑤羅臼道の駅→知床自然センターまで

ぎん)さて・・熊の湯で冷えた体を温め・・・再出発です♪

羅臼の道の駅には、隣接して海鮮市場が入っています。

Cimg2959_1

Cimg2955

前回ここでかったホッケが美味しくて~♪

羅臼の「ホッケ」はかなり有名なブランドですからね・・・さすがに本場のホッケは味が違い

ますよ♪

この市場に入ると・・・まず店主のご主人がとびきりの笑顔で迎えてくれます。

今回・・・ご主人の写真もとらせていただいたのですが・・・くろが見切れていたので、写真を使うのを諦めました。

まずは・・ご主人が朝一カニ!と蟹の足を振舞ってくれます
ん~これをいただいてしまうと・・・何か買わないわけにはいきませんね。笑

今回は名物のホッケを、お土産用と牡蠣が美味しそうだったので・・自分用に10個購入しました。
今になって考えれば・・・このとき買った「牡蠣」が強行旅行の原因になったのです。

Cimg2953

さて・・・買い物を終えて・・・いよいよ羅臼から知床を目指します。

前回は知床から羅臼に向かって峠を降りてきたのですが・・・これが・・・登りはきつく、カーブの多いこと多い事・・・だいぶエンジンのヘタってきている愛車が可愛そうに思えました。

先ほど入浴した熊の湯を左手に・・・知床峠をのぼっていきます。

やっぱりきついな~エンジンのうなりが、まるで悲鳴のように聞こえます・・・。

やっぱり天気悪いのかな?

登る途中までは雲がかかり・・・視界が全然ききません。

ところが・・・ある程度峠をのぼっていくと・・・・・・・・・。

お!!

眼下に雲が広がっています・・・

ぎん!見てみて!雲の上にいるんだよ~すっごいね~!と能天気なくろ。

こっちは運転でそれどころじゃないっちゅ~ねん!

よそ見してたら・・・事故るわ!

少し直線になったところで車を止め、ゆっくりと景色を眺めます。

確かにくろが騒ぐのが解るくらい・・・すばらしい景色でした。

Cimg2965

Cimg2968

所々から見える山と雲の折り合いが・・・とても幻想的でした。

ここから少し進むと・・・7月の中になるのに・・・山にはまだ雪がのこっていました。

Cimg2970

あと少しで・・・峠の頂上です。

しかし・・・残念ながら・・・頂上への途中の道は、霧のため視界がききませんでした。

さて・・・いよいよ頂上に到着です!ここが羅臼と知床の境界です。

Cimg2979

ん!?

車をおりて・・・少し散歩をしていると、少し雲の切れ間が見えてきました。

これは・・・くろの「晴れ女」パワーのおかげかな?笑

Cimg2971

平日の朝ではありましたが・・・世界遺産に登録されたこともあり、観光客の方がきていました。

Cimg2980

それでは・・・次は、カムイワッカに登るための・・・シャトルバスにのるために、
知床自然センターへと向かいます。

ここからは・・・自然センターまでは順調だったのですが・・・

自然センターについてから・・・くろと少々トラブルがありました。

というわけで・・・自然センターの写真を撮るのを忘れておりました。

そこからは・・・少々頭を冷やすために、ぎんが一人でフレペの滝まで散歩にいきます。

はっきりいって・・・行きはよいよい・・帰りは怖い!という音楽が頭に浮かぶほど・・・

帰りの道のりはきつかったです。

もう・・・くろの元に戻った時には・・・頭を冷やすどころか・・・ふらふらで思考のかけらもなかったです。

お互い謝り・・・仲直り!

と・・・いうわけで、シャトルバスにのってカムイワッカに向かう二人でした。

このとき・・・このキツイフレペの滝への道のりを、もう一度歩かされるとは知らないぎんでありました・・・。

« 羅臼・知床強行旅行④熊の湯 | トップページ | 羅臼・知床強行旅行⑥カムイワッカ湯の滝 »

北海道 観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羅臼・知床強行旅行⑤羅臼道の駅→知床自然センターまで:

« 羅臼・知床強行旅行④熊の湯 | トップページ | 羅臼・知床強行旅行⑥カムイワッカ湯の滝 »