2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

8月3日の花火

写真を出すのが・・・少し遅くなってしまいましたが、8月の3日に旭川で行われた花火大会の写真です。

Cimg35461 

Cimg35521

Cimg35601

Cimg35791

この写真が一番のお気に入りです♪

Cimg35881

Cimg36401

Cimg36091

Cimg36111

Cimg36131

Cimg36241

残念ながら・・・最後のクライマックスの花火は・・・全部ピンボケでした・・・。泣

幽体離脱は・・本当にあるのか!?

ぎん)さて・・・お盆も終わり・・・そろそろ秋の気配の感じる季節となってきました。

しかし・・・北海道は涼しくなってきましたが・・・天気予報を見ると、本州はまだまだ暑そうですね~。

と・・・言うわけで・・・もう少し「涼しくなる」お話をしたいと思います♪

さて・・・みなさんは、「幽体離脱」「臨死体験」というものを聞いたことがありますか?

比較的耳にするのは・・・「お花畑」を見た!とか「三途の川」を見た!といったものが多いかと思います。

しかし・・・これは、ぎんの父方の祖母(ぎんが5歳の時に亡くなっています)の入院中の話です。

この時、祖母は「食道癌」で市内の病院に入院していました。

この出来事は・・・祖母の様態が悪化し・・・意識が途切れ途切れになってきたころに起こりました。

夜になると・・・家の中で、「人の歩く足音」が聞こえるようになりました・・・。

最初の頃は・・・父も祖父も「祖母」が遊びにきてるんじゃないのか?などと・・・冗談で話していたそうです。

しかし・・・ある日、その冗談が・・・冗談ではない、決定的な事がおこりました。

いつものように・・・父と母がお見舞いに行っていたときのことです。

祖母)昨日ね・・・家に行ったら・・・冷蔵庫の中に「赤いもの」しか入っていなかったよ。私の食べれるものは何もなかったね・・・・・・・。

その時は、夢でも見たのだろうとおもったそうです。

しかし・・・帰って冷蔵庫の中を見たとき・・・両親は絶句したそうです。

まさに・・・祖母の話したとおりの・・・状態だったのでした!

どうして・・・病院から出れるはずはないのに・・・。

まさに・・・魂だけが離れて行った・・・としか説明のしようのない出来事だったと父は話しておりました。

温泉と出会い

ぎん)温泉めぐりをしていると・・・いろいろな人との出会いがあります。

いいお湯に入る・・・

それもいいですが・・・知らない人同士、裸の付き合いでコミュニケーションをはかれるのも楽しいですよ♪

北海道の場合は、夏になると・・・「ミツバチ族」と言われる、北海道が大好きなライダーのみなさんがおとづれます。

やはり・・・ライダーの方は、いろいろな場所を回っているので・・・
自分の住んでいる北海道の話でも・・・自分達の知らない情報が飛び出すこともよくありますよ♪
灯台下暗し・・・とは、このことなんでしょうね。笑

さて・・・今回は羅臼知床の旅でも・・・沢山のライダーの方達と話をすることができました!

羅臼の「熊の湯」では団体さんが来ていたのですが・・・時間に余裕がないとのことで、あまりお話をすることができませんでした・・・。

その団体さんは、関東の方達で・・・一日に5~600kmを走行しているとのこと・・・
熊の湯にも、5,6分はいっただけで・・・風のように去っていきました。

次に出会ったライダーの方は、カムイワッカで出会った「大分」のライダー!
この方とは現在も連絡をしています!
野性味を感じさせる・・・ワイルドなライダーでした♪

今月の初めに北海道を出た後・・・陸路で大分まで帰ったそうです。
途中の道のりの話を聞くのが、とても楽しみです♪

最後は・・・岩尾別温泉で出会った「関東」のライダー!
この方とは・・・残念ながら連絡先を聞くのを忘れて・・・連絡はとれていません。
確か・・・顔は小田祐二似で笑顔が氷川きよし似?でしたね~なかなかのいい男でしたよ
とにかく・・・ぎんの印象としては・・・

「りっぱなモノ」を・・・お持ちでした。笑

いや~タオルでは隠しているのですが・・・その下から頭がでているんですよ・・・

ぎんがお湯に浸かって・・・彼が近くまで歩いてきたので・・・まさに・・・間近?で見てしまいましたよ・・・。

女性の方はうらやましい~!とか言わないでくださいよ!
ぎんとしては・・・少々凹んでいるんですから・・・・・・・。
くそ~!神様の馬鹿~!不公平だぁ~!!ちっくしょ~!笑

正直・・・顔のイメージはくろの方が、良く覚えていて・・・
ぎんとしては・・・「モノ」のイメージが頭に強く残ってしまっていました・・・。笑

と・・・今回の出会いは、こんな感じでしたが・・・なかなかいい出会いもあり、旅を二倍楽しむことができました!

みなさんも、地元に荷物を持った・・・県外ナンバーのライダーが来たら、ぜひ!お話をしてみてください♪

由仁温泉  ユンニの湯

くろ)久しぶりに温泉へ行ってきました♪
のんびりドライブの途中で入ることになった『ユンニの湯』建物の造りは、
ログハウス風で、木の香りがとっても心地よかったです(^ー^)

Cimg3943

久しぶりの温泉にウキウキ~~!
Cimg3948
湯のしっとり感が~~たまらない~~♪

Cimg3947
Cimg3944
浴槽も洗い場もキレイです。
Cimg3954

温泉の湯は、コーヒー色で浸かった瞬間に、しっとりした感触がわかります☆
もちろん湯上りは、肌がスベスベになります(*^-^*)
湯の温度も高くなく、浴槽の高さも足を伸ばして浸かれるので、のんびりできました♪
(なんと言っても・・温泉に入るのは久々だったので、
 のんびり浸かり~癒される。。。くろでした)

露天風呂は、女性側は浴槽が2つあります(^ー^)/
1つは、温泉!もう1つは、ハーブ湯!
ハーブ湯は、日替わりらしく、くろが入ったときはラベンダーの湯でした☆
(夏でも露天風呂は、やめられない・・・(^^;くろです)

男性側は。。。1つしかなかったそうです。。ToT
Cimg3951
Cimg3949
露天風呂に、ベンチがあるので。。湯冷ましできます。
Cimg3953


湯上りは、受付で販売していた『しそジュース』を飲みました~~♪
Cimg3955

Cimg3956
ちょっと、すっぱくって・・あと味すっきりでした。


『ユンニの湯』
【住所】    夕張郡由仁町伏見122
【入浴時間】 10時~22時
【入浴料金】 600円
【定休日】  不定休
【ロッカー】  あり 100円(返却あり)
【シャンプー・石鹸】 あり

ぎんの心霊?体験①続き③

ぎん)この時ほど・・・尿意を恨んだことはないでしょう・・・。

ここから先へ進むのは・・・本当に勇気がいりました!!

この時、自分の中で一つの決め事をしました。

浴室を通り過ぎる時に何があっても「絶対に浴室を見ない」!!

さて・・・勇気をふり絞り・・・暗闇の中を一歩・・・一歩踏み出していきます。

浴室へあと5歩?ほどのところまで近づいた時でしょうか?

何というか・・・空気の温度が違う?というのか・・・明らかに何かが違います。

やばい!

そう思った瞬間・・・体が勝手に・・・トイレに向かい、猛ダッシュをしていました。

ついた!

ようやく・・・念願のトイレに到着しました!

トイレは電気がついているようです・・・。

暗い・・・・・・。

ぼんやりとトイレが浮かびあがるていどの・・・裸電球の薄暗い明かりです・・・。

小便器が5つほどあるはずなのですが・・・奥の便器まで光が届きません。

もう・・・迷っている暇はありません!

膀胱は限界で・・・悲鳴を上げています。

放出!!

何とも言えない・・・この開放感!もう・・・さっきまでの恐怖など・・すっかり忘れていました。

ところが・・・放出が終わりかけた時です・・・。

ん!?

かすかに・・・何かが聞こえました!

まるで・・・人のうめき声のような・・・・・・・・・。

その時は、気のせいだろう?と思っていたのですが・・・

その声が・・・もう一度聞こえました!

え!!!???

声のした方を見ると・・・奥の大便場?から聞こえてきます・・・・。

はっきりは見えませんが・・・扉は閉まっているようすはありません・・・。

誰かいるの?

声をかけても・・・返事はありません。

どうして・・・誰もいないのに???

しかし・・・さきほどの恐怖で、少し慣れたのでしょうか・・・・

不思議とこの時には・・・そのうめき声のする方へと歩いていました・・・・・。

暗い大便場を覗きこみます・・・・。

!?

おいおい!!

酔っ払いのおやじが・・・トイレの奥で酔いつぶれ・・・眠っていました。笑

いや~本当に驚きましたよ。

誰もいないはずの場所から・・・声が聞こえるんですもの!

ほんと・・・頭にきて、このおやじと添い寝してやろうかと思いましたよ!笑

さて・・・トイレをすませ・・・すっきりして部屋へ戻ります。

しかし・・・この時には、もう一度「浴室」の前を通らなければならないことを・・・すっかり忘れていました。

足元も暗く・・・ゆっくりと浴室へ近づいて行きます・・・。

!?

!?

!!!!???

明かりのついていない浴室から・・・

かすかに水の流れる音が聞こえたのです!

もう・・・中を確かめる勇気なんてあるわけがなかったですよ!

猛ダッシュで・・・部屋へ戻っていきました。

この時は・・・直に「霊」の姿をみることはなかったのですが・・・

あの時・・・もしも浴室を覗いたなら・・・・・・。

考えただけでも・・・恐ろしくなります。

ぎんの心霊?体験①続き②

ぎん)部屋では・・・メンバーが集まり酒盛りを続けています。

ぎんはお酒を飲めないので・・・一人でテレビを見ていました。

ある程度・・・時間がたったのでしょうか・・・一人二人と潰れて・・・眠りに落ちていきます。

時間は12時を回った頃でしょうか・・・部屋を片付け寝るだんどりをします。

最初は・・・仕事の疲れがあったせいか・・・すぐにうとうとしてきたのですが・・・

すぐさま・・・親方のゴジラのような凄まじい「いびき」が始まります・・・。

だぁ~!寝られん!

いつもは出張のさいには「耳栓」を持っていくのですが・・・この時にかぎって、家に忘れてきてしまったのです。

もんもんと・・・眠れない時間を過ごし・・・気が付けば時間は午前1時30分ほどになっていました。

ん~我慢はしていたのですが・・・尿意が襲ってきます!

やだな~・・・。

さっきの出来事があったので・・・とてもトイレに行く気にはなれません。

しかし・・・意識すればするほど・・・襲ってくるのは、眠気ではなく尿意です。

2時を過ぎたころでしょうか・・・いよいよ限界になって・・・

トイレにいく決断をしました!

旅館の中は・・・電気も消え・・・・

歩くたびにきしむ・・・床の音だけが・・・暗闇にこだましています・・・。

廊下を少し歩くと・・・階段の場所には暗い電気がついています。

気をつけながら・・・ゆっくりと階段をおりていきます・・・・・・・。

階段を下りた瞬間!後ろに人影が!!!!

その瞬間・・・全身の毛が逆立ち・・・嫌な汗が噴出すのを感じました。

もう・・・金縛りというか・・・身動きすることすらできません・・・。

しかし・・・暗さに目がなれてきて・・・よ~く見てみると・・・それは鏡に映った自分でした。

おどろいた・・・本当に心臓の止まる思いでした。

ほっとしたのもつかの間・・・またすぐに尿意が襲ってきます・・・。

しかし・・・これから先の道のりに、あの「浴室」があるのでした。

ぎんの心霊?体験①続き

ぎん)さて・・・それでは、ぎんが22歳の時に・・・猿払の旅館でおこったできごとを紹介いたします。

K旅館・・・

この旅館は・・・いかにもというか・・・とても年季の入った古い民宿でした。

この日は、この地方には初の宿泊で・・・仕事が終わった後はすぐに「お風呂」へ向かいました。

この旅館のお風呂は、旅館の規模のわりに浴槽が広く・・・大人で7~8人は入れそうな大きなお風呂でした。

その時は、ぎんの親父と親方と三人で入っていました・・・・。

仕事の汗も流し・・・いい気分で風呂をあがります。

浴槽は大かったのですが・・・洗い場が二つしかなく、親方とぎんが先に風呂を済ませてあがっていました。

ところが・・・少しして・・・・親父が真っ青な顔をしてやってきました。

どうしたの??

二人が上がった後・・・・髪の長い女がでた。

さっきまで・・・三人で入っていた風呂場に「女の霊」がでたそうです。

うわ~・・・冗談じゃないや・・・・・旅館を変えてもらおう。

しかし・・・別の旅館に予約を取るために・・・今日はその旅館で我慢するしかないのです。

嫌だな・・・・とは思いつつも・・・その日はK旅館に泊まることになりました。

大切な事に気が付いたのは・・・その後でした。

その旅館は二階建てのつくりになっていて・・・

宿泊部屋は二階。

そして・・・トイレは一階。

しかも・・・トイレに行くためには・・・その浴室を横切らなければいけないのです。

しかし・・・旅館には、他の建築関係の方たちも泊まっていて・・・最初はそれほど気にはなっていませんでした。

ぎんの心霊?体験①

ぎん)さて・・ぎんは以前に「型枠大工」をしていた話をしましたが・・・

型枠大工にかぎらず・・・建設業というのは「出張」が多く

ぎんの勤めていた会社でも・・・ひどい時には一年の3分の2ほどが出張ということもありました。

出張といっても・・・建築屋です。

もちろん・・・いいホテルなどに宿泊できるはずもありません・・・

年季の入った民宿がほとんどです。

やはり・・・沢山の人たちが寝泊りし・・・いろいろな思い出を残していく場所・・・

それなりに・・・いろいろな出来事もあります。

この話は、その旅館生活の中で起こった・・・できごとを紹介したいと思います。

くろのお気に入りの本②

くろ)今日は、くろのお気に入りの本について話したいと思います(^ー^)/
本屋さんで『ひと目惚れ』をして、すぐに購入!!
夢中で見入ってしまい、しかも・・何度見ても楽しい1冊です。
出かけるときには欠かさず持ち歩いています♪
本の名前は、
『0円マップ北海道 ツーリングGOGO

0円マップ北海道 (’06-’07) Book 0円マップ北海道 (’06-’07)

販売元:三栄書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

旅の本は沢山あるし、いろいろな旅の雑誌を見てきましたが・・・
くろにとって『0円マップ北海道 ツーリングGOGO』との出会い(?!)は、
もっと早くに出会えていたら。。。という思いになりました。
ツーリングをしている方の情報って素晴らしいな~~と思います(^ー^)v
北海道に住んでいても・・
『こんなところがあるなんて知らなかった』『行ってみたい』など、思わせてくれる1冊です。

《くろが見て良いと思う点》

、エリア別のガイドになっているので見やすい。

、マップにガイドが付いているので見やすい。

、ライダーさんのくちコミが満載で読んでいると楽しい。
  (車では、見逃してしまいそうな・・・小さな情報も!)

、絶景の場所・秘湯・食事処の情報がぎっしり載っている。

、マップに道・岬・朝日・絶景・温泉・キャンプ場ランキングがあり、面白い。
  (ランキング:月刊ツーリングGO!GO!読者1000人アンケートによる人気順位)

、0円スポットやキャンプ場・食事処などの料金が載っている。

、ライダーさんのくちコミ・北海道の季節や景色を眺めた感想を読んで、
  感動した。。(くろの気持ち...(^^;

8、マップに、くちコミによる取り締まり情報が載っている。

《くろが見て悪いと思う点》

くちコミの情報が書かれていない食事処で、時にはガッカリすることも。。。
  (味覚は・・・人それぞれなので・・・。) 


良いところ・悪いところは、あくまで・・くろの価値観で書いているものです。
  

捨てられた犬と、自分に出来ること?②

ぎん)さて・・・8月22日に旭川市へ送ったメールですが・・・

本日8月25日に、その返事が送られてきました。

これが・・・その本文です。

御要望のありました犬猫収容施設の見学の件についてですが、本市では、当該施設を一般来客者に見学させておりませんので、何卒ご理解の程お願いします。
なお、詳細については、次のところまでお問い合わせ願います。
旭川市衛生検査課生活衛生係
電話:0166-25-5271

一般来客者??

面白半分で見にいく訳ではないのですが・・・・・

頭の固いお役人を説き伏せるのは・・・なかなか大変そうです・・・。

捨てられた犬と、自分に出来ること?

ぎん)以前から・・・「捨て犬」についていろいろと書いてきました。

保健所に保護?された犬達は・・・新しい飼い主が見つからない場合には・・・

「死」がまっています。

ぎんは、以前この情報を本で知ったのですが・・・

実際に、どんな環境で「犬」達が保護されて・・・どのような形で里親探しが行われているのか・・・その現状を知りません。

そこで・・・今回、犬達のために・・・自分に出来ることはないだろうか?と本気で考えました

できることは・・・少ないけど・・・

本当の現実を知り、その事実をネットを通じて・・・訴えていこうと思いました。

そこで・・・今回、ぎんの在住の「旭川市」に・・・このメールを送ってみました。

メール本文。

犬猫保管所の見学の申請

始めまして。
旭川市在住の○○ ○○と申します。
私は以前、ペットショップで働いていたことがあります。
以前に一匹のミックスの犬を飼っていたのですが・・・この子は両親と共に10歳の生涯をみとりました。
ペットブームの裏で、無責任な飼い主による・・・犬猫の途中廃棄の現状を悲しく思います。
以前、本で捨て犬の薬殺を見たことがあるのですが・・・とても辛かったです。
しかし・・・その現実というのは、なかなか一般社会には浸透していなく
「自分が捨てても・・誰かが拾ってくれるだろう?」という・・・認識の甘い人たちが多いと思います。
何度か旭川の郊外で・・・捨て犬らしき犬を見かけましたが、本当に腹が立ちました・・・さらに、その子に対して、何もできない自分にも怒りを感じました。
そこで、自分にも何かできないだろうか?と考え・・・
住んでいる場所の都合上、犬を引き取ることは・・・できないのですが、
その事実をネットやブログなどの、情報手段を使って
世間に対して・・・訴えていくことはできるのではないだろうか、と思いました。
やはり・・・世間に対して訴えるにしても、私自身が「現実」を知らなければ話になりません。
人や本からの情報ではなく・・・
本当の現実を、自分自身で見て体感して・・・
訴えていきたいと思いました。
そこで、旭川市の犬猫保管所の見学をさせていただきたく
お願いのメールを送らせていただきます。
お忙しい中、長文のメールを読んでいただきありがとうございました。
ぜひ、ご検討の上、お返事をお待ちしております。
この文を8月22日に旭川市に送りました。

R275新十津川付近速度取締り情報

R275新十津川付近速度取締り情報をお知らせいたします。

詳しい場所は、ナビの写真を参考にしてください。

この場は・・・道の駅雨竜へ寄った途中、札幌方面へ移動中に発見しました。

ぎんの使用しているレーダーは、約2km先からレーダーの電波を拾います。

速度測定を行っている場合は・・・

レーダーPCやネズミ捕りは、車の接近時にレーダーをかけるため・・・
反応が、突然の強から弱へとレーダーの反応が変わっていきます。

この場所に近づく前も・・・レーダーの状態が「取り締まり」らしかったので、
特に周りを注意しながら走行しておりました。

丁度・・・ナビの位置辺りに「パンダ」(レーダーPC)がおりました。

残念ながら・・・丁度取り締まりを終えて・・・戻るところだったらしく、隠れてていた場所までは特定することができませんでした。

この付近を走行する際は注意してください。

Cimg3522

取り締まりをおこなっていた時間帯は日中帯です。

取締りを受けて・・・青切符を切られた時に使える「交通違反の保険をご存知ですか?」」
月々500円で一年間の間、反則金を何度でも保証です。運送関係のお仕事をされている方には、特にお勧めです!

注意!この保健は、「反則金」は保証されますが・・・「点数」は補償されません!

交通ルールを守って、楽しいドライブをしましょう♪

くろの温泉お気に入りの本①

くろ)お久しぶりです♪
今日は、くろのお気に入りの本について話したいと思います(^ー^)/
温泉に行くときには・・・欠かさず持ち歩いている1冊です♪
本の名前は、
『るるぶ情報版 決定版!温泉&宿 北海道』

るるぶ決定版!温泉&宿北海道 (’07) Book るるぶ決定版!温泉&宿北海道 (’07)

販売元:JTBパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する


《くろが見て良いと思う点》

、本の前にあるドライブマップが見やすいため、目的の温泉が見つけやすい。

、本を開くときに、道南・道央・道東・道北など色分けになっているので開きやすい。

、湯の源泉状況(源泉・源泉に加温のみ・温泉ではない・・など)が記載されている。

、浴槽への湯の供給法(かけ流し・循環ろ過式など)が記載されている。

、露天の有無についての記載がある。

、湯の源泉状況・浴槽への湯の供給法・露天の有無が記号で
  表示されているため、見やすい。

、入浴料金・入浴時間・定休日・宿泊料金が記載されている。

、温泉施設の周辺や食事・名物などの情報が記載されている。

《くろが見て悪いと思う点》

、「かけ流し」になっているが、実際に温泉に入ると
  「かけ流し」になっていないところも・・・。

、本に記載されている入浴料金が変わっている温泉もある。

良いところ・悪いところは、あくまで・・くろの価値観で書いているものです。
  



夏の夜の旭橋

旭川では、毎年8月になると・・・旭橋より放水と夜のライトアップが始まります。

放水が一週間ほどで・・・ライトアップは3日間ほどだったと思います。

PCのトラブルで、遅れてしまったのですが・・・8月3日の花火大会の後の旭橋です。

Cimg3667

Cimg3672 Cimg3670 Cimg3671 Cimg3676 Cimg3679 Cimg3684 Cimg3685

本怖と、I さんと

ぎん)昨日久しぶりに・・・テレビで「本当にあった怖い話」が放送されましたね!

以前は・・・そりゃないだろう~!と面白半分で見ていたものですが・・・

昨日の放送内容で・・・正直びびった話がありました。

その話は・・・断崖で車の中で彼女と話をしていると・・・ラジオが消えて、彼女も眠りに落ち
幽霊に車を動かされて・・・断崖に落ちそうになったという話でした・・・。

以前のぎんならば・・・そりゃ・・・ないでしょう?と思うところですが・・・。

この現象は本当に起こるらしいです!

話は・・・昨日のブログで紹介した、くろの同僚の「I」さんです。

I さんは・・・子供の頃に霊感が強く・・・成人したあたりで、一時的に収まったらしいのですが・・・病院に勤務するようになってから、以前のように霊をみるようになったそうです。

さて・・・I さんが体験したのは・・・旭川を代表する心霊スポット。

「中国人墓地」

市内より・・・忠別川を天人峡方面へ向かうと、途中で川を渡る大きな橋があらわれます。そのふもとを山側へ入るとあります。

この場所では・・・いろいろな霊体験が目撃されています・・・。

I さんの体験は、この場所へ肝試しに行ったときにおこったそうです。

現地についてから、I さんは友人と二人で・・・車でお弁当を食べていたそうです。

すると・・・突然車が不自然に揺れだしました・・・・・。

!?

この時・・・二人は互いに顔を見合わせたそうです。

おかしいね?

車はギアがパーキングに入っていて・・・さらにサイドブレーキもかってあったそうです。

動くはずがありません・・・・

次の瞬間。友人が悲鳴をあげました!!

!!!!????

そんな・・・!馬鹿な!

動くはずのない・・・車が・・・・ひとりでに動きだしたのです!

それも・・・坂道を下るのではなく・・・坂道をゆっくりと登っていくのです!

一瞬パニックになった二人ですが・・・

すぐに冷静さを取り戻し・・・アクセルを全開にして急発進で逃げたそうです。

昨日のブログでお話しましたが・・・。

この後、面白半分でこの場所に遊びにいった・・・I さんの友人の方は、帰らぬ人となりました。

この墓地の裏手には、それほど高くはないのですが・・・崖になっており、その崖から車ごと転落して亡くなっていたそうです。

ぎんも・・・一度だけこの場所にいったことがあります。

子供の頃だったのですが・・・親に連れられて、昼に「きのこ」とりに行きました。

この頃は・・・親もぎんも、そういった話は知らなく・・・何事もなく帰ることができました。

ちなみに・・・落葉きのこは、沢山取れましたよ!

こういった場所は・・・本当に面白半分で行くのはやめてください!

何も起こらない人もいるでしょうが・・・波長があってしまった時には、すでに遅いのです。

もし・・・自分が眠っている場所に、土足で上がられて・・・騒がれたら・・・腹が立ちませんか?

死者の眠りを妨げることを・・・してはいけません。

この話は、怖い話ではなく・・・教訓として、覚えておいてもらえるとうれしいです。

ぎんの心霊?初体験 神居古潭

ぎん)この話は・・・ぎんが小学6年生の時に、体験したお話です。

ぎんは昔から・・・勉強は嫌いでしたが、外で遊ぶのがとても好きで・・・
自転車に乗っては、あちこちへ出かけていました。

この日は、市内から15kmほど離れた神居古潭へ・・・友達4人と自転車で行ってきました。

「神居古潭」は昔は線路がひかれ・・・汽車が走っていました。
現在はレールは撤去され、サイクリングロードとして整備されています。

秋には、神居古潭の白い「つり橋」「紅葉」のコントラストは、旭川を代表する景勝地となっております。

しかし・・・これは、あくまで神居古潭の「表」の顔です。

この日も・・・特にあてもなかったので、「いってみるか!」で神居古潭まで行ってきました。

行きの道は・・・国道12号線を走っていったのですが・・・昔はとても道が狭くて、大型トラックの通行も多く、「お化け」が怖い・・・というよりも、トラックの方が怖かったです。笑

さて・・・神居古潭へ着くと、目の前には「白のつり橋」が現れます。

このつり橋から・・・石狩川を見下ろすと、まるで・・・川に吸い込まれそうな・・・不思議な感覚に襲われます。

橋を渡ると・・・SLと昔使われていた駅が見えます。

そこから・・・右へ道沿いに走って行くと旭川へ向かいます。

旭川へ向かうと・・・途中に二つの「トンネル」が現れます。

一本目はそれほど・・・長くはないのですが・・・二本目のトンネルはかなりの長さがあります。

ぎんは・・・この「二本目のトンネル」で不思議なものを目撃しました。

トンネルは・・・昔SLが走っていたせいか、まっくらで・・・夏でも肌寒さを感じるほどです。

五人でトンネル内を走っていると・・・トンネルの真ん中の辺りで

「オレンジと白」

二色の光が・・・天井付近を平行に並んで飛んでいきました。

最初は・・・暗いトンネルだったので・・・ライトがついているのかと思っていました。

トンネルを出た後・・・友達にそのことを話しましたが・・・・・・?

5人のうち・・・その光を見たのは「ぎん」一人だけでした。

さて・・・最初の方で・・・神居古潭の「表の顔」と話しましたが・・・。

神居古潭の「裏」の顔は・・・「自殺の名所」なのです。

つり橋から見える・・・川の溜りは、まるで「鏡」を連想させるほど・・・美しいのですが、
その美しさに見とれて・・・川へ身を投げると・・・浮かんでくることができないそいうです。

この場所では、「霊」の目撃談も数多く・・・きもだめしに訪れる方も多いのですが

面白半分で・・・そういった場所へ行くのは辞めてください!

この場所ではないのですが・・・くろの同僚の方「I」さんの友人の方が・・・
旭川を代表する心霊スポットで、実際に亡くなっております。

くれぐれも・・・面白半分で行くのは辞めてください。

深川ライスランドでちょっと悲しいこと

ぎん)前回・・・とてもおいしい「おにぎり」があると・・・紹介した「深川道の駅」なのですが

前記事http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2707466

久しぶりに・・・いってみると、この日は・・・いつものお兄さんがおりませんでした。

いたのは、違うお兄さんと、新しく見る新人のお姉さん・・・

この日は平日ということもあり・・・それほど混んではいませんでした。

早速「いくらと鮭の親子おにぎり」を注文します。

ん!?

対応してくれたのは・・・お姉さんだったのですが・・・

どうも、態度があまりよくありません・・・。

しかも・・・仕事中にガムをかんでいる様子が見受けられます。

ま~高校生のバイトなんでしょうね。
やる気のなさを見れば・・・大方検討がつきます。

ぎんも、昔高校時代にバイトしていたお店で・・・接客をしていたのですが
一度だけ、ガムをかんだまま接客をしたことがありました。

その時は、寿司職人さんに見つかり・・・がっちり怒られましたけど・・・。

ま~しょうがないかな?と割り切り・・・おにぎりを待ちます。

しかし・・・出来たおにぎりを見てびっくり!!

あれ??

同じケースに入っているはずなのに・・・今日のは小さい!? ついでに漬物もついていませんでした。

お腹が空いていたので・・・写真を写す前に・・・かじりついてしまったのですが・・・

Cimg3523_

明らかに・・・にぎりが強すぎます。

せっかくのいくらが・・・ほとんど潰れてしまっていました。
これでは・・・ただの「生臭い」にぎりめしです。

ん~ぎんが子供のころに、始めて作ったおにぎりでも・・・まだましなの作れたな~・・・。

この時丁度、ツーリングで名古屋ナンバーのカップルが来ていました。

正直・・・カップルさんも顔をしかめながら・・・おにぎりを食べていましたね。
うちらは・・・いつでもこれるからいいのですが・・・カップルさんが・・・ちょっとかわいそうでした。

もしも・・・深川の道の駅で、おいしいおにぎりを食べたいのならば!

ぜひ!「ちょっとまゆげを整えた」お兄さんのいるときに、頼んでみてください!

早実おめでとう!駒大お疲れ様でした!

第88回甲子園  優勝 早稲田実業高校! 

    ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨
駒大  0    0    0   0    0    1    0    0    2      3
早実  1    1    0   0    0    1    1    0   ×   4

本当にすばらしい試合でした!

土壇場の駒大!9回のホームランには、本当に感動しました。

しかし・・・早稲田実の斉藤投手、本当にいい選手でしたね。

早稲田実高校。優勝おめでとうございます!

ピンチにも動揺せず・・・常にクールだった斉藤投手の涙が印象的でしたね。

駒大に勝たせてあげたかったけど・・・本当にいい試合でした。

駒大高校。本当にお疲れ様でした!

三連覇と・・・周りから騒がれ・・・常にプレッシャーの連続だったでしょう・・・。
本当によく頑張ってくれました。

田中投手。お疲れ様でした!感動をありがとう!

昨日と今日の決勝戦は、甲子園の歴史に残るでしょう!

こんなにすばらしい試合を見れたことを、感謝いたします。

甲子園再試合!

駒大苫小牧(南北海道)×早稲田実(西東京)

8月20日試合結果

      ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ ⑬ ⑭ ⑮
駒大苫  0   0  0  0   0   0  0   1  0   0   0   0   0  0  0      1
早 実   0   0  0  0   0   0  0   1  0   0   0  0    0  0  0      1

延長15回再試合

ぎん)先日の駒大と早稲田の試合は、すばらしかったですね!

本当は、北海道人のぎんとしては・・・正直駒大を応援していたのですが、
途中からは・・・早稲田も応援!?している状態でした。笑

駒大の田中投手。早稲田の斉藤投手。どちらも本当にすばらしい選手です!

昨日はくろが「明け」だったので、二人でテレビの前で応援!
テレビの前だったというのに・・・我を忘れて応援していましたよ。笑

もう・・・試合が終わった時には・・・二人でぐったりしていました。

応援している方でも・・・この状態ですもの・・・選手のみなさん!本当にお疲れ様でした!

しかし・・・「本当に手に汗握る」とは、このことでしょうね!おもしろかったです!

正直。ぎんもくろも・・・野球はあまり好きではないのですが・・・甲子園だけは、毎年欠かさず見ています。

私たちのように・・・普段野球を見ない方でも、甲子園は見る!という方も多いかと思います。

気迫・・・というか、真剣さが全然違いますよね!

本当なら・・・田中投手と斉藤投手に、中一日位休養をとってもらいたいところですけどね・・・

もう・・・今日の試合は、勝ち負けを超えて・・・両校、悔いのない試合をしてもらいたいと思います!

これだけ頑張っているのに・・・これ以上・・・頑張れ!なんて、本当は言えないのだけれど・・・

駒大!早稲田!どちらも頑張ってください!

できれば・・・駒大勝ってね!!笑

ぎんの大予言!今日は・・・突然の「発熱や腹痛」で仕事を休む人が増えるでしょう!笑

Bさんの体験談②

新しいPCが来るまでの期間があり・・・少し時期は遅れてしまったのですが・・・

まだまだ・・・暑い夏ですので、このお話をしたいと思います。

Bさんは毎年夏になると恐ろしい体験をするそうです…       

確かにその体験を同じように私もしたなら…

きっと安心してゆっくり眠ることができないでしょう…         

Bさんの住んでいる…マンションの前には少し大きめの公園があります…

公園という場所は昼と夜では全く違う顔を持っています…

この公園も例外ではなく…夜になると…少ない外灯がひっそり照らすだけの寂しい場所です。   

この日も…Bさんは仕事の疲れからか、深い寝りに入っていたそうです。             

Bさんが寝りに入って何時間か過ぎた頃でしょうか…

かすかに人の話し声やざわめきが聞こえてきます。

Bさんはこの日も日勤で仕事があるため…

気にしないようにしてもう一度眠ることにしました。

ところが…数分もしないうちに…今度は音楽が聞こえてきました!

はっ!?

これは…聞き覚えのある音楽!

Bさんの背筋は一瞬にして凍りつきました!

まさか…この季節がきてたなんて!

音楽をよく聞いてみると…音楽に合わせて声が聞こえてきます。

あた~らし~い朝がきた~♪

そうです!夏休みの名物!ラジオ体操です!

しかも…Bさんの部屋は一階で、寝室にしている部屋前のベンチにラジオをおいて音楽をかけているそうです。

この時期になると…Bさんは半強制的に一時間以上、早起きをさせられてしまうそうです…確かにこれが自分だったなら…夏がとても恐ろしく感じる事でしょう…

初代PCさようなら

更新がしばらく途切れており・・・すみませんでした。

7月31日
我が家の初代PCバリュースターが息を引き取りました。

享年四才。死因はHDD不全でした。

初めてネットにつなぎ…世界がとても身近に感じた事…処理速が遅いと悪態をついた事…ネットでブログを始めたこと…沢山の思い出をありがとう。

そしてさよなら…バリュースター。

おまえの事は忘れなから…。

普段当たり前のように、使っている物というのは…失ってみて、初めてそのありがたみが解るものですね・・・。

これからは・・・普段から物や人に対して、感謝の気持ちをしっかり持っていきたいと思います。

一人でぷらっと川釣り

ぎん)いつもは・・・くろとの釣り勝負になるのですが、今年も見事に惨敗が続いております。

そういう訳で、気分転換もかねて・・美瑛川へ一人で釣りにでかけました♪

今回行った場所は、前回ルアーでアメマスをあげたポイントです。

今日は天気もいいし・・・少し日焼けもできるといいな~。

などと、のんきなことを考えながら・・・まったりと釣りをするつもりでいってきました。

やはり・・・北海道は本州から比べると、涼しい・・・とは言っても、夏ですね。

周りの草は、ぎんをはるかに超えるほどそだっています。

ん~以前きた時とは・・・景色がまったくといっていいほど・・・違いましたね。

まるで・・・ジャングルを進む・・・川口探検隊の気分でした。笑

川口探検隊。

若い方にはご存知ないかと思いますが・・・ぎんが子供頃に流行った、秘境探検のテレビ番組です。

密林の中に・・・人類未発見の生物を探しに行くのですが・・・何故か最後には温泉を発見して入っている・・・しかも、温泉やどの宣伝までするという・・・すばらしいオチのついた番組でした。

しかし・・・子供のころには、とてもワクワクしながら見ていた記憶があります。笑

さて・・・話は戻りますが、ポイントに付く途中に一本の木があります。

母親の話では「クワの木」蚕の養殖に使われる木だそうです。

今の時期には、黒い葡萄状の甘い実をつけます。

行は食べ過ぎると・・・喉が渇くので、帰りの楽しみですね♪

さて・・・ポイントに到着しました。

Cimg2550

あれ?

来る途中まで・・・天気がよかったのに・・・何だか雲がいっぱいあるな~。

周りを見てみると・・・この辺りだけが、雲に覆われています。

ん!?俺っていつから・・・雨男になったんだ???

ま~魚は、晴天よりも・・・雲っているほうが釣れるので、気分を取り直して・・・早速始めます♪

いつもは・・・くろとの釣りだと、餌付けがあるので・・・忙しいのですが、今回は一人ということもあって、のんびりと釣りができそうです。

ぼ~っと釣り糸をたれながら・・・考え事にふけると、意外と面白いアイデアが浮かぶことがあるんですね♪

ところが・・・・・。

餌をつけて・・・入れたととたん・・・・・。

ツンツン・・・グイッ! おっ!きたっ♪

釣れた魚はウグイでしたが・・・いきなりの入れ食いでした♪

ん~今日は活性が高いのかな?

釣れた魚を放して、次の餌をつけます。

さて次~♪

これがまた・・・入れたとたんに食いついてきます。

そなんやりとりが・・・10匹ほど続いたでしょうか?

さすがに・・・イライラしてきました。

おいおい!今日はまったり釣りしにきたんだから・・・もう少し待てよ!などと・・・釣れた魚に逆切れのぎん。

いつもは・・・釣れない釣りが多いので・・・それが体に馴染んでいたのでしょうね・・・。笑

天気の方は・・・というと・・・?
相変わらず、この周辺だけ雲がかかっています。

Cimg2553_1

よ~く・・・雲の動きを観察していると・・・・・???

まるで・・・山の周りを、くるくると回っている雲のような動きをしていました。

富士山や羊蹄山などの・・・三角山の高い山でよく見受けられる現象です。

結局今回は・・・のんびりとは釣らせてもらえず・・・。

買っていったミミズがあっという間に、尽きてしまいました。

釣果は、ウグイが50匹ほどでしょうか?

その他は、ニジマス?らしき魚が二匹です。

こいつがそのニジマスです♪

Cimg2558

おや?一匹しかいないと・・・?

残念ながら・・・もう一匹は、手元までもってきて・・・ばらしてしまいました。笑

と・・・いうわけで、この子もリリース!まったね~♪

Cimg2571

ん~今回の釣果は・・・まるで、今までの鬱憤を晴らすかのような釣果でした♪

きっと・・・今日はくろと一緒にきていたら、勝てていたに違いありません!

しかし・・・今回の釣りで、運を使い果たしてしまったのでは?と怯えるぎんです。

次も、くろに勝つどぉ~!笑

道道94号線北増毛―雨竜近郊 速度取締り情報

道道94号線北増毛―雨竜近郊 速度取締り情報

今回は道道94号線北増毛―雨竜近郊速度取締り情報をお知らせいたします。

詳しい場所は、ナビの写真を参考にしてください。

①雨龍側

R275左折して道道94号線側へとはいって行きます。

今回は丁度・・・取締りを受けていた車両があったため・・・測定している詳しい場所はわかりませんでした。

写真の方向に止まっているのは、増毛方面へ向かう車線です。

Cimg2614_1

Cimg2620_1

Cimg2616_1

②増毛側

R231を道道94号線へ抜けます。

セイコーマートをこえて・・・踏み切りをこえると・・・民家がならぶ少し広めの直線道になっています。

場所的には・・・踏切から1kmまではいかないと思います。

増毛側からだと・・・右側に「白い風除け」が表れます。その陰に「パンダ」が隠れています。

雨竜側からだと・・・山道を降りていくと・・・民家が見えてきます。

風除けも目立つのですが・・・一番最初に左に見える「コカコーラの自販機」を目印にしてください。

増毛に向かう車線にはレーダーをかけてこなかったので・・・雨竜へ向かう車線の測定を行っていると思われます。

Cimg2624

測定は、どちらも日中の時間帯でした。

取締りを受けて・・・青切符を切られた時に使える「交通違反の保険をご存知ですか?」」
月々500円で一年間の間、反則金を何度でも保証です。運送関係のお仕事をされている方には、特にお勧めです!

注意!この保健は、「反則金」は保証されますが・・・「点数」は補償されません!

交通ルールを守って、楽しいドライブをしましょう♪

黒い人影と・・・白い人影と

ぎん)以前・・・屈斜路湖の日帰り旅行で、「自称竜神様」を連れていったことがありましたね。

このお話は・・・帰り道に、そのBさんより聞いたお話です。

Bさんも・・・くろと同じく「看護師」をされている方なのですが・・・

やはり、「病院」という場所は・・・人間の「生と死」を一番身近に体験する場所ということもあり、不思議な体験をされているようです。

白い人影と・・・黒い人影・・・・・。

それは・・・Bさんが夜勤で部屋周りをしているときのことでした・・・。

夜の病棟というのは・・・消灯後は電気が落とされ、最低限の廊下の最低限の電気のみがつけられている・・・薄暗い世界です。

Bさんが廊下を歩いていると・・・向こう側から・・・白い人のようなもの?が近づいてくるそうです。

夜の病棟では、光が少ないので・・・白い病衣を着た患者さんは、そう見えるそうです。

ところが・・・・・。

その白い人のようなものは・・・近づいてみると、人というより・・・人のような白い塊

まるで・・・風に流されるように・・・Bさんとすれ違い・・・廊下の奥へと消えていくのでした・・・。

Bさんのお話では・・・・・

白い人影は・・・患者さんが亡くなって数日間のうちに見る事が多く・・・

黒い人影は・・・患者さんが亡くなる前に見ることがあるそうです・・・。

ぎんも中学生時代に、おじさんの付き添いで・・・夜の病院に泊まったことがありますが・・・。

やはり、不思議な体験をしたものです。

Bさんと同じく、白い人影を見たことも一度だけありますが・・・

怖い・・・。というより・・・本当に不思議な気分になったものです。

夕涼みに旭川ナイター競馬

旭川ナイター競馬

ぎん)旭川の夏のナイター競馬がはじまりました。

暑い夏には、夕涼みにもってこいの・・・スポットです。

Cimg2803

毎年ぎんもくろと一緒に毎年きているのですが・・・

やはり・・競馬というと・・・「ギャンブル」といったイメージがあると思うのですが・・・。

遊び方によっては、お金をかけずに楽しく遊ぶ事ができますよ♪

テレビなどでは・・・競馬の中継などを見ると、競馬新聞を片手に、難しい顔で・・・色鉛筆を握るおじ様が見られますよね?

私たちの場合は、競馬新聞は見ません!

ぎんは・・昔競馬にハマッた時期があったので・・・読み方はわかるのですが・・・あえて買いません。

馬券の買い方は・・・一口100円から購入できるので・・・パドック(引き馬で見る事ができます)で気に入った馬を見つけ・・・その馬の馬券を買うだけです♪

Cimg2756

Cimg2773

ぎんの買い方は、一番気に入った馬を「複勝式」で、次に気に入った馬2頭とを三連複で買います。

「複勝式」は一等から三等までに入れば当選です。配当は極めて低いです。

「三連複」は一等から三等までを、着順を関係なく当てるものです。

Cimg2766

Cimg2767

1レースに200円、1レースの合間が30分ほどあるので遊び方によっては・・・ゲームセンターよりもお金を使わず楽しむことができます。

いや~パドックを見ていると・・・時々こちらを見ていく、かわいい馬がいるんですね♪

ゲームセンターの競馬だと・・・負けると腹が立ちますが、かわいい馬を100円で応援してると思うと、負けたとしても・・・楽しむことができますよ♪

車でのよくある合図

ぎん)今回は、一般的によく使われている「合図」を紹介いたします。

大半の方は・・・すでにご存知かと思いますが、知らない方はぜひ!参考にしてください。

まず・・・良く使われるのが「駐車等(ハザードランプ)」です。

道を譲った時に・・・譲られた側が送るサインといて「サンキューハザード」と言われるものがあります。
これは・・・運転席同士では・・・手を上げたり、お辞儀をしても・・・見づらいことから、「お礼の合図」として使われるようになったようです。

ただ・・・注意してもらいたいのは・・・車種にもっても、サンキューハザードではなく、本当の駐車等になる場合もあるということです!
ぎんも一度体験があるのですが・・・タクシーが右車線からウインカーを上げ、前に入ろうとしてきました。正直・・・少々強引だったので、気分は悪かったのですが・・・譲ることにしました。すると・・・タクシーがハザードランプをあげます。

あ!「サンキューハザード」でお礼したのかな?と思ったとたんです!

タクシーが突然停止!ぎんも慌てて急ブレーキを踏みました。

危うく追突するところでした・・・。

タクシーの場合は、お客さんの都合で・・・突然の危険行為があるので、気をつけてください!

おさらいですが・・・街中での「タクシーや配送車」へ譲ったときの「ハザード」は注意です。

その他は・・・「お礼」と受け取ってもいいと思われます。

ただ・・・あまり長く「ハザード」を点等していると・・・「誤解」を招いてしまうので、使うときは1~2回の点等が望ましいと思います。

サンキューハザードは運転手同士の顔が見えない時に有効です。
運転手同士の顔が見える時は、クラクションや手を上げるなどの合図を行うといいでしょう

パッシング(ライトを遠目と近めで切り替えての点等)

これは・・・街中だと、道を譲るときに使われている場合もありますが・・・人によっては、相手に対しての「威嚇」に使う場合もあるので・・・注意が必要です。
道を譲る際には・・・パッシングの後に、スモールライトに切り替えるのが理想ですね。その方が・・相手も眩しくなく、理解がしやすいと思われます。

野外道路では・・・パッシングは「取り締まり」の合図であることが、ほとんどです。

時には・・・運転に慣れていない方が、ウインカーと間違えパッシングをしてしまうことがありますが・・・対向車の「トラック」がパッシングをしてきた場合は、「取締り」を教えてくれていると考えて間違いないと思われます。

ここでの注意は・・・時々、対向車がかなり近づいているのに・・・ハイビームのまま走行している車もいるので、その際は・・・「相手が眩しい」と意思表示をしているものと思われます。
対向車の迷惑にならないよう・・・対向車のライトが見えたら、「ライトは近め」にしましょう。

これらの合図は、使う側と受け取る側の知識が必要になります。知らなかった方は、これらの合図を注意して見て下さい!ドライブがさらに楽しくなりますよ♪

R39北見端野付近速度取締り情報

ぎん)今回は、知床旅行の帰り道で見つけた「パンダ」の情報をお知らせいたします。

詳しい場所はナビの写真を参考にしてください。

北見側から→広い二車線道路で登りになっています。上りが終わると緩い左カーブになっていて・・・左にオホーツク○○センター?のドライブインのような大きな建物があります。
そこを超えてすぐに左側は風除けの林のようになっています。今回はその隙間にパンダが隠れていました。

中央分離帯があるので・・・測定は「北見→女満別」方向で行っていたようです。

時間は夜間帯です。

Cimg3137

さて・・・今回ぎんは反対車線を通行していたのですが・・・

測定場所を少し越えた当たりで・・・対向から5,6台ほどの車列がきました。先頭はスカイラインらしい車でした。
夜間ということもあり・・・ぎんの走っている位置はパンダから見える位置ではありましたが、対向車は少し速度がでていたようなので・・・対向に向け、二度「パッシング」して合図を送りました。

ところが・・・

先頭の車は・・・「パッシング」「意味」を理解できなかったのか・・・減速どころか・・・速度を上げて「パンダ」の前を通過していきました・・・。

次の瞬間!!

ビィーッ!!!

レーダーがレッドアラームで警告音を上げます。

案の定・・・すぐにパンダが出てきて「赤等」を回しました。

先頭以外の後続車は「パッシング」の意味を理解したらしく・・・

かなり減速して通過していきました。

北海道は・・・全国的にも死亡事故が多く。ぎんとしては・・・速度取締りを批判するつもりはありません。

しかし・・・この場所は、付近に民家や信号も少なく・・・道路幅は高速以上、カーブはそれほどきついカーブではありません。場所で言えば高速の鷹栖→深川間よりも危険は少ないです。正直、走行した経験のある方はわかると思いますが・・・鷹栖→深川間は、アップダウンも激しく、下りからの急カーブなどキツイカーブも多いです。

正直・・・決まりがあるからとはいえ・・・「何のための取り締まり」なのか・・・と、疑問を拭えません。

今回は「パッシング」のお話をしましたが・・・他にも「お礼」「合図」として使われているものもあります。
しかし・・・これらも、「送る側と受け取る側」知識がなければ・・・役に立つどころか、危険なものになってしまいます。

次のブログで、ぎんの知っている範囲の知識をお教えいたします。

ぜひ参考にしてください。

取締りを受けて・・・青切符を切られた時に使える「交通違反の保険をご存知ですか?」」
月々500円で一年間の間、反則金を何度でも保証です。運送関係のお仕事をされている方には、特にお勧めです!

注意!この保健は、「反則金」は保証されますが・・・「点数」は補償されません!

交通ルールを守って、楽しいドライブをしましょう♪

羅臼・知床強行旅行⑩裏摩周「神の子池」

ぎん)おしんこしんの滝を見終え・・・知床方面を後にします。

本当は・・・ここで知床の旅は終了して、旭川方面へ引き上げる予定だったのですが・・・

せっかくここまできたのだから・・・と、雑誌で気になっていた「裏摩周、神の子池」へ行く事にしました。

神の子池は・・・雑誌でも詳しい地図の載っているものもなかったなで・・・

少々困惑してしまいましたが・・・

実際に走ってみると・・・それほど難しい道のりではなかったです。

清里方面から・・・裏摩周への道路を走っていると、途中「神の子池5km」?という標識があります。4か5だったかが・・・ちょっと覚えていないです。
そのまま道沿いを走っていくと・・・右手に「神の子池」の木製の大きな看板が現れます

そこから右折して、2kmほどは砂利道になります・・・突き当たりに、トイレと駐車場になるスペースがあります。そこに車を止めて・・・少々歩くことになります。

林道を歩くと・・・すぐに池が見えてくるのですが・・・
写真の「青い水」は、水の湧き出る場所なので・・・池の上のほうです

池の丁度上の辺りに、「神の子池」のこの看板があります。

この位置が、一番池を間近に見ることのできるポイントです。

Cimg3121

Cimg3127

さらに写真をアップにしてみます・・・。

Cimg3134

上の倒木の下当たりに少々黒ずんだ・・・濁りのような場所が、水の湧き出ている場所です。

この水の青さと・・・森の静けさは・・・まさに「神秘」という言葉がふさわしい場所です。

この場所にくると・・・本当に時間が止まったような、不思議な錯覚に襲われます。

正直・・・二人とも・・・この池を見た瞬間、言葉を失いました。

そのまま・・・しばらくの間、話す事も忘れ・・・池を見入っていたものです。

この場所は・・・ぜひ一度!皆さんに見ていただきたいものです。

羅臼・知床強行旅行⑨おしんこしんの滝

ぎん)少々熱めのお風呂でしたが・・・フレペの滝でかいた汗も流し・・・

少々ぐったりぎみで・・・ウトロの街方面へ移動。

途中とても見晴らしがよく・・・ウトロの街が一望できる、ポイントがあったのですが・・・

左の駐車スペースは観光バスで満タン・・・

さすがに・・・カーブに近い、この場所で路上駐車はまずいよな~。

いい景色ではありましたが・・・今回はこの場所からの撮影は諦めました。

ウトロの街をすぎ・・海沿いを走って行くと・・・・

知床の観光名所の「おしんこしんの滝」が現れます。

Cimg3103

山の斜面が一面滝になっています!

Cimg3113

山の斜面を流れる水量と迫力は・・・すごかったです♪

この日は、天候も回復して・・・午後からは気温が高くなっていたので・・・

滝からの水しぶきが、とても気持ちよかったですよ!

一枚目の写真で・・・ちょっとわかりずらいのですが・・・
実は・・・滝の右上あたりの、山の斜面の少し地面が見えるあたりに・・・
「ガードレール」がありました。

「ガードレール」がある・・・ということは・・・道路がある?

そう思って・・・帰り道、中へ入る道路を探してみたのですが・・・見落としてしまったのか
今回は見つけることができませんでした。

後ほど・・・この道路の情報を探してみたところ・・・・

やはり、おしんこしんの滝を「上から」見ることのできる道路が、存在していました。

時間のある方は・・・ぜひ一度、おしんこしんの滝の違った姿を見てみてください♪

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »