2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« くろの実家の猫「にゃーご」とのお別れ② | トップページ | 網走→能取岬→ »

根北峠→浜小清水(フレトイ展望台)→

ぎん)川北温泉をオホーツク方面へ向かうと、途中根北峠があります。

ここは・・・全体的には、さほどキツイ峠ではないのですが・・・
冬場は、頂上付近の急カーブが凍結すると・・・難所になります。

峠を降りた辺りで・・・道路の脇に、朽ち果てた橋?のようなものを発見しました。

Cimg43661

Cimg43671

Cimg43651

間近で見てみると・・・かなりの大きさでしたよ!
ん~昭和32年に開通か~・・・うちの親父が鼻たらして・・・遊んでるころですよ。笑

ちょっと目を向けてみると・・・意外な発見があるものです♪

さて・・・そろそろ、お日様が顔を出しそうです。

先ほど越えてきた、根北峠の後ろから・・・お日様が顔を覗かせています。

Cimg43721

Cimg43801

この後・・・丁度斜里の街中辺りで、太陽が顔をだしました。
残念ならが・・・オホーツク海からの日の出とはなりませんでした。

浜小清水のフレトイ展望台は、道の駅小清水から1kmほどでしょうか?
網走に向かって・・・右手の小高い丘に、白い三角の展望台が見えてきます。

その途中、左手には牧場?のようなものがあって・・・馬が放牧されていました。

Cimg43821

残念ながら・・・フレトイ展望台での写真は、忘れていたようです。

展望台の下には、車が10台ほど止めれる駐車場とトイレがあるのですが・・・
すでに、駐車場は満杯!

あれ??

こんな早朝から・・・どうしてこんなに車がいるんだ??

その答えは・・・展望台に登った時にわかりました。

急な上り坂を100mほど登っていくと・・・展望台にたどり着きます。

ここからは・・・オホーツク海と涛沸湖が見渡せます!

ん~いい景色だ~♪

海を眺めて見ると・・・浜辺にびっしりと竿が立っています!

あ!!

鮭釣りだ~!

今時期は・・・丁度鮭の遡上の季節だったのです。

ん~やってるな~♪

最初は・・・のんびりと釣りの風景を眺めていたのですが・・・・

ん!!??

良くみていると・・・浪打ぎわの・・・本当にすぐそばで鮭が跳ねているじゃないですか!!

これは~やるっきゃないでしょ!!

ぎんの中の・・・釣りバカの血が騒ぎ出します!!

も~やるとなったら・・・坂道を駆け下って、真っ先に海に向かって駆けていきましたよ♪

早速車に戻り・・・常備してある、竿をだします。

竿もリールも・・・正直、鮭を釣るには・・・かなり心細い道具でしたが・・・
やれば・・・何とかなるでしょう!といったのりで・・・海へ駆け出しました。

さすがに、リールはぎんのラインでは弱いので、PEの二号を巻いたくろのリールをかりました。
しかし・・・これが不幸の始まり。

いつも・・・車に積みっぱなしになっていたので・・・以前のように、道具の手入れが行き届いてなかったのです。

竿を伸ばし・・・ルアーをセット!
早速一投目!!

しかし・・・あ~っ!!!!!!

リールから・・・ラインが大爆発!!

がっちり絡みあっていました。

必死に絡んだラインをほどくぎん・・・・・
しかし・・・その間にも、そばで釣っている人たちは・・・どんどん鮭を上げています。

しまいには・・・海に入って手づかみできるんじゃないのか?という位の近い場所で鮭がライズしていました。
きっと・・・ここに「よいこ」「浜口さん」がいたなら・・・海に飛び込んで・・・・
とったどぉ~!!とやっていたでしょうね。笑

イラつきならも・・・何とかラインを戻し終え、ようやく第2投目です!

しかし!!

投げたとたん!!

シュッ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・パツッ!!!

あ!?

ヨレたラインが・・・ガイドに絡まり、ルアーだけが・・・空しく海へと飛んで行きました。

さすがに・・・もう、これ以上は続ける気にはなれませんでした。

やはり・・・道具の手入れは大事です!

オホーツクの海を、恨めしそうに眺めながら・・・次の目的地の能取岬へと向かいました。

« くろの実家の猫「にゃーご」とのお別れ② | トップページ | 網走→能取岬→ »

北海道 観光スポット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根北峠→浜小清水(フレトイ展望台)→:

« くろの実家の猫「にゃーご」とのお別れ② | トップページ | 網走→能取岬→ »