2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鹿追町 山田温泉 | トップページ | 十勝岳 望岳台 »

スペアタイヤで恐怖の三国峠越え!③

さすがに・・・空気の残圧が心細いので、山田温泉で敷地をかりて・・・スペアタイヤに交換!

少し汗をかいたので、温泉に浸かることにしました。

さっきまでの緊張感はどこへいったのか・・・くろはうきうきです。笑

さて・・・ここからは山道を進み、糠平へ抜けるまでには・・・スキー場を抜けるカーブ群が待っています。

途中・・・鹿の親子に出会いました♪

しばらく・・・こちらの様子をうかがっていましたが・・・ゆっくりと近づいていくと・・・道路際の森の中へ逃げていきました。

Cimg42481

Cimg42491

ここから・・・上りの区間を越えて幌鹿峠を越えます・・・。

今度は下りになると・・・カーブが連続し、スピードもそれほど出ていなかったので、この時はタイヤのふらつきは、あまり気になりませんでした。

ようやく・・・糠平の街へ到着です。

ここで・・・自動車の整備士をしているHさんに連絡をいれます。

「スペアタイヤ」って・・・何キロ位までだして大丈夫かな?

Hさん)ま~法廷速度位なら大丈夫じゃなかな?出せば・・・スピードはでるど・・・カーブで吹っ飛んで死ぬぞ!!

すばらしい助言です・・・。笑

そこから・・・旭川まで何キロ位ある?

ぎん)120~30キロ位かな?

Hさん)それなら・・・タイヤ修理したほうがいいな・・・。

ただ・・・田舎のスタンドだと・・・客がこないから早く閉めてしまうぞ!今時間だと厳しいかな??

確かに・・・時間は午後の6時を過ぎた頃です。

ぎん)うん!とりあえず・・・ナビに糠平のスタンドがでているから行ってみるよ!

早速・・・糠平の街中にはいり・・・スタンドを目指します!

ところが・・・・!?

あれ!?

スタンド後らしき建物はあるのですが・・・・

どうやら・・・潰れているようです。泣

注!!層雲峡から士幌までの区間100km近くにガソリンスタンドはありません!!

うわ・・・・これじゃ~士幌の町まで戻りになるな・・・・・・・。

士幌についても・・・スタンドが閉まっていたなら・・・さらに帯広まで戻りになります。

そこで・・・Hさんに、再び電話をします。

あ・・・Hさん?糠平のスタンド潰れてたよ・・・。

Hさん)え!?そうか・・・そしたら・・・帯広まで戻るか?スペアタイヤは耐久力ないからな~

ぎん)それじゃ・・・60キロ位でゆっくり帰れば大丈夫かな?

Hさん)ま・・・何とかはなるかもしれんけど、お勧めはしないぞ!

ぎん)ありがとう・・・それじゃ~ゆっくり帰ります!

この時は・・・正直!何とかなるだろう?位の軽い気持ちでいました。

さて・・・暗くなりかけの道を三国峠へ向かって進みます!

走行はもちろん60キロ!

しかし・・・スペアタイヤだと・・・安定性がなく、道路のわだちなどではハンドルが取られてふらつきがでます。

こ・・・怖い!!

60キロで走行していると・・・後ろから車が接近してきます。

後ろから煽られて・・・緊張しながら運転するより・・・よけた方が気が楽なので、
直線になって、対向車がなければ・・・すぐにウインカーをだして道をゆずります。

三国峠を越えて・・・層雲峡を越えるまでに、合計8台に道を譲りました。

三国峠までの道のりでは4台抜かし・・・すべて「ハザードランプでお礼」をしていました♪
とてもマナーのいい方たちです♪

その他の3台も・・・「サンキューハザード」はしませんでしたが、こちらが譲っているのをすぐに理解して、すんなり抜き去って行きました。

ところが・・・大雪湖の周辺で後ろからきた「白のマーチ」!!

長いカーブで後ろについて来たので・・・直線になった所でウインカーを出して、左によると
抜かすどころか・・・一緒に減速して・・・しまいには「ハイビーム」で煽ってくるしまつ!!

さすがに・・・カチンときましたね。

まったく・・・マナーを理解できない運転手には困ったものです。

その後は・・・層雲峡からは、後ろについた車が車間を置いて走ってくれたので・・・
順調に60キロで戻る事ができました。

正直・・・初雪がふって、凍結した路面を運転するより疲れたです。

ともかく・・・無事に帰ってこれてよかったです♪

« 鹿追町 山田温泉 | トップページ | 十勝岳 望岳台 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペアタイヤで恐怖の三国峠越え!③:

« 鹿追町 山田温泉 | トップページ | 十勝岳 望岳台 »