2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って① | トップページ | ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って③ »

ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って②

ぎん)
自分とは何ぞや?
また…例の言葉が顔を出す。

自分は自分で良い。
四国にいる時に…そう思えた。
しかし、現実に帰る事で…それすら良いのか悪いのかさえ解らなくなってしまう。
人の心とは…本当に儚くもろい。

現実とは、辛く厳しいもの。
こう…捉えるのも、自分の心なんだよな。
前向きに、自分らしく!自分のやりたい事をやろう!
どこかの本に書いてありそうな言葉だが…
こんな事を言った所で、
そんな事で飯は食えるのか?と怒らるのが落ちだ。

子供の頃に持っていた夢は…
大人になり、『現実』という魔物に食い潰される。

でも…一体どれだけの人が、本当の自分と向き合ったのだろう?
『安定』という言葉を求め…入った自衛隊。
日々磨き続ける『人を殺す技術』
国を守る…『敵』という『人間』がいて初めてなりたつ言葉。
人を殺さずに…建物を壊しただけで、勝敗が決まるなら…それに越したことはない。
ぎんは、この環境の中に一年近くいたが…ここには、公務員ならではの『安定』はあったが、夢も希望もなかった。

少なくとも…ぎんが整体をやっていた頃の周りの人達は『夢』をもっていたな。
夢敗れる人は多かった。
しかし、自分を見つめ、そして…目標を持ち、計画を立て、実行した先輩は…夢を叶えた。

独立するのは…
本当に勇気がいる。
収入は不安定。
何も保証はない。
対岸の見えない海に1人出て行くようなものだよな…

今の自分なら…
恐ろしくて、とてもできない。

ふと…四国の旅を思い出す。

四国に行くと決めて、準備を進める…
そして、下調べして必要な情報を集める。
後は…勇気を出して、旭川を出る。

未知の世界に飛び出こむと言うの意味では…何かのヒントになるかもしれないな。

« ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って① | トップページ | ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って③ »

生きるための、ちょっといい気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って②:

« ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って① | トップページ | ブログ 四国から帰り1ヶ月。現実と向き合って③ »