2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 覆面PC見破ったり!! | トップページ | 今日も活躍覆面PC »

四国の思い出整理③

ぎん)正直入院してすぐの頃には、自分がここに一ヶ月近くも入院するとは思っていなかった。

最初の一週間くらいは何もする気力も無くて、ただ絶望に打ちのめされていたもんな。

それでも、同室の「鳴門の父」に「諦めなければ夢は叶う!」と励ましの言葉をもらって
何とか前向きになれたんだよな。

そう考えると、やっぱり鳴門の父の精神的な支えは心強かったな。

これは、後での話しになるけれど・・・この時鳴門の父が言ってた言葉の意味は、
次回諦めずに四国に来たら~の話だった。笑

五日ほど歩行器を使い、その後一週間目辺りから、足の筋力低下を防ぐために一日30分くらいずつ病院の周りの散歩を始めた。

見る景色が全て新鮮で、とても楽しかった。

やはり、何処かの環境に引きこもりになってしまうのは、精神衛生上よろしくないな。

これは病院から歩いて10分ほどの川沿いの道。

Cimg91941

川といっても、ほとんど河口に近いので流れはない。

潮の満ち引きで水深が変わるので、ほとんど海に近い。

こちらは病院近くの散歩道。

Cimg91971_7

Cimg91991

Cimg92001

道幅は車一台がやっと通れるくらいの細道。

北海道では考えられないな~

ぎんは最初の頃、この辺りを散歩していて道に迷ってしまったことがある。

近所の方に道を教えていただいて、ようやく本通りへでることができた。

道が細い上に曲がりくねっているので、すっかり方向感覚を狂わされてしまった。

« 覆面PC見破ったり!! | トップページ | 今日も活躍覆面PC »

お遍路・四国旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四国の思い出整理③:

« 覆面PC見破ったり!! | トップページ | 今日も活躍覆面PC »