2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

くろとぎん ブログ終了

真に勝手ながら、今回のブログを最後に「くろとぎんのお気楽漫遊日記」を終了させていただきます。

これは「ぎん」の想いが強いのですが・・・。

以前は、旅日記を自分たちの思い出がわりに書いて楽しんでいました。

しかし最近では・・・ブログに書く内容の「一言一言」にまで気を使うしまつ。

正直ブログを書いていて楽しくない。

自分が楽しむために始めたはずが、その一番の目的の「楽しむ」事をできなくなってしまったことが一番大きい。

ブログを通じてであった皆様。

そして、長い間お付き合いいただいた皆様に心から感謝。

長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

                                     くろとぎん

ご意見ご要望は、こちらまで( kokorogu.krogin@gmail.com )まで。                                 

窓ごしのテツ

窓ごしのテツ
窓ごしのテツ
窓ごしのテツ
窓ごしのテツ
窓ごしのテツ
ぎん)美幌峠を後に…今回はコタンの湯には寄らずに、真っ直ぐ弟子屈を目指す。
いつもなら…コタンの湯は、ぎんとしては外せないスポットなのだけど、今回は何故か行く気になれなかった。

直感??(笑)

弟子屈に着いてみると…タコ松屋は休業の看板?

あらら…
少々気落ちしながらも、家の方へ伺う。

チャイムを押すも…返答はない。

不在かな?

正面へ行ってみると…『峠のテツ』の看板を見つけた。

覗いてみると…奥の箱の中に、ちょこんとテツが座っていた。
うちらの顔をみると…ゆっくりだが、こちらに出てきてくれた。

尻尾をふって挨拶をしてくれる。

ここでホタテ天を渡せないのが残念だ。

一度川湯に向かい…改めて伺う事にした。

川湯の足湯でのんびり満喫♪
今日のお湯は熱めだな…お湯につけた足が真っ赤になる。
短時間で体も温まった。

ほどよく足湯を満喫した後は砂湯で夕日を見ながら…これまた足湯。
流石に温泉オタクのくろだな(笑)

ボチボチ弟子屈へ

夕方だったので…弟子屈駅前の食堂で食事。
摩周豚丼1050円
タレは濃い味…
肉は……悪くはないけど、ん〜値段は高めかな?
夕食時だが…うちら以外誰もいなかった(笑)

再度テツの家へ。

一度目…

二度目…

残念ながら不在のようだ。

郵便受けにメッセージのメモを付け、ホタテ天とお土産を入れた。

少々落胆はしたものの…テツの元気そうな姿を見られて満足。

くろが…体冷えたね〜と川湯の足湯へ再度向かう。

足湯を満喫した後は、砂湯の駐車場へ向かい泊まり準備をして一日目の旅を終了した。

ちょびっとの虹

ちょびっとの虹
ぎん)今日は久しぶりに綺麗な虹を見たので写真に撮ってみた。

あまり大きくはないけど…
二本の虹がハッキリと見えたのには、少し感動した。

今日のように…短時間で晴れと雨を繰り返す天気だと、虹も見えやすいのだろう。

久しぶりに素敵な物が見れて…少し気分がスッキリした一時だった。

ぎんの見た不思議な夢

ぎん)今朝とても不思議な夢を見た。

朝起きてみると、普段はあまり夢自体は覚えていないのだけれど
今回の夢は、生なましく・・かなりはっきりと覚えていた。

夢の内容は・・・

見知らぬ男女と、ぎんが旅館?のようなところに泊まっていて、

それも古ぼけた、まさに・・何か出そう?といった空気満々の部屋だ。

その部屋にいると、ドアには鍵がかかっているはずなのに、なぜか小さい坊主頭の男の子と女の子が部屋の中にはいってきた。

夢の中なのに、不思議とその二人の子供が「霊」だとわかった。

そこですぐに、もう一人の男の人に「塩」を持ってくるように言う。
なぜか自分ではいかなかったんだな。笑

部屋のカーテンを開けようとするけど・・不思議なことに、まったく開かない。

危険を感じて部屋をでる。

フロントに行くと、部屋にいた男性が女性のスタッフの人と話をしていた。

ぎんが、フロントに到着すると・・その女性スタッフが事務所に入ってしまう。

向かいに売店のような場所があるのだけど、そこの中年の女性が何故か「霊」だとわかる

体が金縛りにかかったように動かない。

それに、ほかの二人を置いて逃げるわけにもいかない。

意を決して、「不動真言」を唱える。

不動真言を三度ほど唱え、霊に悪意がないことを悟り、

今度は「阿弥陀真言」を唱える。

するとどうだろう・・・。

霊の姿が形を失って、まるで透明な液体?のようになっていく。

ぎんの手で上へ上へと導きながら、阿弥陀真言を唱え続けると・・霊は、まるで空に溶けていくかのように天に昇っていった。

こういったアニメや映画を見たことがあれば、そのイメージが頭に残っていることもあるのだろうけど、残念ながら・・今回の夢のイメージは見た記憶がない。

夜になった今の時間でも、かなり鮮明に夢を覚えているのだから本当に不思議なものだ

手乗りハト

手乗りハト
ぎん)今日はスッキリしない天気ながら…
途中晴れまの広がる時間帯があり、久しぶりに…くろと常盤公園へ遊びに行ってきた。

ここのハトは…餌を与える人がいるため、とても人に慣れている。

パンを片手にハトに近づけると…おっかなビックリなが、手から食べるようになった。
すると…慣れてきたのか、突然一羽のハトが私の腕に飛び乗ってきた。

流石にこれには驚いたな(笑)

写真にも写っているハトが二羽交互に私の手から、パンをとって食べていた(笑)

気分はもう…すっかりハトつかい(笑)

最初はビビっていたくろだけど…
途中からは、ノリノリで鳩を自分の腕にとまらせていた(笑)

中には…慣れたせいか、パンではなく…ぎんの指をつつく鳩がいたり…
ぎんの腕に止まりながら、そこから…くろの手のパンを食べる大胆な鳩もいた(笑)
周りを見渡すと…無数のカラスが輪になってうちらを囲んでいたのは不気味だった。

かえってから腕をみると…無数の引っ掻き傷が腕にびっしりついていた。

2009道東旅行①

ぎん)今回は久しぶりに「くろ」と二泊三日の車中泊の旅行だった。

天気は絶好の晴天!

今回の旅のテーマは「鮭」

くろ)あれ。。。旅にテーマがあったのは、今・・知った(笑)

くろのメインは「標津サーモン科学館」

ぎんのメインは「知床、鮭の遡上水中撮影」

いつもの泊まりの旅ならば、定番は知床をまわって・・弟子屈方面へ向かうのが
今回は逆ルートで回ることにした。

まず、最初の目的地は「美幌の道の駅」

今回は、いつもお世話になっている人たちに恩返しをと想い

出発前に、旭川の「北倶楽部」で買い物。

本店は午前8時ころから営業しているのでありがたい。

美幌へ到着するまでも最高の天気の中、のんびりとリラックスして運転することができた。

美幌峠に到着すると、見渡す限りの青空!

まずは、くろ一緒に見晴台へ登って屈斜路湖の撮影。

くろ)ここへ来ると、必ず展望台に上がり屈斜路湖を見渡すのが好き。

ぎんは、途中で足を止めて、くつろぎタイム。

くろは、ぎんに「いってらっしゃい」といわれ、さらに上を目指す~~!

階段の途中で、ぎんが何気についてきている(笑)

ふと、美幌峠に居たときのテツちゃんを思い出した☆

テツに声をかけても・・知らん振りをしていても、気がつくと・・私たちと距離をとりながらも後ろについてきていたなぁ~~。

Cimg99281_3

昨日は台風のため、霧がすごくて・・かなりの悪天候だったようだ。

今回は峠物産館の社長さんもいらして、いろいろとお話をしていただいた。

本当ならば、こちらがいつものお礼にと・・お菓子を渡すつもりだったのに、

それ以上のお土産をいただいてしまった。

社長さんのお話では、三日ほど前に「グッサン」がきていたらしい。

くろもぎんも「ぐっさん」が大好きだったので、少々興奮ぎみだった。

そしてこの後、弟子屈の「てつ」のところへ行くことを話すと、いつものように
テツの好物の「ホタテ天」を預かった。

社長さんは、とても気さくな方で・・うちらの車が駐車場を出るまで見送ってくれていた。

社長さん、峠物産館の皆様に感謝。

ノースサファリ札幌〜続き〜

ノースサファリ札幌〜続き〜
ノースサファリ札幌〜続き〜
ノースサファリ札幌〜続き〜

くろ)ノースサファリの続きです(^-^)/


新しく加わっていたのが、ブタさん(≧ω≦)

このブタさんが、とても〜人懐っこくて…背中を撫でていると横になり…お腹を見せるんです♪


鼻を撫でると、『Bu-。Bu-。』と、鳴きます☆


撫でるのを止めると…お尻が痒いのか…柵にお尻を付けて、後ろ足でジャンプして掻き始めたりして(^_^;)可愛らしい仕草をします(o^∀^o)


最後に…くろの大好きなビルマニシキヘビがいて(黄色い子)、久しぶりにご対面(>ω<)


首に乗せました(^-^)/

私と一緒で…ビルマニシキヘビも、体重が増えてました(笑)


天気も良かったので、癒やしの時間を3人でのんびり過ごすことが出来ました(^_^)v

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »