2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 手乗りハト | トップページ | ちょびっとの虹 »

ぎんの見た不思議な夢

ぎん)今朝とても不思議な夢を見た。

朝起きてみると、普段はあまり夢自体は覚えていないのだけれど
今回の夢は、生なましく・・かなりはっきりと覚えていた。

夢の内容は・・・

見知らぬ男女と、ぎんが旅館?のようなところに泊まっていて、

それも古ぼけた、まさに・・何か出そう?といった空気満々の部屋だ。

その部屋にいると、ドアには鍵がかかっているはずなのに、なぜか小さい坊主頭の男の子と女の子が部屋の中にはいってきた。

夢の中なのに、不思議とその二人の子供が「霊」だとわかった。

そこですぐに、もう一人の男の人に「塩」を持ってくるように言う。
なぜか自分ではいかなかったんだな。笑

部屋のカーテンを開けようとするけど・・不思議なことに、まったく開かない。

危険を感じて部屋をでる。

フロントに行くと、部屋にいた男性が女性のスタッフの人と話をしていた。

ぎんが、フロントに到着すると・・その女性スタッフが事務所に入ってしまう。

向かいに売店のような場所があるのだけど、そこの中年の女性が何故か「霊」だとわかる

体が金縛りにかかったように動かない。

それに、ほかの二人を置いて逃げるわけにもいかない。

意を決して、「不動真言」を唱える。

不動真言を三度ほど唱え、霊に悪意がないことを悟り、

今度は「阿弥陀真言」を唱える。

するとどうだろう・・・。

霊の姿が形を失って、まるで透明な液体?のようになっていく。

ぎんの手で上へ上へと導きながら、阿弥陀真言を唱え続けると・・霊は、まるで空に溶けていくかのように天に昇っていった。

こういったアニメや映画を見たことがあれば、そのイメージが頭に残っていることもあるのだろうけど、残念ながら・・今回の夢のイメージは見た記憶がない。

夜になった今の時間でも、かなり鮮明に夢を覚えているのだから本当に不思議なものだ

« 手乗りハト | トップページ | ちょびっとの虹 »

ちょっと怖い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぎんの見た不思議な夢:

« 手乗りハト | トップページ | ちょびっとの虹 »