2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旭川市、常盤公園の 紅葉 | トップページ | 世代を越えて(>ω<) »

人生初の、結婚式「結びの言葉」

ぎん)昨日、前職でお世話になった友人の結婚式があった。

場所は、旭川市の神楽セントポール教会。

何年か前に友人の結婚式の時にも、きた事がある。

やはり・・聖堂の中での賛美歌はすごい迫力があったな~

賛美歌を歌う聖歌隊の方達は・・へたな今時の歌手?よりも・・はるかに旨い。

やはり・・花嫁のお父さんが、感極まって泣き出す場面などは・・何度見ても心にグッとくるものがある。

教会での式に付き物の「フラワーシャワー」と「ブーケトス」。

悪天候で心配されていたが・・どうにか持ちこたえてくれたな~
二人の日ごろの行いかな?笑

さて、次に・・いよいよパーティが始まる。

ぎんは、この席で最後の「結びの言葉」を頼まれていた。

入り口で受け取ったプログラムのしおりを見てみる。

まず、乾杯の挨拶は・・新郎の上司の方。これは妥当だよな~

その次にお祝いの言葉は、新郎新婦の友人代表。うんうん・・

ケーキ入刀に、花束贈呈、キャンドルサービス。

両親へ花束贈呈、両親謝辞・・新郎新婦謝辞・・・・・結び!?

ん!?まともにスピーチするのって何人もいないぞ??

名前の顔ぶれを見てみると・・・ぎんよりも遥かに新郎新婦と付き合いの長そうな面々がそろっている。

ん~~。(汗)

式場では、前職場の方も結構出席していたので・・思い出話に花が咲き、楽しいひと時を過ごす事ができた。

料理も洋食で、なかなかに美味しい。と感じれたのも・・・開始から三分の一くらいまで。

よくよく人数を数えてみると・・約70人ほどの式だった。

祝杯の店長さんも・・・かなり緊張してたな~。

面白い事の大好きな新郎は、サービス精神も旺盛で・・写真撮影にも、いろいろなポーズで明るく応じていた。

自分が大役を受けていなければ、とても楽しい式になっただろう。

キャンドルサービスの時には、よく・・友人がキャンドルの芯を水で濡らして、いたずらをするのを見かけるが・・それを新郎の父親がやっていたのには笑った。

彼の面白い所は、きっと父親ゆずりなんだろうな。笑

途中、両親謝辞の最中に、鼻血をだした子供がいた。

しかし・・両親は写真撮影に夢中で、ほったらかし。

おばあちゃんらしい方が、介抱するも・・この方も忙しそうだ。

気になったぎんは、ウエイターの方にお話して、ビニール袋に氷をいれた氷嚢をつくってもらった。

さて・・いよいよ自分の番が間近になる。

途中からは、極度の緊張で・・食べ物も喉を通らなくなり、料理には手をつけることも出来なくなっていた。

進行役の方から、自分の名前を呼ばれる。  

きた・・・・。

覚悟を決めて、マイクの前に進む。

考えていた文章は、それほど長いものではなかったので・・
カンペを使わずに話そうかと思ったが、もしもに備えて内ポケットに潜ませる。

マイクの前に立ち、周りを見渡す・・・・・・。

アカン。

最初からカンペを見ながら話すことにした。

出だしでマイクが言葉を拾わない・・・マズイ!

ここで頭が真っ白になってしまった。

とりあえず、気を取り直して話し始める。

事前から、余計な言葉は極力省き、ゆっくりと話すことを心がけていた。

下手にすらすら話そうとすると・・声が裏返ったり、噛んだりして、失敗の原因になってしまうので気をつけていた。

途中まで読み終え、もう・・アカン!と思い・・アドリブではないのだけれど、マイクの向きをずらして新郎新婦の方を向いて話しかけるようなスピーチに変えた。

一通り読み終え、いよいよ最後の締め。

皆様!

お手を拝借!

いよ~!

シャン!で・・・

大きな失敗をすることもなく、何とか大役を果たすことが出来た。

周りの人には、ぎんさんらしくて良かったよ!とお褒めの言葉をもらえた。

ぎんの結びの言葉。

ただいまご紹介にあずかりました○○と申します。

お二人には、○ーマック○前店時代に大変お世話になりました。

主賓の方々の素晴らしいご祝辞がありましたので・・私は何も申すことはございません。

(ここで新郎新婦の方を向く)

新郎さん、新婦さんの末永いお幸せと、さらに明るく、笑顔の絶えない家庭を願い

一本締めをさせていただきます。

皆様、準備はよろしいでしょうか?

お手を拝借!

よ~

シャン!

ありがとうございました。

といった流れで行った。

これは、ぎんが思ったことだけど・・間違わないようにと、ゆっくりと話したのが
逆に、丁寧な印象を受けたのかもしれない。

後で新郎にメールを送ると、

やっぱり、ぎんさんにお願いして良かった♪という言葉を貰えたのが嬉しかった。

正直、最初は断ろうかとも思っけど・・・

自分のように肩書きの無い人間には、めったに巡ってこないものなので

自分を鍛える機会!と想い、受けることにした。

とても緊張したけれど、自分の成長の機会に繋がったチャンスをくれた友人に感謝!

新郎さん!新婦さん!ありがとう。

そして、お二人の末永い幸せを心から願う・・・ぎんでした。

« 旭川市、常盤公園の 紅葉 | トップページ | 世代を越えて(>ω<) »

ぎんの自分史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生初の、結婚式「結びの言葉」:

« 旭川市、常盤公園の 紅葉 | トップページ | 世代を越えて(>ω<) »