2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 改修終了の旭橋と常磐公園 | トップページ | どんな職業の人も、人は人 »

鳴門の兄との再会と、2009帯広食い倒れツアー第三弾

ぎん)昨日「鳴門の兄」と北海道で再開することができた。

一ヶ月ほど前に、兄から「仕事で北海道に行くわ!」との連絡をもらった。

仕事先は「帯広」

旭川からは、富良野経由で約三時間半ほどの道のりだ。

滞在は一週間ほどの予定で、日中は仕事があるが・・夜なら時間をとることが出来ることのことなので、
帯広に土地勘のない「ぎん」は運転主に、帯広食い倒れツアーの友達Hさんと、くろの予定を合わせてもらい・・・2009帯広食い倒れツアー第三弾を企画することにした。

今回は、温泉に「オンネトー」をいれることにしたので、旭川を朝六時に出発することにした。

前日、昼間に寝すぎてしまったために・・・夜寝付かれず、睡眠時間三時間のぎん。

眠たい目をこすりながらの運転となった。

それでも、日曜日の早朝ということもあり、車の流れは良く・・・なかなかのハイペースで進むことができた。

帯広を越えて、音更の道の駅で・・・あまりの眠気にダウン。

運転をHさんに交代してもらう事にした。

途中、士幌や足寄の道の駅に立ち寄るも、Hさんの食欲はとどまる所を知らない。

ソフトクリームにチーズケーキと、立ち寄る毎に何か食べ物を口にしていた。

これで・・・相撲取りのような体系ならば、納得はいくのだが・・・痩せの大食いとはよく言ったもので、この体系のどこに食べたものが入っているのだろう?といつもながらに不思議に思った。

さて、足寄には道の駅が二つある。

足寄湖畔に立つ「チーズ工房」の建物を道の駅としたものと、町の中心部の駅を道の駅にしたものがある。

二階の売店には、工場直のチーズがならび・・・チーズ好きにはたまらない光景だろう。

チーズ好きなぎんも、興味深々で試食をする。

グリーンチーズは、ちょっと食べる気にはなれなかったが、カマンベールにモッツァレラとたべてみる。

味は濃厚??

ひと欠片でダウンしてしまうほどの濃い味。

ビールが好きな人にはたまらない味かもしれないな~

実際うちらの横で、このカマンベールを買っている人がいた。

くろに試食を進めると・・・

食べた瞬間に、固まってしまった。笑

どうやら・・・この味は、くろにはきつ過ぎたようだ。

車に戻ってから、半ベソになりながら・・・鳥肌立った~!と騒ぐくらい、口に合わなかったようだ。

あと、グリーンチーズを試食したHさんも、その場で固まっていたな。笑

後で食べた、冷凍のチーズケーキはとても食べやすく美味しかった。

どちらの道の駅にも、町の顔とも言うべき・・・ラワン蕗と松山千春氏の等身大の絵が飾られている。

松山千春氏の歌は時を越える名作ばかり、何年たってもその輝きは失われることはない。
さらに人間として・・・いや、体の上のあたりも・・その輝きをどんどん増しているように思える。笑

足寄からオンネトーまでの道のりは、のどかな風景から森林の樹海を走る一本道。

途中からは天気が一変して、雨から雪に変わった。

今回は二軒ある温泉のうち、左側の「野中温泉」だったかな?に入ることにした。

右側の温泉のほうが、露天風呂は大きいのだが・・・内風呂から露天まで、着替えての移動があるため・・・寒い季節はちょっと辛い。

野中温泉は、内風呂から戸を開けると目の前に露天が広がっている。

男風呂と女風呂の間に、木のついたてはあるが、お互い姿が見えてしまうので
マナーとして、特に男性方は・・・
女風呂の方には背を向けるように入浴をお勧めする。

今日はお湯の温度もほどよく、Hさんと話しに花を咲かせながら、のんびりと入浴を楽しんだ。

あがるときに声をかけるから~と話していたので、くろに声をかけるが返事がない。

三度ほどかけてみたが返事がないので、外に出て待つことにした。

ところが・・・

あがってみると、先にくろがあがっていて、脱衣所で倒れて気を失っていたとのこと。

女性のお客様は他にもいたようだが、たまたまタイミングが悪く、誰にも発見されなかったらしい。

後頭部と首の痛みを訴えていたので、かなり心配ではあったが・・・
倒れたのが露天や、硬い石の上でなかったのが幸いだろう。

とりあえず様子を見つつ・・・症状を聞くが、吐き気や目まいは無いとの事だったので、後部座席で安静の状態にして帯広へ向かった。

二時間ほどで、豚丼の「はなとかち」に到着。

くろの症状を確認すると、後頭部のこぶができた部分の痛みはあるものの
吐き気や目まい、言語障害や手足のしびれはないようだ。
食欲もあるようなので・・・

明日くろの働く病院で頭部のCTと検査をしてもらうことを約束に、旅を続ける事にした。

考えてみればわかる事だけど・・・

ぎんが、とても楽しみにしていた事を・・・自分のせいで台無しにしてしまってはいけないという

くろの、ちょっとした強がりと、優しさだったんだろうな。

くろを心配している人もいると思うので先にお知らせしておくが、

今日、病院で頭部のCT検査と血液検査もしてもらったことろ・・・異常なし!と医師より説明をうけたとの事だ。

« 改修終了の旭橋と常磐公園 | トップページ | どんな職業の人も、人は人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門の兄との再会と、2009帯広食い倒れツアー第三弾:

« 改修終了の旭橋と常磐公園 | トップページ | どんな職業の人も、人は人 »