2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コブクロライブ n札幌① | トップページ | 四国の思い出整理。ムービー »

お遍路の旅と今の自分

ぎん)今日久しぶりに、くろと四国について話す機会があった。

以前から、くろとぎんのブログを見ている人はご存知のとうりだが、ぎんは今年の4月に四国にお遍路「八十八ヶ所巡り」の旅にでて、一番札所に到着する前にギックリ腰になり
現地の鳴門の病院に約一ヶ月で入院生活を送った。

その後、レンタルのゲンチャリを借りて八十八ヶ所と高野山参りを達成することができた。

あの当時を振り返る。

全く知らない土地に一人できて・・・腰の激痛で動くことも叶わない状態。

不安と孤独と痛みとで、気が狂いそうだった。

自分に自信がなくて、自分に自信をつけるためにと向かった先での出来事。

あの当時、自分には何もなかった。

生きることは苦痛。

死だけが唯一の開放だと信じていた。

死ぬか生きるか・・・自分を試すための旅だった。

そりゃ~いきなりコケたら「自殺」も考えるよ。

でもな・・・出来なかったな。

同じ病室に入院している人達も、みんな苦しみがあって・・・生きる不安とか、葛藤とかがあって、自分より遥かに人生の先輩たちの話を聞いているうちに、自分の考えの小ささに少しずつ気付く機会をもらうことができた。

だけど・・・

しばらくの間は、周りは皆敵?だらけだったな。笑

そりゃ~だれだって、一ヶ月も入院になるほどの重度のぎっくり腰やってるのに・・・
ハードな四国のたびなんて「無理」!っていうよな。

実際、自分の知り合いが同じ状態だったとしたら、ぎんだって・・・

今回は無理をせずに帰っておいで!って言うもの。笑

だけどね、先生にもバイクで1000キロ以上なんて無理だ!って言われ続けたけど、ガンとして、ぎんは聞かなかった。

だって・・・ここで周りの人の言葉に甘えて、挫けて北海道に帰ってしまえば・・・その当時の自分なら絶対に二度と四国の土地を踏むことが無いことは解っていたから。

そのうちに、段々と周りの人たちの心配ながら理解を示してくれるようになってきた。

やっぱりな~

お世話になった人たちはたくさんいるんだけど、

ぎんの中で、一番!この言葉があったからやり遂げる事ができた!という一言がある。

同室で、ぎんが「鳴門の父」と慕う人の言葉なんだけど・・・

「何かあったら、四国中どこでも迎えにいってやる!!」

この言葉が本当に心強かった。

本当なら・・・知らない土地で、腰やひざの調子も本調子でない。

いつ壊れるかわからない体と、知らない土地で寺を探しながら、不慣れなバイクでの旅。

毎日睡眠不足で、食事もままならず・・・極限状態が続いた。

歩きより・・・バイクの方が楽だろう?と思われるかもしれないけど・・・

実際四国の道は狭く、20キロ近い荷物を背負った私を乗せた原付はスピードがでない。

何度もトラックが横を通る度に風圧で巻き込まれそうになったり・・・

原付なので、ショックがしっかりしていないこともあり、道路の段差の衝撃がダイレクトに腰に伝わってくる。

ぎんにとっては、本当に苦しい二週間だった。

そんな中で、何度も何度も挫けそうになる度に・・・鳴門の父の言葉が自分を支えてくれた。

そして、くろに、鳴門の家族の皆。

いつしか、一人のお遍路の旅は・・・同行二人(一人でも弘法大使と一緒の意味)を超えて、たくさんの人たちの「想い」と共に八十八ヶ所を巡っていた。

やり遂げたのは・・・確かに私自身かもしれない。

しかし、今回の旅は、私一人でやり遂げたものとは想ってはいない。

ここまでは思い出話だけど・・・

今回の旅で学んだことは、「やり遂げる大切さ」「人のありがたみ」「自分を信じる強さ」を学べたこと。

自分は弱い。

どうしようもなく弱い。

たわいも無い事で凹み、へこたれて・・・落ち込む。

毎日こんなことの繰り返し。

普段は自分の強さなんてわからない。

けど・・・たった一つでも、自分が何かをやり遂げた!という形があれば・・・本当に挫けて折れそうな時に「踏みとどまる強さ」が自分についていたことに気付く。

自分には何も無い?

別にいいんだよ。無くたって・・・

実際ぎんだって・・・生まれてこの方、32年間そんなものなかったんだから。

なければ・・・これからつくればいいだけなんだから。

別に落ち込む必要もないし悩む必要もない。

何か特別な事を、どでかくやる必要だってない。

小さくたっていい。

傍から見たら小さなことだって・・・本人が今まで出来なかった事を、一生懸命頑張って出来るようになったなら、それは「自分が頑張った証」なんだから。

誰が何と言おうと、頑張ったものは頑張ったんだんだから!胸を張れば良い!

っていってもな・・・人間なんて、なかなか強くなれるものじゃないから~
かく言う「ぎん」だって、人に言われた事で凹むことなんて日常茶飯事だ。笑

だから・・・そんな事で、いつまでもクヨクヨする必要もないし、いいたい奴には言わせておけばいい。

ただ、自分が頑張って手に入れたものは・・・絶対に自分を裏切らない!

もっと自分を信頼したらいい!

人は弱いもの。

けど、人は誰でも無限の可能性をもっている。

目に見える形だけが全てではないから・・・どんな人も「自分を諦めず」に自分自身と向き合ってもらいたい。

« コブクロライブ n札幌① | トップページ | 四国の思い出整理。ムービー »

お遍路・四国旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お遍路の旅と今の自分:

« コブクロライブ n札幌① | トップページ | 四国の思い出整理。ムービー »