2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« どんな職業の人も、人は人 | トップページ | 自分探しと自信。 »

鳴門の兄との再会と、2009帯広食い倒れツアー第三弾②

ぎん)今回のHさんが注文したのは、半バラ豚丼特盛りに、さらに肉とご飯の大盛りだ。

右がぎんの頼んだ、半バラ豚丼普通盛り。

特大のどんぶりの上に、「肉の花」が見事に咲いている。


後でお店の方に話を聞いたところ、Hさんの注文した豚丼は・・一杯で三杯分の量があるとのこと。

流石にお店の方も・・これは始めての注文だとの事。

この量を食べたのが、プロレスラーや相撲取りのような体系なら話はわかるのだけど
Hさんは、ごく普通の体系。

痩せの大食いとは・・よくいったものだ。

店の人の驚ろいていたが、店を出た後・・

いや~まだ物足りないんだわ~と言っていたHさんには、さらに驚いた。

豚丼を食べた後は、時間があるので・・帯広の競馬場で遊ぶことにした。

今では、北海道の帯広でしか見れない、ばんえい競馬。

その馬の逞しさと、そりを引く力強さは・・見ているこちらも力が入るほどだ。

競馬はギャンブルといったイメージを持つ人もいるかと思うが・・

百円から遊べて、1レース終わるまで30分近くかかるので、ゲームセンターにいって遊ぶよりも・・お金を使わずに遥かにゆっくり遊ぶ事ができる。

今の時期は通常開催だったので、最終レースの出走がが5時過ぎくらい。

それでも、3レースほど遊ぶ事ができた。

結果は・・・Hさんと、くろは、とんとんくらいで、

今回は強気のぎんは、一着は当てれたのだが・・・二着をはずし続け、見事に負けとなった。

その後はスイーツのお店の「ユトリベルグ」へ向かう。

今回は念願の「十勝プリン」をゲット!

ゲオの駐車場に移動して・・・デザートタイムにした。

あれだけ食べたHさんなのに、平気な顔をしてケーキを三個完食していた。

19時をすぎた頃に兄から連絡。

シャワーを浴びるので、15分くらいしてからホテルへ来てくれとの事。

Hさんにホテルへ送ってもらい、ロビーで兄を待つ。

エレベーターが下りてきて、ドアが開いたら誰も乗っていない・・・というフェイントを何度かくらい、ようやく兄が降りてきた。

久しぶりの鳴門の兄との再会。

やっぱり彼の笑顔が眩しい。

とりあえず・・ロビーに隣接した食堂スペースで20分ほど話す。

お互いの体調や、仕事の事などが中心だった。

ぎんの「聴き屋」の話をすると・・いい仕事見つけたな~と、何度も言って貰えた。

その後、兄の仲間がいる居酒屋へ移動。

二人とも気さくな人で、とてもよく笑う陽気な人たちだった。

二人とも、私の四国での武勇伝を聞いているらしく・・・

世の中に、こんなアホなやつがおるんやで~と皆で大爆笑!

いやはや・・・本人が入院しているときは、しゃれにならないほど悩んだ事も、終わってみれば笑い話になるものなんだな~と、つくづく思う。

その時には、自分が世界で一番不幸で、死んでしまいたいくらい・・辛いと思うことだって
後で考えてみれば、たわいも無い?こともたくさんあるものだ。

けど・・たわいも無い。と思えるということは

その経験から、自分自身が何かを学んだ証拠だとも想う。

だからこそ・・改めて考えたときに、自分の悩みは小さかったと笑えるんじゃないかな?

それから、くろにメールで連絡。

二人も食事に向かうので・・時間を気にしないでゆっくりしてきたら良いと、言って貰えた。

少々、時間を気にする気持ちもあったが、お言葉に甘えて・・今回はゆっくりと楽しませてもらうことにした。

なんだろうな~兄たち三人の会話を聞いていると・・どくとくの阿波弁のアクセントが心地よく、

まるで・・・鳴門に帰ってきた気分になることができた。

時間のたつのは早いもの。二時間ほどの楽しい時間はあっという間に過ぎてしまった。

帰り道は、まるで・・・涙雨のような土砂降り。

くろに迎えを頼み、ホテルへ兄と二人で走る。

仲間の二人は、気を利かせて・・・先に帰るから!と帰っていった。

ホテルに到着して、兄との最後の別れ。

お互いに頑張ってよ!と、笑顔でお別れをするつもりではいたのに・・・

楽しかった時間が長すぎたせいか、別れが辛くなり・・・こらえきれず泣いてしまった。

最後は笑顔で、また会えるから!と再開を約束して別れた。

今になって考えると・・・

兄と鳴門の病院で一緒にいたのは、ほんの一週間ほど。

それに、ここで二人が出会う確立など・・・とんでもなく少なく、偶然以外のなにものでもない。

それが・・・こうして、兄と慕えるほどの絆ができるなんて・・・夢にも想っていなかった。

人の「縁」とは、本当に不思議なもの。

四国のお遍路という旅を通して・・・「寺を廻る」という事だけではなく、

人と人との繋がり、「縁」や、ありがたさ・・・など、本当に貴重な体験をさせてもらい。

たくさんの事を学ぶ機会をいただいた。

以前のブログで何度か書いた言葉だと想うが

災い転じて福となす。

何かの本でも、ピンチは最大のチャンスだ!なんて言葉がかかれていたこともある。

言葉だけでは、何の意味も持たないけど・・・

自分が実際に体験してみて、初めて「言葉の意味」を知るのだと想った。

だから・・・どんなに、素晴らしい言葉を発したとしても、

受け取る側の人にも、その言葉の意味を理解するだけの人生の経験がなければ、何の意味もないのだということも感じた。

だから私は・・・

経験をしたことの無い人が、少しでも言葉の意味を理解してもらえたらと想い・・・

疑似体験ができるように、私の体験を元にした話から、「言葉」を伝えていきたいと想う。

« どんな職業の人も、人は人 | トップページ | 自分探しと自信。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳴門の兄との再会と、2009帯広食い倒れツアー第三弾②:

« どんな職業の人も、人は人 | トップページ | 自分探しと自信。 »