2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 幼少の記憶と墓参り | トップページ | 客観的視点と自分を変える種。 »

先輩からの教え


職場の子が妊娠しました☆
妊娠が発覚して数週間です。不妊治療を受けていたため、今が大切な時!

同僚の先輩が「仕事中は、鏡を持って歩きなさい。妊娠中は、私たちのような仕事だと…色んなものから身を守らなきゃいけないから」と、話しているのを聴きました。


また「もし、患者さんが亡くなった時に居合わせた時、魂がそこに残ってしまう場合もあるから…患者さんに『家に、お帰りくださいね』と声をかけてあげる事も大事だよ」と、先輩が話をしていました。


私は、長年…病院に勤めていますが、妊娠中に鏡を持ち歩くと言う話を初めて聴きました。


今日、同僚が夜勤で鏡を持っていないということで、鏡を持って渡してきました。


私は、否定も肯定もしませんが…気になる方は参考までに。。。


« 幼少の記憶と墓参り | トップページ | 客観的視点と自分を変える種。 »

おてんばナース日記」カテゴリの記事

コメント

さとみさんへ

お久しぶりです(^_^)

病室の窓を開けるという、お話を初めて聴きました。
言い伝えを教えて頂きありがとうございます。


お正月明けに仕事復帰されるんですね♪
これから、寒さが増してきますので体調に気をつけてくださいね。

こんばんは。お仕事お疲れ様です。
今の職場に入って私も鏡をポケット(お腹)に入れておく事をしりました。しかもうつる部分は外を向けておくとのことです。母からは葬式や亡くなった人の近くに行くときは鏡を・・とその後聞いたのでけっこう有名なんですね。
そうそう、患者さんが亡くなった時は部屋の窓を少し開けてあげると残った魂が部屋にとどまらず成仏するとも聞きました。
いろんな言い伝えがありますが誰も不幸にならず前向きな言い伝えなので私は信じることにしています。

正月明けから仕事復帰の予定なので頑張ります☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 先輩からの教え:

« 幼少の記憶と墓参り | トップページ | 客観的視点と自分を変える種。 »