2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

「特別」と「自分らしさ」

ぎん)最近思ったことなんだけど・・・

「特別」って、当たり前の中にあるんだな~って思った。

毎度毎度・・・今更のような内容なんだけどもね。笑

「自分らしさ」は、誰もできないことが・・・出来ることでもないんだよね。

誰もが出来ることを、楽しみ、そして「自分なりに出来ること」が自分らしさかな~と思う。

以前のぎんは、「自分らしさ」とは・・・

他人と違う「特別なもの」と思っていた。

しかし・・・空手をやれば、その空手道の中では当たり前。

10人中1人の人しかやっていなくて特別でも・・・

その世界の中に入り込んでしまえば、何も特別ではなくなってしまう。

整体だって同じ。

たとえ20人に一人、いや・・・30人に一人しか出来なくたって、その世界の中に入ってしまえば、何も特別なことではなくなってしまう。

特別って何だろう?

きっと、肩に力を入れた状態では・・・何も見えないんだろうな。

何かに縛られてもダメ。

忙しすぎてもダメ・・・。

ふと、深呼吸をして~肩の力を抜いてリラックスして、今やっていることを楽しめた時に「何か」が見えるんじゃないのかな?

人を自分と比べること自体が、そもそも違うのかもしれないな。

誰しも「特別」になりたくて、なれるわけじゃないんでない?

誰でも出来ることを、当たり前のようにして・・・それが積み重なって出来た「結果」が

周りの人から「特別」と言われるだけなんじゃないのかな?

どんな世界にも・・・有名になったり、すごい記録を残す人達がいる。

その人達だって、自分に出来ることを続けた結果が、記録になっただけじゃないのかな?

あとは、今自分がやっていることを「楽しむ」ことかな?

仕事に「楽しむ」なんて~非常識だ!なんて・・・言われたことがあるけれど。

人間、「辛い」と思ってやることよりも・・・

「楽しい」とおもってやる方が、夢中になれるし・・・もっともっと面白く!と思っているうちに

気がつくと、すごい結果がでていることってないかな?

きっと、それって発想の転換なんだろうな~

常識にとらわれるのが、悪いことだとは言わないけれど・・・

誰しも、子供の頃にやった経験ないかな?

野っ原で寝転んで空を眺めたり、股の間から景色を逆さまに見てみたり、

理屈で考えるんじゃなくて、心で感じてみると・・・世の中に面白いことってたくさんあることに気がつくよ。

人間の心は、もっと自由でいいと想う。

きっと・・・その自由でのびのびした心で、毎日やっていることに・・・新しい楽しみを見つけることができたら、

日々を楽しく続けることができると想う。

その積み重ねが・・・人から見た「特別」だったり、自然な「自分」だと、ぎんは想う。

2010旭川雪祭り準備中

2010旭川雪祭り準備中

ぎん)今年も雪祭りのシーズンがやってきました。

毎年、旭川の石狩川河川敷で、旭橋をバックに会場を見ることができる。

下の写真は大雪像の雪山作っている様子。

以前は・・・そんな寒い中、外になんていってられるか~!とごねていたぎん。

ここ二年ほどは、ぐずる「くろ」をなだめすかし・・・食べ物でうまく釣って、外に連れ出している。笑

ぎんとしては、大きな雪像よりも、買い物公園に製作される「氷像」が好きだ。

儚く短い命だけど・・・その美しさは輝くばかりに美しいんだわな~。

今年は、何を餌にして「くろ」を引っ張り出すか・・・また、思案のしどころだね。笑

2010旭川雪祭り準備中
2010旭川雪祭り準備中

失敗を知る機会(チャンス)と考える

ぎん)2010年新年明けましておめでとうございます。

いやはや・・・時間の過ぎ行くのは本当に早いもの、あっという間の一年でした。

ようやく、細木先生の大殺界(三年間運が悪いらしいです)も終了し、今年は飛躍の年とのこと。

確かにね~

体調面や、出来事を振り返ってみると・・・うわ~と、顔が青ざめてしまいそうな辛い出来事もたくさんあったね~。

ただ、これも考え方一つなのかな~なんて、ぎんは最近思うのです。

以前の自分を振りかえってみると、とてもよく解るんだけれど・・・

社会的、金銭的に成功している時期だけが、自分にとっての成功とはいえないんだよね。

20代の前半で、ベテランサラリーマンばりの給料もらって、傍から見れば・・・調子のよい飛躍の期間のように見えるけれど・・・本人としては、ただただ学びも無く天狗になってただけだったからね。

結局、いくら運がよかったといっても~自分の身の丈以上の力は、身を滅ぼした。

それに比べて、ここ3年間を振り返ってみると・・・

本当に失敗や後悔、自己嫌悪と、お金や社会的地位に仕事・・・全部なくなった。

その代わりに、自分の身の丈を知った。

いろいろな「失敗から学ぶ機会」を得ることができた。

肩書きが無くなって・・・何にも無い、素の自分と本音で接してくれる人脈ができた。

そう考えると、今まで考え続けて答えの出なかった

「自分らしさ」って何?

という答えが・・・ようやくぼんやりとだけど、見え初めてきた。

今年は元旦の旭川は曇っていたけれど、ほんの少しの合間に見えた「初日の出」に誓った。

今年も最高!と思える一年にします!

今年もよい一年になりますように~では、どこか人ごとだな~なんて思った。

近くの神社に初詣に行ったときも、同じようなことを神様に言ってきたな。笑

これは、ぎん個人としての意見なんだけれど・・・

もしも神様がいるとするならば、それは・・・人間の欲求や物欲を与えてくれるのではなく、人間の「学びの機会」を与えてくれるんじゃないのかな?なんて思った。

何かの失敗をしたとしても・・・

その場でたくさんのものを失ったとしても、人間の生きる道は一つじゃない。

今の自分を捨てることができたならば・・・
そこで得た失敗からの学びで、もっとたくさんの大切なものを得ることができると思う。

ぎんが親におくった言葉なんだけど

あの世に持っていけない、地位やお金といった財産を一生懸命つくるよりも・・・

あの世に唯一もっていくことの出来る「自分」という財産を育てようよ!

「失敗」という現実に恐れず、めげず、せっかく得た「失敗」という、学びのチャンスを生かして・・・自分を磨いてほしいと思います。

今年も皆様にご多幸がありますように!

2010年も、くろとぎんのお気楽漫遊日記をよろしくお願いします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »