2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「特別」と「自分らしさ」 | トップページ | 豆まき(^-^)/ »

お遍路を次に繋ぐ(想いのバトン)

ぎん)年明け以来久々のブログ。

年明けから少々バタついたり・・・気分のむらがあったりと、ちょっとブログに使う気力がなえていた新年でした。

さて、今月ぎんは、「くろ」とうちの「両親」を連れて四国に3泊4日で行ってきます。

旅の目的は、両親をお遍路に導くこと。

導くって・・・何だか大げさな言い方になってしまうけれども・・・

最初のきっかけを持つことで、夢が現実になる!という実感をもってもらうことで・・・これからの人生を目標をもって有意義に生きてもらうため。

資金は、昔から親からお祝い事の時に貰ったお金を、ためていたものを使うことにした。

このお金は、今まで使うことが出来なくて・・・

いつか皆で旅行にでも行くときに使おうと思っていたお金だった。

こういった形で使うことができるのは嬉しく思う。

以前のオヤジは・・・何度もブログに書いていたけど、ロクでもない人間で・・・

まさに、仏はほっとけ!というくらい信心の欠片もない人間だった。

しかし、いつからだろうな~

ここ2~3年、腰の手術をしたり、親戚間のトラブルがあったりと・・・苦労や忍耐を学び、本当に人として大きな成長をとげたと思う。

今では、夜寝る前に・・・私が恐山から頂いてきた「水子」供養のお札と、亡くなった祖母の写真の前で般若心経を唱えているそうだ。

どちらかというと・・・今なら、お袋よりもオヤジの方が信心深いかもしれないな。

二人とも・・・私がお遍路から帰ってきてから、とても四国には興味を持ったようだ。

しかし、やはり・・・以前の私と同じように・・・

いけたらいいね~

と言った、どこか他人事のような・・・夢物語になってしまっていた。

しかし、今回こうしてツアーを組むことで、夢は強く願えば叶い、現実となる!ということを実感してもらいたい。

そして、自らの生き方についても、

ただ・・・日々を漠然と生きるのではなく、目標をもって有意義に生きてもらいたと想う。

これは・・・ぎんが四国の旅でもらったもの。

お遍路の・・・「想いのバトン」とでも言おうか・・・。

この後、二人がお遍路を無事結願して、さらに誰かに・・・このバトンを渡してくれることを願う。

人生とは、どれだけ長く生きたかではなく・・・どれだけ中身を濃く生きたか?だと私は想う。

何歳になったから・・・などと、考える必要は無い。

何かを始めるのに遅いということはないから。

残り一ヶ月きったな~

ぎんにしても、約一年ぶりの里帰り。

鳴門の家族との再会がとても楽しみだ♪

ただ・・・今回は移動で丸2日はとられてしまうので、日中のお遍路の後に会うとなると結構なハードスケジュールになりそうだ。

それでも・・・たった一目だけでも良い。

お互いが元気でいる姿を見ることができれば、それだけで満たされる。

ぎんが以前鳴門に居た時に・・・それだけ皆と信頼関係を気付けたと想うから。

さてさて、久しぶりに自分で書いたお遍路のブログ見て泣いたし・・・

明日は目玉が真っ赤だそ~。笑

« 「特別」と「自分らしさ」 | トップページ | 豆まき(^-^)/ »

お遍路・四国旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お遍路を次に繋ぐ(想いのバトン):

« 「特別」と「自分らしさ」 | トップページ | 豆まき(^-^)/ »