2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 等身大の自分 | トップページ | 白鳥休憩中 »

兄弟の墓参りと悲しい出来事

ぎん)兄弟といっても、ぎんには実際に生きている兄弟はいない。

兄弟と表現を使わせてもらったのは・・・ぎんと約10年近い年月を暮らした、本家本元の「ぎん」のこと。

もう~ぎんが逝ってから8年になるんだな~本当に早いものだな。

3月23日。

これは・・・私が型枠2級技能士の合格日と同じ日だった。

技能士の資格書を見るたびに、ぎんを思い出す。

そんな訳で、少し日にちはずれ込んだけれど、ぎんの墓参りに行くことにした。

ぎんの墓は旭川市の郊外にあるペット霊園の共同墓地だ。

いつものように、ぎんの好物だったヤクルトとチーズをお供えする。

乳製品の大好きなやつだったな~

一度「待て」を命令すれば・・・飼い主の姿が見えなくなっても、絶対につまみ食いをしない利口な奴だった。

もちろん、お供えのときも「よし」の号令は忘れない。笑

ここは、たくさんの飼い主から愛された家族達が眠っている。

たくさんの写真が壁一面に張られている。

中にはメッセージが書かれているものもあり。

どれだけ・・・この中で眠る子達が愛されていたのかが伺える。

いつものことだけど、これを見ていると泣けてくるんだわね。

一通りお参りを済ませて、ふと気付く。

あれ!?賽銭箱がない。

いつもここに来ると、お線香やろうそくを使わせてもらっている御礼と、管理人さんへの感謝の気持ちで・・・心ばかりのお賽銭を入れてくる。

やはり賽銭を入れないとシックリこない。

そこで、帰る前に霊園の管理人さんに聞いてみることにした。

すると・・・

あ!賽銭箱置きに行くの忘れてました!との答えが!?

ん!?

中のお金でも回収したのかな?と思った次の瞬間・・・

いや~実は、賽銭箱を二回ほど盗まれたんです。

はあ!?

確かに神社やお寺で賽銭泥棒が出るということは聞いたことがある。

しかし、まさかこんなところにまで・・・

怒りやら悲しみやら・・・すさまじく複雑な感情がわき上がってきた。

ここには神様は祭られていない。

頼みごとをしにくる人間はいない。

ここに来るのは・・・みな、可愛い家族の「想いに」触れるためにやってくる。

それを何だと想っているんだ!?

金なら何でもいいのか?

お金と言えば、ただの形でしかない。

しかし、ここに集まるお金には、たくさんの人の純粋な想いが詰まっている。

それはけして自分のご利益だったり、私利私欲といったものではない。

管理人さんに、中でお参りしていってくださいね♪と優しい笑顔で声をかけてもらえたのが少し救いだった。

« 等身大の自分 | トップページ | 白鳥休憩中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ポンチュさん
コメントありがとうございます。

本当に悲しいやら・・・情けないやら、
もし、ぎんが同じような扱いを受けていたならば・・・と考えると
心が苦しくなります。

悲しい目にあったペット達の冥福をいのると共に、
飼い主の皆様の心中、お察し申し上げます。

そうですね、日々を大切に・・・笑顔でホクちゃんと毎日を楽しんでください♪

ぎんさんお久しぶりです^^

ぎんさんは「ぎん」ちゃんが由来なんですね。
お供えの時の「よし」の号令。
「ぎん」ちゃんは本当に愛されていて、今でもぎんさんに
大事に思ってもらって幸せだなと思いました。
世の中、みんな飼い主さんに最初から最期まで、その後もずっと愛される子ばかりだといいのに‥と思わずにはいられません。

それにしても‥賽銭泥棒ですか‥。。
呆れるし、本当に悲しくなりますね。。
飼い主さんたちの思いなど、考えもしないんでしょうね。。
先日捕まりましたが、亡骸を山中に投げ捨てていた悪徳ペット霊園の経営者。。
飼い主さんたちの最後の思いを踏みにじる、卑劣極まりない行為‥。
カタチは違うけど、賽銭泥棒もある意味同じように思いました。

ホクと私たちにお祝いのお言葉ありがとうございます!
ダンナとはしばらく離れ離れですが、愛するホクとこれからの日々も大切に過ごしていきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟の墓参りと悲しい出来事:

« 等身大の自分 | トップページ | 白鳥休憩中 »