2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

嬉しかった事

ぎん)今日、知り合いの方の紹介で新しいお客様の下を訪れた。

知り合いの方は、以前の職場の同僚のお母さん。
とても気さくで面倒見が良く、私は「美瑛のお母さん」と慕っている方。

今回のお客様は腰の曲がったおばあさん。
家には盲目の旦那さんがいる。

お母さんの話では、旦那さんは盲目ながら・・・その分他の感覚が鋭く、
相手の人の声だけで・・・その人の人柄を当ててしまうそうだ。

ちなみにお母さんは、自分にとても自信のある方といわれたそうな。

おばあさんの施術が終わり、それから旦那さんと一時間少々話をしただろうか

お母さんが旦那さんに話をふる。

私は・・・

温厚な人。
そして・・・とても礼儀正しい印象を受けたとのこと。

旦那さん曰く。

礼儀正しさとは、昨日今日の短期間で身につくものではない。
そして・・・人柄とは、声のハリは語尾など、いたるところにその人の人柄が現れるとのこと。

話を聞いていると・・・
旦那さんは以前、政治闘争時代から政治の世界にかかわり、
知り合いの方には大臣まで上り詰めた方もいるとのこと。

たくさんの人を見てきた経験から、目は見えなくとも心の目は
真実を見ているのかもしれない。

そして・・・
あなたは、とても苦労をしてきたね。と・・・

え!?

私の苦労話など何もしていないのに!?

その瞬間、私の中の今までの辛かったことや苦労がフラッシュバックした。

初めての人の前なのに・・・
涙が溢れた。

それを見ていて・・・

横に居た、お母さんももらいなきをしながら、

初めてうちに来たときから、息子のように想っていた。
どこか放っておけなくて・・・と

元同僚のお母さん、付き合いだってそれほど長いわけでもない。

それなのに・・・こうして、私のことを、まるで自分の息子のように気にかけて
心配し、さらに応援してくれる。

こんなありがたいことが・・・他にあるだろうか?

一時はダメだと想ったこともある。

人生を投げ出そうと想ったこともある。

でも、ここへきて、

ようやく、自分が沢山の人から応援してもらって、必要としてもらって・・・

自分は生きていて良かった。と、生まれて初めて想えた気がした。

今更ながら・・・照れくささはあった。

でも、私は親に対して・・・
どうして私をこの世に誕生させた?と恨みこそすれ感謝したという記憶はなかった。

この想いを伝えたくて・・・

親に電話をかけた。

照れくささはあった。

でも、この言葉を言わずに・・・もしものことは迎えたくなかった。

今言える幸せ。

言いたくても言えない人だってたくさんいる。

その幸せをかみ締めながら、親父とお袋に伝えた。

親父。

お袋と一緒になってくれてありがとう。
そして・・・俺の親父がオヤジで良かった。と

お袋。

今更だけど・・・産んでくれてありがとう。

お互い電話越しに泣いてしまって、グズグズになってしまったけれど
伝えることができてよかった。

親父、お袋ありがとう。

そして・・・

私に縁のある皆様、いつも気にかけ、時には支えてくれてありがとう。

たくさん、たくさん、どれだけ言っても足りないけれど・・・

心から「ありがとう」

鮭
鮭
鮭
ぎん)北海道では朝晩の寒さも徐々に厳しくなり、秋を身をもって実感する今日この頃。
>
>今年の夏の暑さからか…海水温も高く、秋味といわれる「鮭」の遡上も遅れているとのこと。
>
>それでも、いつもの年に比べると数こそ少ないけれども…
>川を上って行く鮭の姿を見ることができた。
>
>一枚目の写真は、標津のサーモン科学館そばの川での写真。
>
>ここでは川を柵?のようなもので仕切り、川を上流へは遡上できないようにされている。
>
>それでも、鮭たちは何度も何度もジャンプを繰りかえし、障害物を越えようと試みる。
ふと、柵の上流をみると…一匹のボロボロになった鮭が瀕死の状態で泳いでいる。
>
>そのまま上って行けばよいのに、わざわざ柵の近くの流れのキツイ場所で泳いでいた。
>
>きっと、つがいの鮭が上ってくるのを待っているんだろうな〜
>
>自らの命をかけて、結ばれた相手との命を次に繋げる旅。
>
>見ていて…ちょっと泣きそうになった。
>
>二枚目の写真は、サーモン科学館内の大水槽で泳ぐ鮭の姿。
>
>三枚目は、山で休憩中の鮭。
>
>って…んなわけあるかい!!笑
>
周りの木と見比べてもらえると解ると思うけど、とにかくでかい!
>
>道路を走行中に、丘の上に突然見えてときには…かなりびっくりした。笑
>
>熊が鮭をくわえてる写真はよくあるけれど…これだけでかい鮭がいるなら、熊を逆に口にくわえれそうだよね。笑
>

牛
牛
牛
ぎん)牛(笑)

これは…道道150号線を中標津から裏摩周の清里峠へ抜ける途中でみることができる。

まさに…養老牛の『牛』だね(笑)

季節の変わり目

ぎん)夏の暑さもひと段落し、朝晩は肌寒いくらいになってきた。

北海道は・・・秋を感じる今日この頃

季節の変わり目は体調をくずしやすいもの。

私も・・・今年の夏の暑さと、ここ最近のばたつきもあってか若干風邪気味。

バカとぎんは風邪ひかないはずなのにな~。笑

まずは、夏の間で削られた体力と気力を取り戻さないとね♪

毎年意識して食べるようにしているもの、

秋のぶどうは、落ちた体力を早く回復するのにもってこい♪

あと・・・東洋医学では、お餅やもち米が気力の回復を手伝ってくれるそうな?

それと何より「旬のもの」が一番だね♪

秋は実りの秋♪

あまり旨いものが多いからと・・・食べ過ぎてしまうと~

体力回復どころか、体に余分な体力をつけてしまうことになるので注意だね。笑

30代も中になってくると、一度体についた栄養がとれずらくってね~
寝る前の筋トレが欠かせなくなってくるよ。笑

あとは・・・精神的な疲れには「ぎん」が効く!?かも!?笑

旨いもの食べて、ぐっすり睡眠とって~

風邪に負けないようにね♪

裏摩周 神の子池

裏摩周  神の子池
裏摩周  神の子池
裏摩周  神の子池

ぎん)道東に位置し、日本でも屈指の透明度を誇る摩周湖
>その湧水の湧き出口に出来た池が「神の子池」
>
>神の子池には流れ入る河川や沢は一切ない。
>摩周湖の水が大地に染み入り、湧き水として大地に姿を見せた
>奇跡の泉。
>
>透明度は高く、泉の底まではっきりと見えるほど。
>
>ここに訪れたのは・・・三年ほど前だろうか
>
>今では大きな案内看板も設置されて、秘境とはいえなくなってしまったな。
>
>この日は光の加減か、写真に写る神の子池は緑がかって見えた。
>
水は真夏でも冷たく、この日均衡の町では32℃を記録したにもかかわらず、
>泉に手をつけると・・・痺れるほど水温は低い。
>
>神の子池には、蝦夷岩魚のオショロコマや山女が住み着いている。
>
>この日は・・・いつも見ないような大きな魚影があった。
>
>どうやら季節柄、川を遡上してきた桜マスのようだ。
>
>何組かのマスがつがいになって・・・川底の砂利を尾ヒレで堀り、産卵どこの準備をしている。
>
中には、長い遡上の中でつがいと逸れてしまったのか・・・
>単身でぼろぼろになりながらも、少ない産卵床を守るために戦っているマスがいた。
>
>一時間ほど、その場に座り込み・・・産卵の瞬間を待っていたが、残念ながらその瞬間に立ち会うことは叶わなかった。
>
>心無い観光客が来るたびに、どやどやと騒ぎ立て・・・落ち着かない様子だったな。
>
>長い旅を終えて・・・母なる川に帰り、自らの命をかけて次に命を繋ぐ最後の瞬間。
>
>慎重になるのも当然だろう。
>
観光地化して・・・人を呼び、地域を活性化したい気持ちがわからなくもない。
>
>しかし、その影で・・・心無いも訪れ、ゴミのポイ捨てなどで環境を破壊する愚か者がいるのも事実だ。
>ここで言えば、タバコの吸殻、泉に投げ入れられたお金。
>
>素敵な物を見て、感じて、心を豊かにするのはおおいに素晴らしい。
>
>だからといって、自分は一度しかこないから何をしてもいいと言うわけではない!
>
>人間だって、次に繋ぐ責任があるはずだ。
>
良い意味でも、悪い意味でも、一人ひとりの行う、一つ一つの出来事が積みかさなって「今」を造っている。
>
>自分さえよければではなく。
>
>環境のために、今自分に出来ることを見つけ、小さなこと、些細なことでもいいから・・・実行できる勇気をもってもらいたいと想う。
>

ちょっと怖い出来事

ぎん)先日久しぶりに知床の羅臼へ遊びに行ってきた。

車中泊の一泊二日旅行

羅臼に着いたのは、午後6時近く・・・
それから港で少し夜釣りを楽しむことにした。

釣果はメバルが4匹、一匹は25センチほどと・・・
時期にしては寂しい釣果。
風が強く波立ってきたので一時間ほどで釣りを断念。

冷えた体を温泉で温めることにした。

羅臼には・・・いくつかの野外露天風呂がある。

しかし、どの温泉も地元の方と観光客とのいざこざが頻発して
地元民ではない私は肩身が狭いので・・・
羅臼にある日帰り入浴可能なホテルの温泉に入ることにした。

営業妨害といわれると困るので、名前は伏せさせてもらう。

ここの温泉は・・・建物は古いが、硫黄泉でお湯は良い。

玄関で靴は脱がず、浴室まで靴を履いたままいくことになる。

浴室についてみると・・靴もスリッパもない。

私に貸切で使えとのことだろうか?

最近旭川均衡の温泉施設で・・・入浴客のあまりのマナーの悪さに
少々うんざりしていたので、とてもうれしかった。

靴を脱いで脱衣所へ入る・・・

あれれ??

洗い場に人らしい姿があるぞ!?

しかし・・・入口に履物らしきものはない。

!?

まさか!?

私は間違って土足できてしまったのか!

焦って脱衣室の外やら何やら見渡すも、下駄箱らしきものはない。

ん!?

もしかして・・・靴は脱衣かごの中とか?

ロッカーらしきものもないし・・・

さらに・・・

脱衣かごを見渡すと、全て空!!!???

えっ!?

確か・・・中に人がいたはず!!??

納得いかないまま、浴室に入ってみると・・・そこには誰もいなかった。

いったい・・・私の見た人影はなんだったのだろうか?

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »