2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

ヘタレな自分へ

ぎん)自分の心の中の自分へ

うまくいかないから…『どうせ自分なんて』って諦めて逃げるのかい?

そうやって…
自分になんて出きるわけがない!そんな資格はない。なんて変な悟り開いてさ…

膝を抱えスネてたら…誰かが助けてくれると思ってるの?

誰も来てくれやしないよ…
だって、ここは自分しか入れない自分の中だもの。

いつまでそうしているつもり?
痛くたって、泣きながらだって…自分の足で進んでいかなければ、何も変わりはしないよ。

失敗は誰だって怖い。
でも…失敗を怖れて立ち止まっていては、何も始まりはしない。

転んで痛いのも、自分が歩いた証。

どんなに頑張ってみても…自分が思うような満足のいく結果にはならないかもしれない。

それでも…自分が歩いた跡には、きっと自分の努力の足跡が残ってるはず。

大丈夫。
一回失敗したなら…
そこで何かを見つけてくればいい。
また失敗したなら…
またそこで『何か』を見つければ良い。

繰り返し…繰り返し…
何度うまくいかなくたって、ダメなんかじゃない。

人から批判されたって貶されたって…絶対ダメなんかじゃない。

だって…それは、他の誰でもない、自分自身が頑張ったことだもの。

人に惑わされないで…
自分をしっかり意識して。
頑張っている自分を見つけて…
そして、時には褒めてあげて。

自分の中の自分と向き合えるのは自分だけ。

どんなに独りぽっちでさみしくても…自分と共に自分はあるから。

諦めてないで…自分自身を。

忘れないで…自分自身を。

知床流氷2011続き

知床流氷2011続き
知床流氷2011続き
知床流氷2011続き
ぎん)前回のブログの続き

フレペ滝見晴らし台からの流氷を眺め…鹿を横に眺めながら帰路につく。

真っ白な雪原を見ていると…
ついつい遊び心が疼きだす♪

助走をつけ…真っ白な雪原にダ〜イブ!!
とぅっ!!!
大の字に雪に向かって勢い良く飛び出こんだぎん♪
ボスっと雪に優しく包まれるはずが……!?

ドンっ!!!!

うぅっ!痛いっ!!!

強い衝撃がぴの体に跳ね返ってくる!
どうやら…知床の厳しい風雪にさらされて、雪はガッチリと硬くしまり…氷のような強度になっていた(泣)

冗談抜きで…すぐに息はできないし、アバラやられたかかと思ったね〜
写真を見てもらえばわかるように…
かなり勢い良く飛び出こんだのに…体が全然雪に埋まってないのよ

知床で雪ダイブは…二度とやらない!!と固く心に誓ったぎんだった

若干後味は悪くなったけど、帰りは…ウトロの街の見える高台から、夕日と流氷の絶景を見る事ができた♪

たくさんの観光客の人たちも夕日を眺めていたが…みな一人以外無言で夕日に見入っていた

あ…一人はガイドさんで説明中だったのね(笑)

素敵な全身強打体験と夕日の追伸でした♪

知床流氷2011

知床流氷2011
知床流氷2011
知床流氷2011
知床流氷2011
ぎん)旭川から東へ290km知床ウトロへ

今年は風とタイミングが悪かったのか…斜里付近から流氷はほとんど見えず。

それでも、さらに街から奥へ進んでみると…海にかすかに白い帯が見える。

ウトロの街の向こう側にかすかに流氷が残っていた。

更に奥の知床自然センターへ
駐車場に車を止めて徒歩1キロほどの山道を歩く。

軽く山を一つ越えると…眼前に真っ白な大地が広がった。

野生の鹿の群れが雪を掘り起こし餌を食べている。

人慣れしているのか…3m近くまでよってみても、全く逃げる気配はない。

写真はフレペの滝
氷ついた澄んだ水が青く美しい。

フレペの滝の見晴らし台に登ると…流氷が見えた!!

良かった…
今年はダメかと思ったけど、無事今年も流氷に出会うことができた。

しばし…流氷の長い旅を想い、自然の想いにひたる。

音は自然が作り出す、風や波の音だけ。

心が洗われていくようだな。

一時雪が舞い散る天候も無事回復
少しずつ空の色を変えていく夕日がとても素敵だった。

しばし雪の上に寝っ転がり大地と一体化する『ぎん』

自然から…感動というエネルギーをもらい、明日からまた頑張れそうだね♪

プラス思考になるためには?

ぎん)まず…今自分に起こっているどんな事に対しても『守られいる』と自覚すること。


運には二種類の運があると思う。

一つめは…幸運♪と自覚ができる、自分にとって目に見えてプラスに働く運。

二つ目は…『不幸』と、その時は思えてしまうアンラッキーでマイナス面の運。

一つ目は言わずともわかる事だけど…
2つ目は考えなければわからない。

例えば…小さなアンラッキーな出来事だって、それ自体を『不幸』と捉えると…暗く沈んだ気持ちになってしまう。

しかし、自分の考えられる同じシチュエーションでの最悪のパターンを考えてみるとどうだろう?
酷い時には…自らの命を失っていたかも!?と思える出来事って、生きていたら何度もあるのではないかな?

そう考えると…
その時は不幸と想うも…
自分にとっては、本当に最悪な例ではなかったと想うことができる。

実際…若くして命を失った友人も何人もいるし…
私自身だって…あと少しの時間差で危なかった経験もある。

自分にとって命があれば…
どんなことも『守ってもらっている』と考えることが出来る。

そして…その上手くいかなかった出来事から『考え学ぶ』事で、人は成長することができる。

二つ目の運とは…

自分にとって悪い!と想ってしまうことも…
何かしらに守られて、小さな不幸ですみ、学びの機会をもらっている♪と想えたら…
全ては自分の為に起こっていること!と
前向きになれるのではないかな?

2011旭川冬祭りファイナル

2011旭川冬祭りファイナル
2011旭川冬祭りファイナル
2011旭川冬祭りファイナル
2011旭川冬祭りファイナル
ぎん)今日で旭川冬祭りも終わり。
厳しい北国の冬も…ようやく一区切りといったところだね♪
まだまだ夜は氷点下10℃の日が続くけど…日中の温かさが春を感じさせる。
写真は大雪像のステージでよさこいを踊る踊り子さんたち
気合いの入ってる踊り子さんは…
氷点下7℃の中上半身裸の人もいる!
気合い入ってるなぁ♪
ファイナルは大雪像の裏手から花火が上がる。

冬の花火は…空気が澄んでいて、とてもキラキラまたたいて美しい♪
一面に広がる光の洪水を前に…自分が空を飛んでいるような不思議な感覚を体感した。
光の洪水が溢れ流れ落ち…静かに暗闇が空を包む。
そして旭川の冬の祭典は終わった。
会場脇につくられたアイスキャンドル
柔らかく優しいキャンドルの灯りが…去り行く冬を惜しんでいるように感じる。

毎年雪が舞い散るころ…少し寂しい気持ちになるけれど。
こうして…雪国ならではの美しさを体験できることに、心から感謝したい♪

2011旭川冬祭り開催中

2011旭川冬祭り開催中
2011旭川冬祭り開催中
2011旭川冬祭り開催中
2011旭川冬祭り開催中
2011旭川冬祭り開催中
ぎん)やってきました冬祭り!

毎年恒例の冬祭り会場へ

会場は買い物公園通りと石狩川河川敷会場の2つがある。

買い物公園には氷像が並び…石狩川河川敷会場には大雪像が制作される。

個人的には氷の彫刻が好き♪

美しくも儚いその命は…寒さを忘れさせるほどに人を惹きつける。

日中の太陽に照らされた氷の美しさも素敵だけど…

夜の部の、ライトアップされた氷像たちは…
何とも言えない怪しさをもった美し差がある。

本当に美しい物を見た時…
人は息をするのさえ忘れてしまう…

時が止まるかのようなその一時を…
出来るならば、一生に一度は体験してもらいたいと思う。

今朝素敵な夢を見た♪

ぎん)今朝とても素敵な夢をみた…

ハーレム♪

自分より若い異性に囲まれ過ごす日々。
なんて素敵なんだろう♪
誰しも憧れる光景じゃないかな?

夢の中で…まさにそのハーレム状態を体験できた♪

まずは…若い女性にご飯を食べさせてもらう。
はい!あ~んっ♪なんて♪(笑)

そして…お風呂まで一緒に入っちゃって♪

さらには…大事なところまで、あんなことや…こんなことされて♪

最後はオムツはかされて…寝かしつけられました。

あれれ…!?

何かがおかしい?

はい!自分が爺さんになって…介護施設で生活してる夢でした(笑)

ちょっと変わった落とし物

ちょっと変わった落とし物
ちょっと変わった落とし物
ちょっと変わった落とし物
今日は少し天気が良いので…
散歩がてらにTSUTAYAまで歩いて行った。

普段車を使うと、僅か10分ほどの道のりだけど…
ゆっくり歩いてみると、普段なら流れるだけの景色の中に…いろいろな物を見つける事ができた。

まず一枚目の写真は…どこかの会社で制作されたカッパ?らしき雪像。
それだけなら驚きはないのだけど…
頭の上に飾られた『花』の妙なミスマッチが可笑しくて…
しばらくの間見入ってしまった(笑)

そこで…私の面白スイッチに火が入った。

見る物見る物が…ふざた想像で可笑しなる。
ラブマシーン…
バイクや除雪機を扱ってる店なんだけど…ついつい、デッカイ大人のオモチャでも売ってるのかな?とか…
川で鴨が空を飛べば、現実に鴨がネギ背負って飛んでるのを想像してみたり…
橋の上の男性の裸体の銅像には…エリンギでも付けたら面白いかも?など…
どんどん面白バカモードが加速していく。

もっと面白いものないかな〜なんて探しながら歩いていたら…

神様も粋な計らいをするもので…
道路側の雪山に自動車のマフラーが落ちていた。
流石にそれはないだろっ♪って1人で突っ込み入れて笑っていた。

今日は久しぶりに腹が痛くなるほど笑った。

何だろな〜
普段当たり前とか、常識って固定観念外してみると…
意外と世の中って面白いな〜なんて想えた。

辛い事も楽しいことも…自分の心ひとつなんだな〜って改めて思った。

人生真面目に生きることは大切だけど…
それだけじゃつまらないね♪

ほんの少しの遊び心があったら…心に余裕が生まれて、人生楽しくなるかもね♪

裏切りって何だろう?

裏切りって何だろう?

裏切り・・・それは、人が人と関わっていく以上けして避けては通ることの出来ない道だとも思える。

どうして人は裏切られた?と想うのか?思うとしたら・・・それはどんな時?

辞書で「裏切り」を調べてみた。
味方を捨てて敵方についたり、約束、信義、期待に背いたりすること。

個人的には、昔のイメージならば・・・信頼していた仲間から、無防備な後ろから切りつけられて
命を奪われる・・・的な感覚かな?と思った。

まず、最初から不幸にも、人をだまして食い物にしてやろう!という人と出会ってしまったならば、
それは自分に付け入られるスキがあったと反省し、これかの教訓として大切にして欲しい。

そういった人でなくとも「裏切り」という場に出会うことはある。

人が裏切りにあったとき、いったいどんなことを想い、考えるのだろう?

信じていたのに・・・どうして?約束していたのに?

きっと何かしらのパートナーと、約束なり、価値観を共有していたことだろう。
人を信じ、この人となら・・・きっと上手くやっていけるだろう・・・

その期待が自らの想い通りにならないとき、人は裏切られた!と感じるのではないか?

ただ考えてみてほしい。
人は生まれて育ち、けして誰一人として・・・全て同じ環境で同じように生きた者はいない。
必ず人と人の価値観は違う。

あと、自分の想っていることをうまく言葉に表現して、そしてストレートに伝えることが出来る人がいる。
しかし、その逆で・・・心の中に想っていることをうまく伝えることの出来ない人もいる。

言葉の表現方法の違い、受けての感じ方の違い、沢山の壁が存在する。

どうだろう?全て自分の話している言葉が・・・きちんと本音という人はいるかな?
小さい子供ならまだしも・・・そんな人はいないだろう。

だからと言って・・・感情を出さない人間に感情が無いわけではない。

本音と建前のギャップが小さな溝を作り、意思や価値観の違いが・・・本当に少しずつだけどその溝を深くしていく。
そしてその溝が・・・どうしても深く広く埋めることが出来なくなったとき
人は人との決別を決断する。

決別される側と、決別する側との心の温度差、それを裏切りと感じるのではないだろうか?

私も人から裏切られた経験がある。

もっとも信頼していた人・・・だったはず。

もう人なんて・・・絶対に信じられない!とも想った。
泣いて、泣いて、自分が死にたい!とも想ったし、相手を殺したい!とも想った。

時間をかけていろいろ考えてみた。

全て自分のしたことが無駄に思えて・・・悔しくて辛くて。

ふと気付いた。

全ては自分の行動が招いた結果なんだと。

一つ一つ閉ざしてしまっていた過去に目を向ける。

今までの価値観とは違った視点で過去を振り返ってみる。

自らが正しい!と思ってやっていた自分の行動・・・

相手の立場に立って考えてみたら、あれ!??という違和感を感じるようになった。

そこから自分の中の何かが変わり始めた気がする。

失敗や悔しかった、辛かった過去を・・・そのまま心の中に封印していまう人はいる。

確かに、辛い過去を振り返るのは・・・本当に苦しくて、はらわたをえぐり出されるような苦しさがある。

そのまま消しゴムで何もなかったかのように、消してしまえたら・・・どんなに楽だろう、なんて想ったこともある。

ただ・・・私は、それは勿体無いと想う。

苦しいこと、辛いこと、失敗や後悔の中には、必ず次に繋がる「学び」と「変化」のチャンスが隠されているから。

そうは言ってみても・・・やっぱり私だって人間だし・・・ついでに人より臆病なヘタレ。笑
辛いことからは逃げたいし、苦しいことは避けて通りたいと思うよ。

でもね、変化のチャンスがあるってのは本当!

実際に私自信が体験したことだから♪笑

以前の私は・・・そりゃ~もう・・・わがままで我を通したい放題♪人とは損得勘定の付き合いしかしないし、
プライドばっかり高い。
まさに・・・どらえもんに出てくる、リアルジャイアンに近かったかもな。笑

言ってて恥ずかしくなるけれども・・・そんな人間でも、自分が痛みを知って、考え・・・人の痛みを知り
変わることができた。

人間の生き方なんて、そうそう簡単に変えられるものじゃないけど・・・
少しずつでも目の前の何かを変えていけば、これから先は大きく変わっていくよ♪

裏切りったって・・・
裏切られないように~とか、裏切らせないように~なんて、裏切りにビビッて生きるんじゃなく

それは人生の中の、ほんの少しの通過点♪と思えたら心が楽になる。

どんなに自分が頑張ってみたところで・・・去るものは去るし
どうにもならないことだってたくさんあるもの。

どんなことも・・・全て人生の通過点と捉えて、貴重な経験と想い、
何にでも心を新たにチャレンジできた方が・・・絶対に人生は楽しい♪

考えてみりゃ~私の34年の人生なんてアッという間の出来事。
残りの人生だって・・・振り返ってみれば、あっという間のことだろう。
せっかく一度の人生、人を信じれず裏切りに怯えて生きるなんてもったいない♪

それに、人との出会いが増えれば・・・必ず自分に近い価値観の人だっているはず。
あとはどんな縁を引き寄せるかは、自分の生き方しだいだね。

心から人生を楽しんで、毎日を笑顔で暮らせりゃ
同じような人との縁もきっと増えていくはず♪

まだまだ言っているほど実行できていないヘタレな私だけど・・・
10年先、20年先の自分が・・・もっともっと人生を楽しんで生きていられるように
今出来ることを、少しずつコツコツ積み上げていこうと想う。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »