2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

ポジティブ(前向き)になるために

ポジティブ(前向き)って…

普段から意識しないで出来ている人って…どれくらいいるのだろう?

なかなか…この不安だらけのストレス社会で、前向きに生きるって難しいよね。

環境に社会…政治と、いろんな不安を上げればきりはないけど…

まず、自分の生き方をしっかりすることだよね。

『生き方』っていうと…響きが重くなってしまうね(笑)

生き方って…簡単に言えば、1日1日の積み重ね。

1日だって…『今』一瞬一瞬の積み重ね。

その今という…一時を大切に出来なくては、充実した人生って難しいのでは?


人生って…ある意味楽しんだ者勝ち、やったもん勝ちだよね?

そうは言っても…
人は誰しも失敗を恐れて行動する事をためらう。

失敗しないためにと…考える。

考え過ぎると…動けなくなる。

自己嫌悪(笑)


そんな時は…ちょっと『前向き』に考えてみて♪

出来ない(やらない)自分を責めるのてはなく…

ちょっとでも、何かをした(頑張った)自分を…

『自分自身』で褒めてあげて♪

人って…他人から褒められたがるけれど…

自分で自分自身を褒める事も大切。

そして…自分自身を好きになること。


自分を好きになれない人は…人を好きになれない。

たくさんの人からもらった言葉。

最初は…そんなことはない!と否定してはいたけれど…
最近は~そうかもな?と、少し何かが見えかけてきた。


えらそうなことを言ってはいるけど…
私自身、まだまだこれから。

今はある意味実践中だね。

こうして…文章に残すことで、自分への再度の問いかけになるから。

そして…この文章を見た人が、ほんのちょっとでも『何か』を感じてくれたら嬉しく想います。

せっかく一度の…一度きりの人生。

悔いなく、生きてて良かった♪と想えるよう、今この一時を大切にしてもらいたいと想います。

2011室内家庭菜園③

2011室内家庭菜園③
2011室内家庭菜園③
2011室内家庭菜園③
2011室内家庭菜園③

前回から…かなり時間が空きました

あれから…残念なことに、スナックえんどうの苗が全滅
だんだん…葉の色が薄くなってきたな〜と思っってたら…枯れてしまいました。

それ以外の苗は順調に育ち、ミニトマトは花が咲いて…ふとみると、トマトの実が一個膨らみだしていました♪

ナスとピーマンも花が咲き出したので…これからの成長が楽しみです

後は去年習慣したひまわりの種を使って…今年はさらにひまわり畑の本数を増やす予定

去年は…道を通るたくさんの人達に笑顔をあげたんだろうな〜
今年もたくさんの人達が少しずつでも幸せ感じてくれると嬉しいな♪

ISS国際宇宙ステーション見えました♪

国際宇宙ステーション見えました♪

今日の旭川は夜まで快晴

19時前の天気予報を見ていると…
昨日札幌上空でISS国際宇宙ステーションが見れたとのこと

今夜も…20:30~から見えるとの話しがあり…
もしや旭川でも見れるのでは?と時間を合わせ…近くの堤防へ徒歩で向かう。

しかし…もってこようと思っていた双眼鏡を忘れ、家にとりに戻る…

ISSが見えるのは四分間ほどとのこと…
ダメかも…?
半ば諦めかけたが、自転車で急ぎ向かってみた…

堤防に到着して夜空を見渡す。

ここから見える空は360度の大パノラマ♪

旭川は盆地で周りに高い山もなく…
高層ビル群も少ないので空が広い

ふと北の空を見上げると…
そこに一等星以上に明るく輝く光を見つけた

光はゆっくりと東の方へ向かい移動していく…
残念ながら光量不足で携帯のカメラでの撮影はできなかった

時間にして…ほぼ四分間くらいだろうか?

ISSは…東の空へ消えていった。

宇宙からみえる日本はどんな姿なんだろうか?

きっと…旭川はちっちゃな点くらいにも見えないんだろうな(笑)

そんな小さな中で生きてる小さな私。

最近いろんな悩みはあったけど…
私の悩みなんて…地球や宇宙の大きさに比べたら些細なもの。

満点の星空を眺めながら…
少し肩が軽くなった気がした夜でした

最近意識していること

ここ最近…私は『良い笑顔』を出来るように意識している。

これが…笑顔っても簡単じゃないんだわね

何か楽しい事があってでる…自然の笑いは皆素敵なんだけど

ちょっとでも…無理に笑おうなんて思ったら…引きつったおかしな顔になるのがオチ(笑)

そうはいっても…
接客の仕事でもしてない限り、普段から笑顔を心がけることはないと思う。

接客やってたって…仏頂面の人だってたくさんいるからね。

普段…意識してなかったり、考え事してたり…何かに集中してる時って特に仏頂面になりやすい。

笑顔って簡単じゃないけど…
やっぱり笑顔が自然で素敵な人って魅力的じゃない?

いくら顔が整っていても…いつも仏頂面の人には近寄りずらいもの…

ちょっと顔のつくりがまずくても…
普段から笑顔が素敵なら、3割り増しくらいで良く見えるもの

私のような…イケメンが普段から笑顔だったら、まさに鬼に金棒だわね♪

ん!?

突っ込みはいらんぞぃ
自分でいうのはタダじゃい!(笑)

今日も…外で工作やりながら、笑顔の練習をしていた。

すると…通りがかりのオバチャンが…

あら♪楽しそうね♪と声をかけてくれた(笑)


また…私のファンが増えたな(笑)

オバチャンと動物にはモテモテだからね♪

あら♪私のこと…ちょっといいな~♪なんて思ったあなた!オバチャン入ってるかもよ?(笑)

笑顔のコツは…口角(口の外側)を少し上げるイメージ。
あと…少し目尻を下げる。
あとは…人と対する時には、少し歯を見せると柔らかいイメージになるかな?

私が理想とする自然な笑顔は『西田敏行さん』のような優しい笑顔。

笑う門には福来たる♪じゃないけど…
笑顔が自然に出来る人の周りには自然に人がよってくるもの。

あなたも…素敵な笑顔で、素敵な縁をたくさん引き寄せてみてね♪

次作品下書き

次作品下書き
次は…何をつくろうか?

これって…インスピレーションみたいのあって…
何かの拍子に、ふっと降りてくるんだよね

それ以外は…足掻いても足掻いても全然良いもの出来ない(笑)

デザインだけやって…文字の肉付けまで、凄く時間かかるのもザラ

仕事立て込んできたら…母子がやられてるから、鉛筆やカッターも扱えないし(笑)

今回は…なかなか出来そうで出来ない、『自分を好きになる』を文字にすることにした。

自分を大切に出来ない人は…人も大切にできない。
何時言われた言葉だな…

わかっちゃいるんだけどね…
こんなワガママな生き方についてきてくれるのは、自分の身体だけだってのもわかってる。

何だけど…
考えすぎると…
自分が小さな人間に思えて悲しくなるんだわね。

昔は…井の中の蛙の天狗ちゃんだった時期もあるけどね〜
どっちが幸せなんだかね(笑)

ま〜これからは、少しずつでも…自分を好きになって、自分に自信をもてるよう頑張りますよ(笑)

心は自由人

心は自由人
心は自由人

どんな環境にいても…人の心は誰にも縛ることはできない。
そんな想いをのせた言葉。

人間生きていると…本当に不自由な事が多い。

そんな中にあっても…人が何を想い、考えるも、それだけは自分のものだと想う。

雲のように…何にも縛られず、ふわふわと自由でいられたらいいのに…

この身がある以上、それは叶わぬこと。

だからこそ…せめて自分の心だけは、自分らしくありたいと強く想う。

勇気のいる一瞬

勇気のいる一瞬

誰しも…こんな時は、かなり勇気が必要になるのではないだろうか?

私は今回…久しぶりに自宅で体験することになった。

それは…

シトシト雨の降る少し肌寒い夜中の出来事だった…

体を中心に重くのしかかる圧迫感で目が覚める…
外はまだ暗い。

こんな夜中に目が覚めるなんて…
嫌な予感を振り払らおうと…必死にもう一度眠りにつこうと心みる。

しかし…この時はそれが許されなかった。

一筋の雷鳴が体を駆け巡る!!

ま…まずい!

雷鳴と共に全身を襲う痛みは…だんだん体の自由を奪っていく。

眠りへの努力を諦め…トイレへと向かうぎん。

必要以上に我慢したことが祟り…迫りくる嵐を抑え込むのは大変だった。
一歩…一歩慎重に階段を下りていく。

少しでも油断すれば…そこは修羅場と化すことだろう。

ようやく長かった旅路を終え…便座に向き合う。

もう…一刻の猶予も無い!
すでにシャトルは降下準備を終え、大気圏に突入する瞬間を待ち構えている。

溢れくる衝動を必死に抑え…フタを開ける…

しかし!そこには!!

便座カバーがない!!

し…しまった!

夜に便座カバーを洗濯して…新しいカバーを付け忘れていた。
もう…新しいカバーを取りに行く余裕は全くない。
頬を伝う嫌な汗が…括約筋の壮絶な戦いを物語っている。

この冷え切った便座に座るのは凄まじい勇気が必要だ。

しかし!もう…覚悟を決めるしかない!

便座に後ろ向きに構え、呼吸を整え気合いを入れる!

せぃっっっつ!!


はうっっづ!!


冷気が稲妻のように…一瞬にして脳天の先まで走っていった。
その瞬間!

まるで亀が頭を触られた時のように…
爆発的衝動が…体内へと引っ込んでいってしまった。

い…今までの戦いは何だったのか!?

悔しさと虚しさに打ちひしいがれながら…
トイレの窓から空が白じんでいくのを眺めるぎんだった(笑)

屈斜路湖とコタンの湯

屈斜路湖とコタンの湯
屈斜路湖とコタンの湯
屈斜路湖とコタンの湯
屈斜路湖とコタンの湯
屈斜路湖とコタンの湯

今回は北見での仕事ついでに…屈斜路方面へ一人旅。
仕事のみで旭川〜北見(約170キロ)の移動は勿体無いので…車中泊で野外露天を楽しむ事にした

初日は快晴の美幌峠

私は遊歩道とは別に
向の丘に登るのが好き♪
人もなく…柵もない屈斜路湖を望む大パノラマは、自分が大地や風と一体になれた気持ちにしてくれる。

そんな絶景の中…食べるオニギリが最高にうまい♪
ただ…この日は風がハンパなく強く、若干…鼻水の分の塩味が強く感じられたきがする(笑)

それから弟子屈へテツ(犬)に会いに行く。

テツは…美幌峠に捨てられ、真冬には-30℃近くなる極寒の冬を3シーズン生き抜いた犬。

興味のある方は…YouTubeで『美幌峠テツ』で検索してみてね♪

テツとの楽しい一時を終えて川湯へ
ここには無料の足湯がある

ただ…この日はお湯がぬるくて、浸かっていても外気で震えがくるほど寒い
真っ裸でお湯に浸かりたいとこだけど…
ここでやったらお巡りさんがきちゃうからね!ガマンガマン(笑)

夜に乗っ込みの仕事を一件終えて…本命の『コタンの湯』へ

屈斜路湖を大パノラマで見渡せる無料野外露天
この時は…たまたま一人で貸切状態♪
梟の鳴き声をBGMに満点の星空を眺め…温泉に浸かる。
最っ高の贅沢だよね♪
ポカポカに温まったところで…砂湯の駐車場で車中泊。
空を眺めると…星の絨毯だった。

しか〜し!天気が良いということは…
放射冷却で地表の気温がガッツリもっていかれる!

案の定…寒くて朝方目が覚めました(笑)

そこで朝の三時から…またコタンの湯に入りにいく。
夜明けと共に湖が姿を表し…山にかかる雲が、まるで大地が生きているような…大地の息吹きを感じた

それから峠で軽く仮眠をとり…
北見で奥様方三人を終了して完了

帰りは流石にフラフラ状態だったけど…
久しぶりに大地の力を充電出来ました

明日からまた頑張るぞい♪
110602_033902.3gpをダウンロード

自由と責任は一対のもの

自由と責任は一対のもの

最近…ニュースを見る度に想うこと。

大きなお子様が多すぎる。

誰しも…何をするもしないも、言うも言わないも自由。

自由とはなにか?

『自分の意のままに振る舞うこと』

辞書で調べたら…こんな言葉が出てきた。
何だか…ぬるい世の中だよね。
ほんの…100年も前の時代だったら、何か公の場所で…一言物事言うにも自分の命を張らないといけない時代だったのにね。

社会保障だってまともにないから…好き勝手やって、食えなきゃ野垂れ死ぬしかなかった。

自分が好き勝手やるからには…いつどこで野垂れ死ぬかもしれない。
自分のやることには『命』という責任がかかる。
だからこその自由だったんじゃない?

『責任』をとれない自由なんて…
私はただのワガママだと思う。

日本を代表する政治家の先生たちが…
公の場を使っての『無責任』なだだっ子ぶり(笑)

それを見て育った子供達が…正しく育ってくれるのだろうかね?

良識ある大人の人達…
もう一度『責任』についてしっかり考え、これから国を担っていく国の宝の子供達に…しっかり伝えて欲しいと想う。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »