2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今は今で良い。 | トップページ | 2011年9月「中村文昭」氏講演会 »

誕生日という言葉に想うこと

最近「本田美奈子さん」の歌を知った。

うわさ程度に知ってはいたけれど…彼女がこんなに凄い人だったとは知らなかった。

38歳という若さにして白血病に倒れる。
その闘病生活を再現した映像に涙が止まらなかった。

彼女がその中で…自分の誕生日を「お母さんが産んでくれた日」と言っていた。

はっ!と自分の中に何かが走った気がした。


誕生日というと…

誕生日を迎えた人が、お祝いをされるのが普通の感覚だった。

しかし…

それを「産んでくれた」と別の感覚でとらえていた彼女は凄い!と感じた。

そうだよな…
産まれた。

自分が勝手に育って勝手に産まれてきたわけではない。

母が10月10日愛情をかけて…私の命を守ってくれて、育ててくれて…

そして、とてつもない痛みを乗り越えて…私をこの世へと送り出してくれた日

そんな苦労をしてくれた「母へ感謝」するべきなんじゃないかな?


お母さんありがとう…


普段言いなれていない人には、照れくさい言葉かもしれない。

でも…言葉で伝えることでしか…人の想いは伝わらない。

普段言うのが照れくさいなら…

自分が産まれた日。いや・・・

母が自分を生んでくれたこの日に、その想いを伝えてみるのも良いかもしれないね。


勇気をだして言ってみて…

お母さん、産んでくれてありがとう!と

きっと…想いは伝わるはずだよ♪

« 今は今で良い。 | トップページ | 2011年9月「中村文昭」氏講演会 »

生きるための、ちょっといい気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日という言葉に想うこと :

« 今は今で良い。 | トップページ | 2011年9月「中村文昭」氏講演会 »