2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 自分が悩んでも世の中は変わらない | トップページ | 猛吹雪「ホワイトアウト」② »

猛吹雪「ホワイトアウト」①

今日は…仕事でお世話になったお得意様に
一年の感謝の意味を込めて…お歳暮?に何か美味しいものを♪とお思い
旭川から70キロほど離れた「小平町」へ海産物の買出しにでかけた。

旭川から沼田付近までは超快晴!
最近雪の日が続いていただけに…とても気持ちがよかった。

ところが…
留萌を迂回して山を通る道から…海沿いへ向かう途中。
空の様子がおかしいことに気付く。

左半分が凄まじく背の高い雲に覆われ、下のほうでは…
まるで竜が飛び回るように筋になった雲が激しく動き回っている。

かと思えば…
右半分のそらは薄い青?いや…まるでエメラルドグリーンを少し薄くしたような色。
私は…空があんな色になるのを始めてみた。

美しい…というより、どこか背筋が寒くなるような不気味さを直感的に感じた。

海が見える場所にくると…
西から南にかけての空は真っ暗なのに…波は不気味なくらい凪いでいた。
嵐の前のしずけさか?

浜に着き、なじみの店で買い物。
残念ながら…今日はあまり良いものはなく、海沿いを15キロくらい?離れた「増毛」までいってみることにした。

このときの判断を後で悔やむことになる。

留萌の町を過ぎ…
増毛の5キロ手前辺りを過ぎた頃、天候は一変する。

まるで…小魚が大きな鯨にでも飲み込まれるのか?と想うような…
まさに真っ暗な「闇」が大きな口をあけて私たちを飲みこもうとしていた。

徐々に強くなる吹雪。
しかし…吹雪と雪道は雪国の常、それほどあわてることはなかった。

今回違ったのは…
日中のまさに13時昼間。
それが…一体がいきなり真っ暗になったこと。

日中の吹雪なら…明るい光の乱反射と吹雪と積雪で、視界が「真っ白」になるホワイトアウトはあるけれど…

今回のはまさに「ブラックアウト」?という表現が似合う。

増毛の手前にある「箸別」という地域を越えれば…増毛はすぐそこだ。

しかし…ここで自然はまさに牙を向いた!

カーブをしながら上りになっていく路面…
そこへ海からの激しい風が吹雪と共に降り積もった雪をさらって地吹雪を共に起こしていく。

一瞬にして視界が奪われる!!

この時…
5台ほどの車列で私は最後尾を走っていたけれど…
一瞬にして、10メートルほど前の車のテールランプが見えなくなる。

こうなっては…時速は10~キロほどの徐行に近いノロノロ運転。
それでも時々、自分がどこにいるのかさえ見失ってしまうほどだった。

途中からは…車同士が接触事故を起こさないように
どの車もハザードランプを上げながら走行していた。

普段ならば…5分もあれば到着できる道が
この時ばかりは、果てしなく長い道のりに感じた。

« 自分が悩んでも世の中は変わらない | トップページ | 猛吹雪「ホワイトアウト」② »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猛吹雪「ホワイトアウト」①:

« 自分が悩んでも世の中は変わらない | トップページ | 猛吹雪「ホワイトアウト」② »