2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年を振り返って | トップページ | 心のすれ違い② »

心のすれ違い①

あけましておめでとうございます。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。

最近、年末年始は札幌から両親がうちに来て、何日か泊まっていくのが恒例になっていた。

仲の良い親子…のように傍からは見えたかもしれないけれど
昔を思い出すと、本当にいろんなことがあった。

今だから笑って言える話だれど…
私は親に対して何度さついを抱いたかわからない。

それでも…親もいろいろな苦労をして、
変わってくれたので、良好な関係にはなっていた。

しかし…実際は心が通っていなかった。

今回の年末年始は、ある意味私と両親にとって一つの節目となった。

今回、とある会話がキッカケで…母親と断絶の危機になった。

しかし…そのおかげもあってか、私は普段は冷静に話をするのだけれど
今回は感情を爆発させた。

35年分の想いを母にぶつけた。

驚いていたな…

私がそんなに一人で辛い思いをしていたなんて…気付けなかったと。

私も…母がそんなに心配して、私を想っていてくれたなんて
考えもしなかった。

お袋は…弱い人。
そう私は想っていた。
いや…若い頃みた母親は弱かった。

いや…親父に踏みにじられ、信頼できる父親を早くに亡くし
母親とは断絶状態。
親父の親にも大切にしてもらえず…頼る人もいない。

そんな中で…若い一人の女が必死に耐えていた。

それを私は子供のしてんからでしか知りえなかった。

でも、それをしっていたからこそ…
母に甘えることもできなかったし、
傷つけてしまうような「心の底の本音」を話すことができなかった。

たくさんの話をした。

10年以上一緒に暮らした相方との別れ。

母は…時々心配して「大丈夫か?」と声はかけてくれた。

しかし、毎日泣きながら…私の身を案じていたなんて夢にも想わなかった。

« 今年を振り返って | トップページ | 心のすれ違い② »

生きるための、ちょっといい気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心のすれ違い①:

« 今年を振り返って | トップページ | 心のすれ違い② »