2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

前を向く魔法の言葉

前回のブログ日記の中で…

沖縄に伝わる言葉「なんくるないさ~」というのを書いた。

この言葉って、人間が前向きに大切なことが凝縮されていると想う。

何でか?

人間は…本来臆病な生き物。
自分の知らないこと…見えないことに対して「恐怖」抱く。

原始の頃ならば…明かりが無い暗闇は、自分を襲う敵が潜んでいるかもしれない?

そんな、「見えない何か」に対しての恐怖は、遺伝子の中に組み込まれていると想う。

今の現在でいうならば…
不景気で先の見えない経済、生活、政治…
いろんな要素があると想う。

どう考えても…楽観なんてできる状況ではない。

ある意味これも、見えない将来(何か)への恐怖になるよね?

あと、日常で例えるなら…
自分の知らないことって、結果がどうなるかわからないから…
ある意味恐怖の対象になるんじゃないかな?

人によっては、それが「楽しむ」という前向きにな対象にできる人もいるだろう。

でも…皆が皆、そんなに度胸ないし…前向きになれるほど強くはない。

かくいう私も、もちろんその一人。

ヘタレで言えば…日本代表になれんじゃないの?ってくらいの臆病者。笑

臆病だからね~
新しいことを何かやろう…いや、やらなきゃ~と想うと
必ず、めいいっぱい考える。

自分なりの結論を出すまで動かない。動けない。

考え付くのは自分の中と言う、小さな枠の中だけ。
どうなるかわからない分、対処法も山ほど考えなきゃいけない。

疲れる…じゃ~やらない!笑

ね?臆病でしょ?

このヘタレのおかげで…どれだけ人生のチャンスをフイにしてきたことだろうか?

そんな自分を振りかえってみると、一つのことに行き着いた。

私は…

何かをやる前から「結果」を気にしすぎる。

上手くいかなかったらどうしよう…
そう考えると、想いきったことはやらず誰でも出来るような無難なことしかやらなくなる。

これって…ある意味生きるには安全だけれど

つまらなくない??

誰でも出来ることを…無難にやり遂げた人生。

はい!最後のときがやってきました!
自分の人生をふり返ってみてください。

どう??

自分…何の為に生きてきたんだろう?
あ~…もっといろんなことやっておけばよかった…

はい!終了。

寂しいでしょ?

そうならない為に♪
魔法の言葉「なんくるないさ」(なんとかなるさ)

この言葉はね
なんも努力しないでも…何とかなる?ってんじゃないよ。笑

物事をやるだけやったら~あとは何とかなるさ♪って意味

何とかなる。
そう…結果を求めてないんだよね。

だってね、結果なんて…自分でどうしようもないんだもの。

自分では10頑張ったつもりでも
周りの評価は8かもしれない…もしかすると12かもしれない。

そんなの、自分が決めることじゃないし
周りに想って欲しいと想ったところで…自分が想うようにいくはずもない。

だったら、うまくいかないから…自分はだめだ。となると…新しいこと何にもできなくなっちゃうでしょ?

それよりも…
自分はやるだけのことをやった!後は…何とかなるさ♪と

また…何かを始めるのに「何とかなるさ」と前を向いて歩きだせば…
どんどん自分の生き方は広がっていくよ。

何かやりたいけれど…その一歩が踏み出せない人は
一度自分と向きあってみるといい。

そして、自分が臆病で結果を恐れる人ならば…
自分に「なんくるないさ~♪」

「まずやってみようよ♪」と後押ししてあげれば良いよ。

講演会での学び

昨日、お世話になっている先生に誘われて「マヤ暦」という講演会に行ってきました。

マヤ暦…古代マヤの…うんたらかんたら…

はい!解らないので終了!笑

感覚的には、生年月日からその人の運命を導き出す
中国の陰陽五行からの流れを汲む、個性学に似ているな~と思ったね。

さて、マヤの話は置いといて…

講演された「越川」氏
この方がなかなか良いことを言ってんです。

まず「心配事=執着」
どういうことかというと…?

どんなものでも、自分の物だと思うと「執着」がわく
例をあげると…
子供は天からの授かりものではなく
「預かり物」

人間…預かったものは大切にしようと想いますよね?と

ここで笑のネタに
会場の方から…
客「うちの旦那も預かり物ですか?」と

先生「そうですね…大切にしてあげてください」

客「じゃあ…旦那は返品できますか?」

会場が爆笑に包まれた。笑

あと、人は…人を愛すれば愛するほど「執着」が沸く
愛したこと、尽くしたことも…覚えていれば全て執着になる。
それは、多ければ多いほど…自分が引きずられてしまって
結果自分が不幸になる。

愛したこと、尽くしたことを忘れる。
それが執着をなくして、自分の心を軽く、幸せになる道。

幸せになるためには
「望まず、変えようとせず」

人を変えようとすれば…うまくいかずに不満が溜まる。
自分がまず変わるべきなんだよね。

それと「愛」についても話していた

愛とは「許すこと」

相手を認め尊重することで…自らの「我」をなくす。

確かにね…
以前の自分を振り返ってみると、それがよく解る。

どうして…あんなに人の為に頑張ったのに、尽くしたのに解ってくれないんだ?
な~んて考えている時は、「執着」で自分を縛り付けて、自分で自分の首を絞めていたね。

だって…どれだけ自分が頑張ったって、想ったって、「感じる」のは「相手次第」だもの。
自分が150%頑張ってみても、相手に伝わっているのは50%くらい!?なんてザラにある。
そんなの…自分が捉われているだけ惨め!

ならね~   そう!     忘れてしまうのが一番よ♪

それがある意味「許すこと」かもしれないね。

あと「心配」もある意味執着だと言っている

心配性の人=結果を気にする人

やる前から結果を気にしすぎるから、行動ができなくなってしまう。
ある意味それもストレスの一つだね。

ストレスを減らすためには?
クリスチャンの発想が参考になると

クリスチャンは、一生懸命やれるだけのことをやったなら…
結果を天に任せる。

おぉ!沖縄の「なんくるないさぁ~♪の考え方に似てるね。

だから…沖縄の人は、生活の中でのストレスを減らして
長寿の県になっているのかもしれないね。

あとは
ありがたい⇔当たり前

どんなにありがたいことでも、それが日常になってしまうと
人は「当たり前」と想い、感謝の心を忘れる。

だからこそ…失ってみて始めてしる、なんとやらってとこなんだろうね。
その大切さは…うん。つくづく実感したよ。笑

普段の日常で…それを感じるのは難しいかもしれないけれど
ある意味「苦労」というのは、その感謝の気持ちを忘れない為の
神様のプレゼントなのかな?
なんて…最近少し前向きになれつつある私は想うのです。笑

越川氏の話の中では…
ちょっと解らない専門用語があったりもして

マヤの詳しい知識があれば…
いろんな人間の役割やしがらみなんかも説明がついたりするので
解るようになったら面白いかな?と感じたね。

ともあれ
いろんな人との更なる出会いもあって
まだまだ自分は小さく未熟だな~と感じたのも一つ。

さて、今日も「なんくるないさ~」の精神で
前を向いて、自分にやれることを頑張っていきましょ♪

自分の役割

いろんなことが上手くいかなくて…空回りして
人とのコミュニケーションもうまくとれない時期って誰しもあると想う。

そんな時って…

自分は役に立ってるの?
自分なんていても…意味無いんじゃない?なんて思うこともあるのではないだろうか?

正直…私は何度も体験した。

自分なんて生きているだけ無駄じゃない?
私なんていない方が…周りの人に迷惑かけなくて良いんじゃない?

なんて…しまいには最悪な考えまで湧き出してくる。

一度そんな思考にはまりこむと…どんどん暗闇に落ち込んでいっちゃうんだわね。

誰かの…何かの「役に立つ」

そう言うと、ちょっと大げさな重い感じになってしまうけれど

それはけして大きいことでも、難しいことでもない。

人によっては…ただ存在するだけで、誰かの心の拠り所になっていたり
この人の為に頑張ろう!と、頑張る糧になる場合だってある。

それにね
本当に必要じゃない関係になれば…実の親子だって縁は切れる。

だから
自分が今そこにいる。
それに誰かが関わる…それだけでも、何かの役には立っていることになるのね。

それで満足が出来なければ、ちょこっと自分に出来ることをやってみればいい。

例えば…お金や物といった形のことじゃなくても
自分が相手にしてもらって嬉しいこと。

笑顔で挨拶する、相手の話をしっかり聴く、ありがとうと言葉に出して感謝する。

どれも体が不自由だって、よほどのことが無い限りできること。

小さいことではあるけど…
これだけでも人は幸せを感じることができるもの。

お店に行って…
挨拶もしない無愛想な店員と
明るい笑顔で挨拶をくれる店員。

同じ買い物をしても…心の充実感は全く違うでしょ?

それだけじゃ~物足りない人は、また自分に出来ることを少しずつ探していけばいいんじゃないかな?

そう考えると
どんな人もダメな人なんていないし…
小さくても 出来ることは必ずある。

そこには自分の役割があって、生きている意味があるんだよ。

誰しも…きっと一度は考える時期があると想う。

そんな時に、ちょっと思い出して欲しい言葉でした。

楽しむにも努力が必要!?

私の日記ブログ内でも…「楽しむ」ことが大切
みたいな話は何度かしたと思う。

でもね…
よくよく考えてみると

「楽しむ」って…

これもやっぱり、言うは易し行うは難しなんだよね。

出来ている人は簡単に言うけれど…
どんな人も出来ないから足掻いている。

そう考えると…楽しむって~
遊ぶくらいの気楽な感覚にも思えるけれど…

普段出来ていないことを出来るようにならなきゃいけないのだから…

やはり…できるようになれるには「努力」が必要だね。

努力って言うと

あ~重い!といきなり体に蕁麻疹と拒否反応が現れる人もいるかと思う。笑

けど
そんなに重く考えないでもらいたい。

ようは…
普段の常識から

ちょこっとだけ…変化をつけて、それを繰り返す。

すると…
新しい常識の出来上がり♪と、こんなものだよ。

そのちょっとがね~なかなな意識しないと出来ないし
新しいことやるのは勇気いるし…
元気も無いとできないし~と

出来ない理由を挙げれば山ほどある!笑

んな難しく考えることない。

ちょっと、ほんの一つ、今までの自分と違うことすれば良いだけ。

ただそれだけ?
うん♪それだけ。笑

例をあげれば

どこかの目的地に行こうと思うなら…
ただ真っ直ぐに脇目もふらず、寄り道もせず、たどり着くのか?

どこかでちょこっとだけ休憩しれて、一分間空を眺めてみるとか。

後は…そこで「自分が何を感じるか?」なんだよね。

その「ちょこっとの変化」を繰り返す。それが…楽しむための努力。

人によって考え方も感じ方も違うので、いろいろな方法があると思うけれど…

日常が楽しくない!辛い!苦しい!と思う日が多いのならば…
試してみる価値はあると思うよ♪

人生は泣いても笑っても一度きり!
楽しまなきゃソンソン♪

楽しんだもの勝ちよ。

「うまい!」は幸せ楽しみ上手

何かを食べていて「うまい」と言いながらニコニコ食べる人と
ムスッと何も言わずに食べる人。

見ていて どちらが幸せそうに見えるかな?

人を見ていると解るように…相手から見た自分も同じだと思う。

それと
何も言わずにモグモグと無表情で食べるより
うまい!うまい!と言いながら食べるほうが…
多少まずくても、本当に美味しく感じてくるもの
(無理な時もあるけれど…笑)

言葉に出すことで、自分に暗示をかける効果もある

人は不思議なもので…「心」で感じたことを「体」で感じたことのように
錯覚することもある。

だから「心」に対して、自分の言葉で想いこませる。

これはうまい!だから…うまいものを食べている自分は幸せだと。

それに 一緒にご飯を食べに行って…ブスっと無表情で食べる人より
うまい!うまい!と笑顔で幸せそうに食べる人と一緒に
ご飯を食べるほうが、幸せな気分にならないだろうか?

お高いフレンチの高級レストランなら話は別だけどね。

照れ屋の人なら、人前では「恥ずかしい」と思うかもしれないけど
見ている人がどう思うおうが…自分に何かしてくれるわけではない。

それより、食べている自分、料理を作ってくれた人、一緒に食べる人
そうの人たちが暖かい気持ちになってくれるほうが 大切じゃないだろうか?

小さいことだけれど…
これも自分ができる一つのことなんだな~と想いました。

楽しむ発想

何かを頑張ることは大切

一生懸命に何かに打ち込むのって本当に素敵なことだと思う。

そんな何かを見つけられたら…人間幸せかもしれないね。

私も今の仕事は、お客さんの反応をダイレクトに感じることができるから
とてもやりがいのある仕事だと思う。

技術や知識に限界はないし…やればやるだけ上を目指すことができる。

お客さんの為、何かの為、誰かの為…
それはそれで自分にとって必要な動機になるだろう。

ただね…頑張る!頑張る!と向上心をもって
常に頑張り続けていられるほど…私は人間は強くはないと想う。

だって…
毎日を常にフルマラソンを走るように自分を追い込んでたら
正直しんどくない?

私なら…途中で壊れてしまうよ。
もしくは壊れる前に逃げ出すかもね。

でもね…
せっかく自分が出来ることがあるのに、そうなってしまうのって
勿体無いよね?

じゃあ~どうする?

やっぱりね
人間はどこかに「楽しみ」がなければ…頑張り続けることは難しいんじゃないかな?

仕事をしている人なら
給料が入って好きなものを食べたり、買ったり
それも一つの楽しみかもしれない。

だけど…
それじゃ~仕事自体は辛いことに変わりはないよね?

言うのは簡単、やるのは難しいかもしれない…

けどね、やっぱり…「今自分がやっていることの中」で楽しみを見つけれ欲しい。

そうは言ってもね
現に辛くて苦しんでいる人なら、なお更難しいね。

思い出してみて
子供の頃に…鉄棒にぶら下がって、逆さまに景色を見てみたことってない?
今まで見えていた当たり前の景色が違って見えなかった??

これは極端な例えだったけれど…
自分の中で「当たり前」や「常識」と想っていることを
一度ひっくり返して見て見るとよい。

そこで…
あれ!?こんな見え方もあるんだ~と自分なりに何かを感じることができたなら
それは一つの楽しみ方になるんじゃないかな?

子供の発想はユニークで無限
自分だって子供の頃があったはずなのに…そんな発想をどこに置いてきちゃったんだろうね?笑

自分なりに感じて、発想や常識をひっくり返して楽しんでみる。
口にさえ出さなけりゃ…
誰にも迷惑をかけることもないんだし
自分の想像や発想は自分だけのもの!

自分の心の中で遊んで楽しんだもの勝ち!

何だか最近辛いな~疲れてるな~と感じてる人は、一度試してみてね♪

大切なのは結果より過程

以前の私…

何かをやって、それに対して目に見える「結果」がでなければ「意味」がない
そう思ってやってきた。

しかし…どうだろう?

人の一生を考えてみると、ある意味ゴールは「死」だね。

たどりつくゴールという結果
それが…「死」?

なら…そこまで「生きる」ということは無意味なことなのかな?

人生というのは、その時、その時に
いろんな楽しいこと、苦しいことが山ほどあって
一つの長いドラマになっているはず

人生というと…ちょっと大げさになってしまうけれど

自分が生きているうえで行っている、一つ一つのことも同じだと想う。

何かを頑張った自分、しかし…想うような良い結果はでなかった。

でもね、その中で自分が得た喜びだとか…
発見だとか、感動は
その一つ一つが必ず意味のあるものだと思う。

その一つ一つを大切にして、積み上げることで
人生は自分にとって(他人にではなく)意味のあるものと
なるんじゃないだろうか?

人生は何事も楽しむのが一番

でも…今苦しんでいることだって、
その苦しみは学びとなり、後の自分の「幸」に繋がるはず

どんなに苦しく切ない時があっても
自分を大切に諦めずに生きてほしいと想います。

旭川冬祭り①2012

旭川冬祭り①2012
旭川冬祭り①2012
旭川冬祭り①2012
旭川冬祭り①2012
今日で5日間続いた旭川の冬のイベント

『旭川冬祭り』が終わりました


これが終わると…寒さも底打ちして
いよいよ春を待つだけになる

…はずだけど?


今年は何か違うんだな

いつもの年なら…
1月は雪が降り天候が荒れやすい

そして2月は天候が落ち着いて…晴れの日が多くなる分
朝晩の寒暖の差が激しくなる


ところが…
今年の旭川は2月に入ってから荒れた日が多く、毎日雪かきにおわれる日々

昨日しっかり除雪したはずが…
朝起きると昨日の苦労は何もなかったかのように雪で真っ白(笑)

毎年私は…冬祭りはラストの日に買い物公園通り会場の氷像と
石狩川本会場を見に行くことにしている。


2月の市街地で視界がきかなくなることは…本当に珍しい体験だった。


今年もレベルの高い氷像たち

製作者の皆様
寒い中本当にお疲れ様でした


私が今年一番心を惹かれたのは
写真一枚目の『鳳凰』だった。

連日の吹雪の影響で…
氷像に雪が積もってしまっていたのが残念だったね

2012知床流氷

2012知床流氷
2012知床流氷
2012知床流氷
いよいよやってきました冬の使者


今年は…初の海一面の流氷

天候不良のため…
いつもの定番スポットの『フレペの滝』は断念したけど

高台から見たウトロの街と夕焼けと流氷のコラボは最高でした♪

北国より
ちょいと寒さのお裾分けでした

やり方?あり方?

私は仕事柄、人の話をじっくりと聴く機会が多くある。

そのこともあって…勉強のためにカウンセリングに関する本を読む機会も多い。

確かにね
人が人と接するには、最低限のマナーだって必要だし
知識や技術も必ず必要になる。

ただね…時々
やり方ばかりが強調されて、肝心な「人の心」が置き去りになっている気がするんだよね。

人って…本当に多種多様で十人十色で、それぞれが自分の考えや意思をもっていて
はっきりいって、皆ワガママなんだよ。笑

自分を考えると…それがよくわかる!笑

誰よりも人一倍、人に理解して欲しいくせに…
肝心なことは口ごもる。
言葉に出すわけでもなにのに…
相手の人に解ってもらいたい!受け入れて貰いたい!
欲だけは人一倍。

本当にめんどくさい生き物だよ。笑
けどね、人間ならだれしも…そんな部分てもっているんじゃないのかな?

それを受け入れて知ろうとするのは、本当に大変だね。

やり方、ハウツー
本屋さんに行ったら山ほど積まれてるよね?

けどね、やっぱり本当に必要なのは「心」だと想う。

どんなに知識や技術があったとしても…
優しくない人は優しくない。

一番解りやすいのは
自分が体調を崩して病院に入院するとわかる。

専門の知識と技術を見につけた医者に看護師さん
医療の仕事は、一日中本当に目の回るような忙しさ。

そんな中にいると
患者の立場から見ていると、本当に優しい人とそうでない人の差がハッキリとわかる。

自分は日々
どうやって人に接しているのかな?

そして…これから出会う人に、どうやって接していくのかな?

やり方は大切。

でも…本当に必要なのは「心」だよ

やり方じゃなくて…自分の心の「あり方」

人は自分を受け入れてくれる人しか受け入れれない。

まずは自分が相手を想い受け入れることから…何かが始まると想います。

考えるより感じること

自分に正直に…全ての人が自分の想ったように生きることができたなら
どんなに素敵なことだろう。

現実は
そうはいかないよね。


生きるうえでは…
本当に沢山のしがらみができてくる。


望む望まぬを問わず、人は年を取るごとにそのしがらみに捉われ自由を失っていく。

そして、その中で考え人合わせることで…自分を見失っていく。


自分を…見失ってない?
本当に今の自分は自分が望んだ自分かな?

考えることは大切…でも何かが違う。

心の中に残る違和感。


それは…自分にうそをついているかなじゃないのかな?


考えること、人に合わせることは…
時に自分を抑え自分にうそをつく

本当に迷いに迷って…辛いとき
そっと自分の心の声に耳を傾けてみると良い。


本当の自分 それは…「考える」ことじゃなくて「感じる」こと


普段の日常の中で麻痺してしまったなら
ちょいと空の見渡せる野原にでもいってみると良い。

風を感じ、大地の息吹を感じてごらん


その時…自分の心はどう感じているのか?

それが『感じる』こと

誰にも捉われることのない…自由な本当の自分



「感じる」ことは…自分にうそをつかない。


何かに迷って苦しくなったとき
もう一度本当の自分に問うてみて…


きっと答えは自分の中にあるはずだから。

ただいま

ようやく…考えて考えて…答えが見えた気がする。


去年本当にたくさんの事があった。
たくさん初めての経験をした。

そんな中で…自分の弱さ小ささを改めて垣間見て、心が折れた。


ふと思う

人にはそれぞれ自分に出来る役割がある。

役割の中での自分

自分は人に何ができるのか?
その中でどう生きるのか?
どう生かされるのか?

私は…自分で生きる事を強く望みすぎた。

私は自分一人の力で生きれるほど…強くはない。
自分にできることをやって、自分の役割を果たし…その中で生かしてもらう。

自分の力で『生きよう生きよう』と望み力むから…それが叶わず苦しくなる


私は…自分にできることをやれば、人から生かされる人

甘えるのではなく
依存するのではなく
利用するのではなく
奪うのではなく


自分に出来ることを
人へ与えることで…
人からも与えてもらい、その結果が『生きる』事に繋がっているだけ。


今私が生きているのは…

それは人が私を必要としているから

『私を生かしている』

そう想った。


ありがとう。
どれだけ言っても足りないけど…

心からありがとう。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »