2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

イラッときた時に

最初に言っておきますが…私は超短気です。笑

昔はそれを抑えることもなく、バンバン炸裂させていたものだから
人とぶつかることなど日夜茶飯事のことだし
周りの人にしてみれば…たまったものではなかったはず。

当時を知る皆様、改めて心かごめんなさい。

さて、今は年をとり…幾分丸くなった気のする今日この頃。
そうは言っても、人の本質とはなかなか大きく変わることはないもの。

表に出すか…出さないか?その使い分けをしているだけなんだろうね。

正直、いろんな人と付き合いがあれば…自分とは考えかたも物事の捉え方も
違うことばかりなのは当たり前。

その度にイライラしていたら…ストレスで身が持たない!!

そんなの繰り返して我慢ばかりしていたら…
ストレスで胃潰瘍にでもなるか鬱になるのがオチ!
しまいにゃ~人付き合いが嫌になって、引きこもりか仙人のような生き方を選ぶハメになる。

さて…
そんな超短気の私が、あることをキッカケに 
ふと「気付いた」んですわね。

何でイライラするのか?
その意味がわかれば…対処のしようもあるというもの。

そう!我慢する必要はないんです。
ちょこっと考え方…というよりも、捉え方を変えてみればよい。
それだけ。笑

簡単でしょ?
簡単でない?
確かに…具体的にわからないから困ってストレスためてるんだよね。笑

ではでは…私のやり方を教えちゃいます♪

まず…
①「人に求めない!」
これがでかい!人に求めるから…自分の想い道理にならなくてイラッとくる。

②「人と自分を比べない」
そうそう。自分には当たり前のことでも、他の人にとっては難しいことって多いもの。

この二つを心の隅に置くだけでもイライラは減るけど
さらに…イラつく時は

③「許す」と10回心の中で言う。
これだけでも…結構心が落ち着く。

④「諦める」笑
ストレスの大方は対人間が多いんだわね。
もう…最後は、この人だからしょうがないわ。と諦めてしまうのが一番。

期待もしなければ腹も立たぬ。笑

私のマヤ暦の先生に教えてもらったことだけど…
先生は自宅では子供に「お母さん」ではなく「名前」で呼ばれているそうだ。

何でか?
子供から見たら…母親としてはダメダメだけれど
一人の人として見たら~しょうがないか。と諦めがつくそうだ。

確かに!私も以前は親に対して…「何で親なのに!」と
腹を立てていたものだ。

でも、よくよく考えてみれば…親だって人間
得てもあれば不得手もある。
人間である以上完璧などないんだわね。

「諦める」と言えば…聞こえ方は悪いけれど
やはりどこかで、折り合いをつけることが必要になるんだわね。

自分が人の出来ないことを補い
人が自分の出来ないことを補ってくれて
始めて人は生きていける。

一人で生きている人間なんていないよ。
それを忘れなければ…結構イライラの元は減るはず。

ストレス多いわ!と想う人はぜひ実践してみてね♪

自分の役割って何?

ここ最近…
自分が何のために生まれたのか?その意味についていろいろと考える時間が増えました。

こう言うと…ちょっと重い感じ?に聞こえそうだけれど

「自分」とは何ぞや…?とか
「自分らしさ」って何だろう?と考え始めて…かれこれ10年近くの年月が過ぎようとしているところだった。

ここまでくるのに…本当にたくさんの葛藤があった。

どうして…頑張っても足掻いても、努力しても上手くいかないのか?

答えは簡単だったんだわね。

「自分の役割でないから」

これだけ見たら…

はぁ!!??だよね。笑

うん♪
私が他の人のので同じの見たとしても…きっとそうだと想う。笑

でもね…
これには、ちゃんと「意味」があったんだわね。

何日か前のブログ日記で話したと想うけれど…
「マヤ暦」

始めてみると…何の宗教?とか想ってしまうけれど
生年月日から自分の運命数を導きだす手法。

そこから導きだされた「紋章」と「音」により
自分の性格の特徴や…やるべき使命や役割を知ることができる。

個人のものだけではなく
生年月日さえわかれば…自分の家族や知人の運命も知ることができるのね。

21日と22日で二つの基礎講座を受けてきた。

なるほどね…
知ればしるほど納得の連続。

私は基本「癒し」の人
お金儲けとか…話術で人をまとめたり~とか
そういったものはない!笑

そりゃ…いくら足掻いてみたところで
うまくいくはずはないさ。

お金はお金で稼ぐ役割の人がいて…
私はその人を癒して、他の役割の人達を癒し、明日への活力を与える人。

さらにね
うちの家族でいうと…
私とお袋が「神秘」の関係で、かなり深い繋がりがある
私と親父が「音」が同じで…10を語らずとも理解しあうことができる

親父とお袋は接点なし!
ということは…?

私が二人を繋げていた「役割」なんだよね!

さらに…
私が実家を出た後
二人が関わりの強かった友人の方を調べると…
これまた、二人の繋げ役だったのに びっくりしたよ!

いやはや…
運命で全てが決まるとは言わないけれど
自分がやるべきことがわかると、心のあり方は変わる。

出来なくても良い…とは言わないけれど
「何でも全て自分で出来なければいけない」という気負いはなくなる。
そうすれば…出来ない自分を責めなくてよいので

結果…心に「余裕」ができる!

心に余裕がないな~と想う人がいたら
マヤ暦をお勧めしますよ♪

「聴く」技術②

まず、相手にアドバイスしようと想うと…自分の意識や心はどこにある?
相手を受け止めて…
聴いている?つもりでも……

半分くらいは自分の考えをまとめるのに使ってない?

ということは…
自分の100%で相手を受け止めてはいないよね?

それじゃ~何も問題が解決しないんじゃない?

でもね、考えてみて…

リラックスしたくて入った飲み屋でね
毎度毎度…問題解決の為にといっても…
自分の胸の痛くなるような指摘うけて、説教じみたこと言われ続けたら
しんどくない??笑

それにね、どんなに素晴らしい意見をもらったところで…
本人がヤル気にならなければ
「なんの意味もなし!」

あんなに…やつの為を想っていったのに…!と
しまいにゃ怒りさえ感じるよね。笑

じゃあ?
うん!簡単。
アドバイスするのやめちゃお♪笑

人の話を聴いて…何か言いたくなるのは
そこに「我」っていう「自分」がいるから。

我がいるから…相手の話していることを考え判断して
自分の考えと比べて何かを言いたくなってしまうんだね。

そう。
人の話を聴くときは…
その「我」をポィッと捨ててしまおう♪

良いも悪いもなく…ただただ相手が想ったことを
「ありのまま」受け止めることができるよ♪

そうすりゃ~
どんなに理不尽なことでも…
それって…あなたが悪いでしょ?と想うようなことでも…
「うん、うん」と
その人がその人の想った通りで受け止めることができる。

ある意味自分の中にストレスをためない自己防衛でもあるね。

ハウツー本を見えれば…
あんな人間にはこうしろ、とか
いろんなことが書かれているけれど…

いくら上辺のやり方を変えてみたところで
自分の心の「あり方」を変えない限り、なにも変わりはしないよ。

それどころか…
やらなきゃ、やらなきゃ!って自分が苦しくなるだけ。

それでは…まとめね。

「聴く」とは
我(自分)を捨てて、心を開き
ありのままの相手を受け入れること。かな?

我欲の多い…この荒れた時代。
少しでも多くの人が、人を受け入れる心をもって
心に癒しとゆとりをもってくれることを願います。

「聴く」技術①

誰か身近な人にでも…「うんうん」と相槌をついてもらいながら
話を聴いてもらって、心が軽くなったなぁ~
という経験はないだろうか?

不思議なもので…人間は相手に特別何かをしてもらうわけでもないのに
ただ話を聴いてもらうだけでも…心が癒され、満たされた気持ちになることができる。

自分がしてもらって嬉しいことを…自分も出来るようになれたら
素敵だと想わない?

そこで…聴く技術かな?
「技術」とは言うけれど…
正直、書店に並んでいるような…小難しいハウツーを伝授!とかやるつもりはないです。笑

だってね
人間なんて千差万別なんだし…考え方に物事の捉え方も千差万別。
正直、これっていう正解の形なんてないんだわね。

じゃ~どうすりゃいいのさ?となるけども…

そんな時は…自分が受け手になって、「考える」んじゃなく「感じる」こと。

人と話をしていて…満たされた経験、すっきりしない経験誰しもあるんじゃない?
それを思い出してもらえば早い。

どちらかというと…
男性に話を聴いてもらうより
女性に話を聴いてもらう方が…すっきりすることないかな?

何でかね?
大雑把に言うと…
男性は理論的(頭であれこれ考える)
女性は感覚(感じる)
この違いがあるから。

自分が…すんごく煮詰まっている時に
すご~く素晴らしいやり方を教えてもらったとする。
さて、どうだろう?

そこで心がスッキリして…アドバイスどおりにできる人は素晴らしい!
けどね、ほとんどの人は…そうはならないよね?

なんでか?
人には出来る能力も経験も感覚も全て違うから。

人によっては…最上の選択だったとしても
人によっては…出来ない無理難題になってしまうんだわね。

これが男性型の特徴。
男性は…その人の為に~~~!と想えば想うほど
上手くいくためのアドバイスしたくなるんだよね。

女性は?
相手の話を「うんうん」と感じて受け止め共感することに優れている。

たまに…空気の読めない人は話の腰をバキッ!とへし折るけれど…
結構共感しながら話を聴いてくれる。

人って不思議なもので…
話すことによって自分の心と向き合って整理することができるんだわね。

技術って言っていいのかわからなけど…
二つの違いで大切なことがある。

それは…「意識」「心」

続きは明日の「聴く」技術②にて

習慣(クセ)

癖という言葉を聞くとき…
何かと「悪い」意味で使われることが多い気がする。
自動車の運転での癖の使われ方が特に悪い意味が多いね。

何かと悪い印象の「癖」なんだけど
ある意味、癖というのは…
日常の「習慣」の集大成なんだよね。

日常自分が「無意識に」どんなことをやっているのか?
それを繰り返たこと。

これを…ちょっと自分で「意識」して
「良い習慣」に作り変えてしまえば良いのでは?と想った。

これに気付いたきっかけは…
歩いてうちから1.5キロほど離れたスーパーへ買い物に行ったときのこと。

三月に入って温かくなってきた旭川。
それでも…やはり今年の雪は多く、歩道には人が一人歩ける分くらいの道がつくくらい。
そこを歩いていたときのこと。

石狩川にかかる300Mくらいの橋かな?
そこで5人ばかりの人とすれちがった。

私は相手に気を使わせるのが嫌なので…
相手との距離が10mほどになったら、雪の中をザンザンと歩き出す。
もちろん靴にはたまに雪が入り、冷たい想いもする。

さて…すれ違った人達。
最初のおばあちゃん
「あら!すみません。」とお辞儀。

他4人の高校生。無視!!
しまいにゃ…一人は私に「ジャマ」とばかりに睨みつけるしまつ。

今回は高校生が多かったけど
高校生に限らず、どの世代でも「ありがとう」を言える人が少ないことに気付いた。

言いたくないのか…?
はたまた想ってもいないのか…?

日常不平不満はたくさん言葉にするのに
「ありがとう」とめったに言わない人達。

これもある意味…
「口癖」(言葉)と言う名の「習慣」だよね

「ありがとう」
この言葉を言われて不快に想う人はどれくらいいるのだろうか?
以前のブログ日記に書いたけど…
中にはいるらしいけど(苦笑)

そうそういるものではないよね?

ありがとう。って、簡単で誰でも出来る小さなことだけれど…
目の前の人に、感謝の気持ちを伝えれて
ほんの小さなものかもしれないけど…「幸せ」をあげられることだと想う。

こんな素敵なことなのに、なんでやらない人が多いのだろう?
勿体無いよね?

確かに…
普段やりなれていないと、緊張もするし勇気もいるかもしれない。
もしかしたら…言っても無視されるかも?不安とか?

それはね
自分がやったことに対しての「見返り」を求めているから。

自分が「ありがとう」と言うことを大切にできれば…それで良いんじゃない?

あとは…それをたくさん繰り返していけば
意識しなくても自然にそれは出来るようになる。

今回は「言葉」についての「習慣」を例に挙げてみたけど
日常の中では…まだまだ素敵な習慣にできることがあると想う。

自分の向上のための習慣も素晴らしいけど
人の為、誰かの為に出来る習慣を…たくさんの人が身に付けていけたら
世の中はどんどん幸せが広がって素敵なものになったいくと想います。

排雪

排雪
排雪
いよいよ旭川でも…
日中の気温がプラスになり、雪が溶けて
冬の終わりを感じる季節になりました


今日は家の前の道路に大型のブルが入って
道路に圧雪した雪を排雪してくれてます


なんせ…これをとらずに雪溶け本番を迎えると…

はい!
天然自動車用罠の出来上がり♪

4輪駆動でも油断するとぬかって動けなくなる始末

もちろん!前駆 後駆動じゃ走れません(笑)

うちは狭い道路に面して駐車スペースがあるので…

『きっと排雪の邪魔になるな?』と思い
ブルの運転手さんに訪ねる

やはり車どかさないと…
ガッツリ段差ついて
車出入り出来なくなるよ?とのこと

慌てて…車をギリギリまで駐車スペース奥につっこむ。

ふと…見ると
私と同じように
『これは邪魔だな?』と思う車が他に三台

みな…住んでいる家は分かるので、運転手さんと声かけをすることにした。

一軒…二軒は挨拶もする方ですんなりOK

ところが…
最後の爺さん

出てくるなり怒鳴る!喚く!


なんでこんな時間にくんのよ!(21時)
誰がよんだんよ!
これじゃ車入れん!と悪態付き放題(笑)

しまいにゃ…車誘導してあげた私にまで怒鳴りちらす始末


かな〜り酒臭いもんね〜

普段は挨拶しても…
ボソボソとしか声出さない爺さんなのにね

気が小さい分
酒が入ると…気持ちが大きくなるんだね。

きっと…昔いっぱい酒で失敗したろうに(笑)

ま、仕事がら…
温浴にいた時はクレーマーもたくさんいたので、笑って対象♪

こういう相手は…
相手のペースに乗らないのが大切(笑)


道路も綺麗になったし
反面教師で爺さんにも勉強させてもらったし
なかなか楽しい夜でした (笑)

感情と共に

人間の中で大切であり、そしてやっかいなもの
「感情」

私はかなり情にもろく、いろんな物事に感動して泣く!泣く!笑
感性が人よりも豊かな反面…逆に振れたときの反動が大きく
落ち込み…悲しみ、また泣く!泣く!笑

正直、毎度毎度「感情」という名の「振り子」をブンブン振り回しているような
状態なものだから…かな~りエネルギーを消耗するね。

時々そんな自分が嫌になることがある。

そうはいってもね
こればかりは…どうすることもできやしない。

それで最近あれ!?っと気付いたことがある。

マヤ暦で何気に自分の紋章とやらを調べてみた。
表も裏も「赤い地球」!?

え!?
赤いってなんやん?
地球は青いものじゃないの?と…いきなり突っ込みどころ満載なんだけど
紋章には赤白青黄と四色が割り振られて
それは「起承転結」を表すとのことなのね。(先生曰く)

人には表と裏の紋章があるらしいけど…
それはまだ詳しくならっていないので、後ほど説明します。

さて、この赤い地球さん。

なになに…?
「心の繋がりを求め心に訴えかける説得力の持ち主」
おぉ~!なにやら凄そうだ。

紋章を輝かせる三つの力
「心響力、バランス力、共鳴力」
ほうほう…。

心のつながりや絆を大切にする。
根本的に魂が震えるような感動を求める。
反面寂しがりやの面もある。

んんっ!!
確かに…。

現在の私を考えると…
人に共感して、気持ちや心を分かち合うことは結構得意。
あっ!
やっぱり「バランス(調和)」かいな!

あいたっ!

自分ではなんとなく~で感じてはいたけれど
人の「本質」って本来もっているものなんだね。

私の場合は特に「感情」に関する項目が強いように想う。

「感情」これのおかげで…えらい苦労させてもらったからね。

良い面で発揮されれば人に感動を与えるくらい優しく尽くせるんだけど
悪い面で出たときには…憎悪や嫉妬といった負の感情で一気に
自分の心が支配されてしまう。

そんな自分がたまらなく嫌で仕方なかった。
「何度も消してしまいたい」って想ったもの。笑

でもね
どんなに嫌だろうが…気にいらなかろうが…
「自分は自分」
それだけは変えることはできない。

でもね…
時々想うの。

何かを見たり聴いたりしても…
全然何も感じなかったり、能面みたいな顔をした冷たい人。
いくら感情をコントロールできるとしても
あんなふうになりたいかな?

「嫌だ」

負の部分の自分は嫌いだけれど…
やっぱり好きな部分の自分もいるんだよね。

感情は…ある意味自分の子供みたいなものかもしれない。

どんなに出来が良くても悪くても、自分と共にある分身。

否定してみたところで…消すことはできない。

人を考えてみるとよくわかる。

人間は…否定されればされるほど…反発したくなるでしょ?
感情もそれと同じで…

自分で否定すればするほど…
強く反発した形で姿を表す。

だからね
無理に押さえつけて制御するんじゃない。
それも大切な自分の一部と捉えて
「受け入れる」こと

そして…
「感じる」こと

そうすると…
あぁ…
今の自分はこんなことを感じているんだな~と
自分の心が素直に教えてくれるようになってくる。

人間だってそうでしょ?
自分を受け入れてくれる人にしか…話をしたくないでしょ?

感じ受け入れ…
そこから自分はどうするのか?

前を向く?
後ろを向く?
後の行き方は自分次第。

「感情を感じる」って表現もおかしいけれど…
自分の中にある、「もう一つの自分」と
時々向き合ってみてあげてね。

許すこと(その2)

人間生きていると…本当にいろんなことがある。

 

絶対この人だけは許せない!そんな人、想いも私の人生35年のうちに

いくつあったことだろう。

 

未だに…こいつだけは!って執着はまだあるな~

まだまだ心の未熟な私。泣

 

この話は以前のブログ日記にも書いたことあるけれど…

最近行ってきた「マヤ」の講演会でも「許し」がでてきたし

最近読んでいる「空海の言葉」っていう仏教の本にも「許し」がでている。

 

これは…もう一度考えてみろ!ってことかな?と想い

「許し」についてのテーマで書くことにした。

 

 

 

これは私の例での話しになるのだけれど…

 

 

深く心が繋がった解あえる関係になるためには

何かしらの衝突があり、それを許し、受け入れてから

というケースが多いね。

 

両親はもちろんのこと、一番の親友にだって…時にはさつ意すら覚えたこともある。

それを自分が許し受け入れることが出来たとき…

相手も心を開いてくれるんだな~と感じた。

 

 

人間なんて…完璧な人は誰一人いないよ。

どんな人だって、多かれ少なかれ…間違いを犯す。

 

もちろん!自分だって例外ではないでしょ?笑

 

 

 

自分がやったことを棚にあげて

相手のことばかり責めている人も、たまに見かけるけれど…

正直あんなのやられたら…

 

反省するどころか…

 

「は!?」

「自分だってやってんじゃん?」と…反発心が芽生えてしまう。

 

 

そんなことお互いにやっていようものなら

毎度売り言葉に買い言葉になって

人間関係が壊れてしまうのは目に見えている。

 

ね?自分を受け入れてくれない人のことを…

自分だって受け入れようとは想わないでしょ?

 

 

 

 

あとね

相手を許すってことは…結局「自分の心の掃除」にもなるんよ

 

だってさ

腹立つ!憎い!悔しい!って想いながら…その相手のこと何度も思い出してごらん?

 

せっかく今日一日いろんなことに使える可能性をもった一日なのに。

それだけで気持ちが「どよ~ん」としてしまうんじゃない?

 

それって勿体無いよね?

 

 

いつまでも終わったことを引きずって…捉われて生きるのは本当に勿体無い!

 

自分の一日は自分のもの。

楽しく生きることだって、憂鬱に生きるのだって自分次第だもの。

 

 

そんな…何かに毎日引きずられて生きてごらん?

顔はむさ~い仏頂面になって

不細工三倍増し!

誰も傍にそってくれなくなるよ。笑

 

 

それよりも…

許し、受け入れて自分の心をスッキリと掃除して

 

新しい一日を新しい新鮮な気持ちで過ごす!

そうすりゃ自然と笑顔にもなるし

美人三倍増し!

どんな不細工だって…笑顔で可愛く見えるもの♪笑

 

そうなれば…どんどん運だって巡ってくるよ。

 

 

 

許してやるって言えば押し付けがましいけれど…

相手を許すことは

 

結局は自分の為になることだから。

 

小さいことでも良い。

すぐにできなくても良い。

 

少しだけ、いつも心の片隅にこの言葉を置いておけば

きっと人生は明るく開けていくと想います。

私の中のマヤ始動!

前回「マヤ暦」の講演会での話を書きました。

その時は正直マヤってなんぞや?といったあやふやな感覚で…
主催の越川氏は良い事言ってたな♪というのが正直なところだった。

それから…講習会の時に、ちょっとお付き合いのつもりで買った
「古代マヤ暦20の刻印」という本を読んでいた。

ハッキリ言ってね
紹介してくれた先生とお話するのに…少しでも本を読んで知識を頭に入れておかなきゃな~って
半分は嫌々だったのね。

最初は意味も解らないし…言ってることはチンプンカンプンで
読み出して10ページも進まないうちに

「ね…ねむい」と睡魔が襲ってきた。

ん~こりゃへたな睡眠薬より効果あるぞ!

夜眠れない方にお勧めの一冊!ジャ~○ネット♪ジャ○ネット♪
じゃないけどね。笑

読み始めはそんな感じだったのね。笑

さてさて…とりあずノルマとばかりに読み進めていたんだけど…

途中から…あれれ?
ん!?
あらっ!?

おおぉ~!!ってな感じに変わっていったのね。

しまいにゃ
本に載っている生年月日から紋章を割り出す方法を使っていろいろ調べてださ♪笑

前にも書いたけど
古代マヤ暦ってのは…本来「超」がつくほど小難しくて
それを「越川」という人が長年かけて「20の紋章」と「13の音」って分類分けして
個人だけでなく、他の紋章とのつながりとかも
初心者でも解りやすくまとめたものなのね。

掘り下げていけば…奥はどんどん深くなるらしいけど
とりあえず、初心者でも「面白い!」と思えるね。

あと、昨日紹介してくれた先生とお話しをしてきたんだけど

マヤの中にある…人の本質や運命の「言葉」って
自分の中に「すぅ~っと」入ってくる言葉があるのよ。

それは人によって様々だと想うけれど…

私はそれを「心の扉」を開く「鍵」と表現したい。

私の場合は「寂しがりや」なんだけど
人前ではあまり出さないから…

気付いてくれる人ってなかなかいないのね。

それが…私の本質や運命の言葉の中に入っていたもんだから…
心の扉が開いて…慣れてない人の前にも関わらず
涙が「どばぁ~っ」と溢れてきたわけです。笑

そんなこともあって…
仕事ががら運命の流れもあるのかな?

マヤ暦を本格的に学ぶことにしました♪
少々出費としては痛いところもあるけど…

これが誰かの笑顔に繋がるスキルになれば良いかなって想うから♪

とりあえず今月の下旬に二回の講座受けてきます。
報告はのちほどね♪

「想い」と「志」は

もうすぐ…あの悲惨な大震災から一年が過ぎようとしているんだね。
時の流れは速いもの…

被災された方、大切なものを失った方
その悲しみは計り知れないものと想います。

どれだけ想ってはみても…
体験された人と同じことを感じることはできない。

自分に出来る精一杯で想い、感じ
祈るばかりです。

今となってはテレビではくだらない芸能話は芸人の戯ればかりで
被災地の姿をみることもなくなってしまった。

忘れてはいけないのにな…
そこに「人」はいて、今も懸命に生きているのに。

福島の原発では、今も自分の命を危険にさらして作業を続ける人たちがいる。

今となっては…金のためと割り切る人もいるかもしれない。

でも、震災直後の原発は大混乱状態
ハッキリ言って自分の命がいつ、今危険にさらされてもおかしくはない。

そんな中で…
「自分がやらなきゃ…誰がやる?」と

原発に飛び込んでいった人達。

そして…被災地では、防災無線で人々を守るために最後まで恐怖と津波と戦った遠藤未希さん

まさに、誰かの為に…
大切な人を守る為に…
大切な人が暮らす大地を守る為に…

その意志は果てしなく高かったことだろう。

政治は腐敗し…日本のトップに立つ人達が私利私欲に走る腐った世
そんな中にも、己を賭して人の為に何かをできる人達がいる。

それは国にとっての一筋の光のように感じた。

振り返れば…60年ほど前の時代にも、
「己の命を賭して…大切ななにかを守ろう」と高い志をもった人々がいた。

けして戦争を賛美するつもりはない。

でも…「特攻」という
行為ではなく、自らの命を捨てても…何かを守る!何かの為に!とできる、その「想い」と「志」は
時を越えて生き続けているのだと想った。

政治を批判し、全てを人の責任にするは簡単。
それは国の代表達が「国会」という公の場所で「反面教師」として日々繰り返してくれている。

国に頼り、人に頼るのではなく…
今自分に出来ること。
それを探し実行することが大切だと想う。

一人ひとりの力は儚く小さい。
でも、必ず誰にでも…例えそれは小さくても「出来る何か」があるはず。

大切な人や…大切な家族の為に何かをする。
全ての人が少しずつそれを出来たら、どんなに人は心が豊かになるだろうか?

人は何のためにいると想う?

人を罵倒し人に責任を押し付けあうためにいるんじゃないよ。

自分に出来ることをやって
人の足りないものを助け合い…補い合って生きていく。
それが人。

人はひとりでは絶対に生きれない。

たくさんのお金があったとしたって…
お金で得られるものには、全てに人の時間と手が加わっている。

お金をすて…それを人一人で全てをまかなうことは不可能。

誰かの為に…何かの為に。

自分を振り返って欲しい。

「自分さえ良ければ」と私利私欲に走っていないかい?
人を騙し奪ってまで…自分が豊かになろうとしてないかい?
人を憎しみ、恨み妬み…人を陥れようとしてないかい?

全ての人に、己の命を賭してまでしろとは言わない。

ほんの小さなことで良い。
自分に出来ることで…誰かの為に、そして誰かが笑顔になってくれる為に。

何か出来ることはないかい?

それは小さくても…自分のやった全てではなくても
必ず届く人には届くから。

それを見て、感じて「学ぶ」人もきっといるはずだよ。

私に出来ることだって小さい。
私だって…自らの命を賭してまで誰かの為に何かを出来るほど
勇気があるわけでもない。

でも、そんな私にでも出来ることはあるはず。

先人達の「想いを忘れないこと」
それを「人に伝えること」

そして…自分に出来ることを探し、やり続けること。

今からでも遅くはないよ。

先人達の想いを大切に、

あなたに出来る何か?を探してください。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »