2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

最近落ち込むこと少なくなったかも?

人間日々生活していると「あぁ!もう…」って言いたくなるような腹の立つことにたくさん出逢うもの。

私も結構短気な人でね。
そのつどイライラして…短気起こして
時間がたつと今度は短気を起こしたことに自己嫌悪に陥って…テンションダウン。


早い話
「怒り」っていうキッカケで、感情という振り子が…反対側に大きく振れて
その反動で自分へ自己嫌悪って怒りが戻ってきてたんだね。


これね 一人暮らしの今だから自己嫌悪になっていたけれど…
以前は同棲していた彼女や、周りの意にそぐわない人に対して向けられていた感情だったんだよね。

それから相手がいなくなって…起ることも「原因は自分」と気付かせてもらって自己嫌悪。笑


それでもね
最近のブログでも書いているんだけれど…
自分に起ること、様々なことに「意味」があると想うようになってから
物事の捉え方が変わりだした。


まずね…自分の身に、何で?と想うような腹の立つこととか理不尽なことが起るとする。

そんなの結構ある話だけれど…そこで「腹立つ!」と怒りを出す前に

「これって…何か意味あるんじゃないの?」と自分自身に問いかけてみる。

最初はなかなか実感わかないけれども
繰り返していくうちに…感情の前に「あれ?」と一瞬冷静になることができるようになる。


今日だって…
紙パックのジュースひっくり返して、ざけんな!!と一瞬なりそうになったけれど
この意味はなんだろう?と自分に問いかけてみて…

「もしかして…最近掃除サボってたから、掃除しろってことか?」とか
「きっとこぼした分を飲んでいたら、腹を下していたから…適量にしてくれたんだ♪」とか

自分にとって都合の良い解釈にしてしまう。笑


これは日常の些細なことなんだけれど…
習慣化すると、いろんなことに応用ができるようになってくる。


私の場合は…
腕をぶっ壊して仕事ダメになったり
じさつ未遂やったり
働いてた会社倒産したり
いろいろあった。

腕をぶっ壊した時なんて…ゼロから再出発どころか、さらにマイナスからのスタートだったからね。

体を壊した年をくった人間使う会社なんて、そうそうないからね。笑


それもみんな「意味」を絡めて考えてみると
どれも今の自分にとって「必要な学び」の機会だった。


ただ起って辛かっただけではマイナス。
そこから学びを得て初めてプラスだと思う。


自分の中の辛いこと苦しいことは、必ず何かの気付きや学びの種になるはずだから。


全ては周りの責任だと…種を枯らすのか。

全ては学びのためと…種から芽をだすのか?全ては自分の心がけ次第です。

押してだめなら 引いてみな?

ある公衆トイレにいった時の話。

ある中年の男性が…一生懸命ドアを開けようと頑張っているが、いっこうに気配がない。
どうやら…自動ドアではない様子。

男性は諦めて立ち去っていった。


次に私がトイレに入ろうと試みる。


あれ?
あれれ??


た…確かに押しても引いてもビクともしない。
ドアの取っての形状からすると…引くタイプの扉にしか見えないのだけれど??


私も半ば諦めかけて…何気に扉の取っ手にもたれかかった。
その時!

「すぅ~…」

ドアが横にスライドしたじゃないか!!笑


一瞬ぽっか~ん!状態になったのだけれど…

自分の固定観念が壊される想いだった。



開かないドアが悪い?解りづらい形状が悪い?
人によって捉え方は様々だと想うけれど…
これって「人生」にも共通することだと想った。



人生のうちで…目の前に壁や扉が現れることなんて山のようにあると想う。

どうだろう?自分なら??

開ける方法考える?
何度も何度も努力してアタックして壊す?乗り越える??

ここは個人差の出るところだろう。



まあ…チャレンジもしないで背を向けて去るのは別として
一つのことに向かってひたすらに一本木にチャレンジしつづける人もいるのではなかろうか?
何か一つのことを長年積み上げてきた職人や成功者にタイプに多いと想う。


私の場合は この忍耐力が足りない部分なので…上に上げた人達を尊敬するね。


ただね…
それも加減が大切で、行き過ぎると
ただの「頑固者」になってしまう。


自分は「こうやって」今まで苦難を乗り越えてきたのだから!これからもそうやっていく!

強いね。素晴らしい。



自分自身で一人で生きている人ならば…大いに結構だと想う。

ただね、現実ってそうじゃないでしょ??




何が言いたいのか?

「固定観念」

これに捉われている人が多いってこと♪


固定観念て何か?と言えば…本質にもぐってみれば

「我」

なのさ。


自分から見た世界はどうなのか?
その前にね…
時々でいいから、自分はこれでいいのかな?って「我」を離すために
自分自身に「疑問」を持ってみるのも必要なんじゃないかと想う。


そして…自分の「固定観念」という殻を破って「やり方」を変えてみる。
変化に痛みや失敗はつきものだけれど…それは必ず後の自分にとっての「成長」に繋がるから♪



ちょっとに煮詰まったかな?と想うことがあったら
勇気をもって自分と言う殻の「外の世界」を見てもらいたいです。

「意味」  それは「何の為」に?②

まずは…自分という「我」を切り離すこと。
でないと、自分と相手…もしくは自分と出来事になってしまうからね。


でないと「感情」が入ると、大切なことが見えなくなってしまうから。
「我」があるから怒りや悲しみといった「感情」が残るり、それを記憶に深く縛り付ける。

感じるのは大切…でも、それを自分の中にとどめるのは「我」
その時痛い思いをしたからって、
今思い出すだけで体が痛いことってそんなにないでしょ?


少し離れたところから…自分と自分におこったことを見る感覚かな?


それから、自分におこったこと…何の為に?を考える。


失敗したことや苦しかったことを…
「あぁ…あの時ああしておけば良かった…」と後悔するためじゃないよ。


失敗には失敗する意味があるから。




人にされて痛かったこと苦しかったことがあるなら
反面教師として学び、
また…どうしてその人は自分にそう接したのか?それにもまた意味がある。

「あの人は性格が悪いから!頭が固いから!」なんて思っていちゃ…いけないよ。笑
まずは自分から。



私の場合は27歳で右腕壊して大工の仕事断念して
彼女と結婚したかったけどできず…
その後勤めた会社の倒産とか、株で失敗とか、
いろいろあるけれど…

全部「他人」の責任にすることもできる♪

あいつがああしたから…こう言ったから、自分はこうしたのに…
だから自分は苦しむことになった!とか??笑


今の見ていて解ったと想うけれど…
それって違うでしょ??


自分が捉われて、不満や辛いと想っていることでも
人から見たら「えっ??」ちょっと違うんじゃない?と想えることだって沢山あるはず。


人は自分を解ってくれないんじゃないよ
自分が自分を「見失って」いるんだよ。



書けば長くなるけれど
過去の失敗だって、今想えば学びの宝庫♪
当時は自分や環境…時には「国の政治が悪い!」なんて言ってました。笑
じさつしたいほど悩んで鬱なって苦しんだけれども

それがあったから今の自分がある♪
「それで良いなぁ♪」と思えたら…心が楽になったもの。



話は脱線したけれども…
過去も今も自分に起ること全てを「受け入れる」
その為には…
「意味」という言葉を使ってつなげていくと、いろんなことが見えてきます♪


このブログが
あなたの中の何かの変化のキッカケになることを祈っています。

「意味」  それは「何の為」に?①

人間生きていると…辛いこと、楽しいこと、本当に様々なことに日々出逢う。

楽しいことは大歓迎だけれど、辛いことは極力避けたい!それが人として心情じゃないかな?
もちろん私は典型的なそのタイプ。
ヘタレでマイナス思考が強いこともあり…一度落ち込むと浮き上がるのにずいぶんと時間を必要としていまうからね。


さて…
そんな私が最近自分に「ある変化」を感じるようになった。


「意味」
この言葉を自分の中の「中心」に置きだしてから物事の捉え方に変化が起こりだした。


30歳のとき
5歳年下の会社の先輩の女性に泣きながら土下座して謝ったこともある。
とっても厳しい…当時は「鬼」と想った先輩。笑
そんな彼女に「意味を考えてやってください」
そうアドバイスを貰った。


当時は考えてやっているつもりだった…
けれど、実際は違ったんだよね。

私の考えいていた「意味」は
自分にとって都合がよいのか悪いのか?快か?不快か?
必ず「我」が絡んでいた。


これじゃ…
本当に見るべき大切なものは見えてこないね。



今自分の身に起こっていること全てに目を向ける…
一つ、一つ。

痛い!辛い!苦しい!の前に…
そこに…「何の為?」これには…きっと何か意味(メッセージ)があるな?と
捉えるようになれれば、かなり物事の見え方は変わってくるよ。



解りにくい人は自分の過去を振り返ってみるといい。

あいつにあんなことされたから辛かった!
こんなことで苦しかった!
いろいろあるでしょ?



そこで捉われて進むのを止めてしまったら、ただ「辛い」記憶でしかない。

何の為に??
何でそれが自分の身に起こったのか??

考えてみて?


続きの②は 次のブログにて♪

自閉症の女性からの学び。

今日、マヤ暦でお世話になった「リリィ」さんのお誘いで…コラボのイベントに行ってきました。

そこで出逢った一人の女性。
年齢は23歳。
自閉症で、感情や言葉をうまく表現することができない。

とても感性が鋭く、美術系の才能が卓越している。
今回は母親と一緒に会場にきていた。

リリィさんから話は聴いていたけれど…逢うのは初めて。

お茶をいただき、彼女の横の席に座る。

すると…
ふと私に、今作っていた折鶴を一つ手渡してくれた。
あれや…あれやと思っているうちに、片手が山のようになるくらいの鶴を私の為に折ってくれた。

周りの人達が言う。
「彼女に手を出して、鶴をくれた人に悪い人はいない」と

私にしてみれば…
すぐに鶴をくれたので、いまいち実感が沸かない。

しかし、しばらくしてから…
彼女が自分から私の手を握ってきた。

ふと握られた手から…温かいものが体に流れてくるのを感じる。
言葉はない。
ただ…何かに導かれるように「疲れたね」と空いた手で彼女の肩をなでていた。

はっと想った。

「リリィ」さんが以前言っていたこと。

「私は…以前は施術の時には(してやっている)という感覚があった。」
「しかし彼女に出逢い、彼女が何を言わんとしているのか?それを考え感じることで
相手の体が何を求めているのか教えてくれる」

まさに その想いだった。

彼女の手から流れてくる温かい気は…私の体を巡り
その逆の手で彼女の中へと流れていく。
温かい気がお互いの体の中を循環していく…
そんな感覚だった。

彼女の表情は緩み、とてもリラックスしているのがわかる。

彼女の言葉では、正直何を言っているのかは解らない。
だけれど…彼女も一人の人間。
ただ表現をできないだけで、同じように…いやそれ以上に「感じる」ことができる。

彼女が何を求めているのか?言おうとしているのか?考えることは大切だ

自身と自信②

前記事、自身と自信①の続き

ただね、一つだけ覚えておいてもらいたいのは…
「貰いっぱなし」にならないこと。

自分が出来ないことを、人に助けてもらう以上。
自分もその「人の輪」の中の一人。

ならね
自分も、自分に出来ることで…人を助けなくちゃね?

でなければ…人の「好意」という流れは
自分という場所で止ってしまい、次に繋がらない。

自分さえよければ…それで良い。
よい訳ないでしょ?

一つ忠告します。

自分さえよければ…と
人の好意を自分でとめ、金や財産を溜め込んだところで…
それを食いつぶそうとする「シロアリ」のような人間はよってきても
本当に人から必要とされることはない!!

そんなのね
ただの「孤独」だよ。

いくら金や地位があったところで…心の隙間は埋まらない。

相手を変え、とっかえひっかえしても…絶対に埋まらない!!

人に自分が出来る形で…恩を流す。

それができて初めて、自分も「人の縁の輪」の中で心を満たされることができる。

人の笑顔に、その人の本当の姿が映る。

金や地位という「上辺」の「メッキ」に惑わされてはいけない。

そんなものに捉われるから…人と自分を比べて「自信」を失ってしまうんだよ。

いや、自信を失うというより…「自身を見失う」が正しい気がする。

もう、自分を責める必要も、苦しむ必要もない。
何か特別なことを出来る必要もない。

今自分に出来ることで…
それを必要とする人の為に頑張って、
そして、自分も出来ないことを人に助けてもらえば良い。それだけ。

後は、心の中に「自分から」
この言葉を置いておいて欲しい。

まず自分から。

人にして貰って…お返しも悪くはない。
貰いっぱなしは、いかんけどね。

まず自分から人に好意を流すこと。
その流れは…人から人を巡り巡って、直接その相手からではなくても
「形を変え」きっと自分の元にも巡ってくるから。

まずは自分から人に何かをする。
それができれば…無理に自分に「自信」をもつことはないよ。

あなたには、あなたに出来る何かがきっとある!
それだけは「自分自身を信じて」もらいたいと想います。

自身と自信①

自信て何だろう?

ネットで調べてみた。
「自分で自分の能力や価値などを信じること。自分の考え方や行動が正しいと信じて疑わないこと」

ん!??
何だろう?この違和感は…

自分の考えや行動を信じて「疑わない?」

それって…
自分が間違っていた時は、修正きかないよね??

それでいいのかな?

ちなみに…私は未だに自分に自信はありません。
人からは「すごい人だね」なんて言われることもあるけれど…
私の場合は、たんに…後先考えない「無鉄砲」なだけ。笑

だから…四国の旅なんかなも、私がバカすぎるから
周りの人達が助けてくれて、何とかなった。笑

もしこれが…私に自信があって、自分の力で何でもやれる人間だったなら
私を助けてくれた人達との「ご縁」もなかったはずだよ。

自分が出来なことで、自分を責める必要はない。
出来ないなら…頑張って出来るようになれば良い。
それでもダメなら…思い切って、出来る人にやってもらえば良い。

人間誰しも完璧な人なんていないし、出来ないことは「必ず」ある!!

だってね。
男一人、女一人で…子供ができるかい?

どんなに完璧な人と思える人でも、人間である以上は絶対に出来ないことがある。

ただ…それが、大きいものなのか?
小さいものなのか?

あと、今自分の生活する環境の中で…それが「多いか?」「少ないか?」
ただ、それだけの違いにすぎない。

それにね、人間が全てを出来るようになるには
「一生」という時間は短すぎる。

私はね。
とことん自分に自信がなかった人間。
今だって…自信なんてない。

自分に自信がなくて…自分を責めて苦しむくらい、苦しいものもない。
だってね、だれのせいでもないのだから…誰もフォローしてくれないし
誰にも理解してもらえない。ただただ孤独。

人のせいならば…人を恨むこともできる。
しかし、自分でやったことに自分を恨んでも、苦しみが増すだけ。

いいんだよ。
自分は自分でいい。

何になる必要もない!!

できないことは…出来る人に助けてもらえばいい。
それが、人間がたくさんいる「意味」でもある。

人は一人では生きてはいけない。

続きは また明日。

常盤公園の桜

常盤公園の桜
常盤公園の桜
常盤公園の桜
今朝は天気も良く

朝から常盤公園を散歩してます

いよいよ北国旭川にも桜の季節がやってきました


公園の空気は穏やかで…散歩をする人達は挨拶を交わしながら素敵な笑顔を見せてくれる

平和だねぇ

神社にお参りして
元気に ここにこれた事と 素敵な桜を見れた事に感謝♪

のどかな一時
いつもの天文台跡で
家では眠気の誘われる易学の本を片手に
少し読書してきます(笑)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »