2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 褒めるとは…どうしたらいいのか? | トップページ | シャーマンと自然と »

枯れていた心

ふと…久しぶりに、ゆずの「栄光への架け橋」を聴いていた。
辛かったこと、苦しかったこと…今まで自分が足掻いて、ちょっとづつだけれど
乗り越えてきた過去を思い出す。

気がつくと…顔は涙でぐしょぐしょになっていた。



しっかし…私は泣き虫だなぁ
人前でも感極まってすぐに泣いてしまう。 


でもそれは今の自分…
いつだろうなぁ  以前の自分は人前で泣くことなんて滅多になかった。
それどころか…いつも感情の無い冷めた目をしていたね。


学生時代を振り返れば
人を信じることもなく、いつも心は孤独と苦しみでいっぱいだった気がする。
自分の存在価値もわからず…全てに絶望して自殺未遂した夜。
あの時の心の渇きは今では懐かしい思い出。


そんな私が今の自分になれたのは…
本当に私の為に長年尽くしてくれた一人の人物のおかげだった。


どんなに私を信じてくれても…私の乾いた心と硬くなった殻は
容易に変化するものではなかった。
何度も…泣かせてしまったね。
「どうして信じてくれないの?」今でもその言葉が胸の奥に刺さっている。


それでも注ぎ続けてくれた愛。
挫折の度に側で支え続けてくれた人。


いつしか年月が過ぎ…それが当たり前のようになっていき
いつしか私はそのありがたみを忘れていたんだね。


失って気付く愚か者。
10年以上の長い歳月。


我を振り返り反省してみて改めて学ぶことの多さに気付く。



自分を振り返ってみて気付くこと。
心の渇や人を信じれない殻は…用意には変えることは出来ないのだと。
出来る人からすれば、そんなものは簡単なこと。

でもね、出来ない人からすれば…その感覚を変えていくのは
本当に血のにじむような努力が必要だということ。


今の自分に出来ること…
そうだね、彼女にもらったバトンを次に繋げることなのかな?

今でも人に求めることは苦手。
それでも…人に与えることは出来る。

私はお金も力もない。
それでも誰かに寄り添い、痛みを分かち合うことは出来るはず。
それが誰かの力となり…またその「想い」が誰かに繋がっていくと嬉しい。

それがきっと自分に出来る数少ないことだから…



今日はちょっと自己反省日記でした。

« 褒めるとは…どうしたらいいのか? | トップページ | シャーマンと自然と »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 枯れていた心:

« 褒めるとは…どうしたらいいのか? | トップページ | シャーマンと自然と »