2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 対人価値観と幸せのあり方 | トップページ | うまくいかない時と 心のあり方と »

マイナス思考は不器用さん

いきなりのタイトルで…見た瞬間「ドキッ!」とした人多いんのではないのかな?

日本人は…どちらかというと、楽観的な人より悲観的なマイナス思考の人が多いように感じる。

ちなみに私自身も典型的マイナス思考人間。笑
これでも日々プラスに~プラスに~!と努力はしているんだけれどね。
なかなか長年培った心の癖は簡単に変わるものじゃない。

まぁ…しょうがないね。
と諦めてしまうのは簡単なんだけど…
ここでまた私の内面の天邪鬼が顔をだす。

「おい!このまま…マイナスに流されるって…誰かに苛められてるみたいで腹立たないか?」なんて

神様が成長のための試練をくれるのならまだしも…
悪魔が私に足をかけてあざ笑っているような?そんな気にもなってくる。

ね~
誰しも経験あると想うけれど、何かを始めて…少し順調に進みかけたと想ったら
何かに足をかけられたかのようにトラブルってことないかな?

そんな時に「神様が試練を~」と想うより「悪魔が足をかけて…」と感じやすいと想うのね。


さて
何でマイナス思考の人が不器用なのか?
自分やマイナス思考が強い周りの人を例に考えてみたのだけれど…
マイナス思考の人って、結構真面目で(プラス思考の人が不真面目という意味じゃないよ)
先先を考える傾向があると想う。


先先の未来…
目標をもって…それに向かって進んでいくのは別かもしれないけれど…
それでも、全てが自分の考え想った通りの想定内のことだった経験はあるかな?

ほぼないでしょ?


考えるのが無駄ってわけじゃないけれど…
人間は自分の想うとおりにうまく行かない経験を繰り返すうちに、
だんだんと…自分の想うとおりに行かないのが当たり前のように感じていってしまうようになる。

子供の頃から抑制された環境にいる経験が多い人ほど、それが顕著に現れてくるね。


小さい子供をみていると…自由じゃない?
大人が「えっ?」とびっくりするような常識に囚われない奇想天外な発想をするもの。
自分にも…そんな時期があったんだよ。笑


それがね
学校に入り集団の中では、それが通用しないことを学び。
自分を押し殺して…さらに社会に入り…どんどん自分という存在が削り取られていく。


でもね、よく考えてみて?
その自分自身とう存在を削っているのは…他でもない「自分自身」なんだよ。


それは…周りと自分を比べてみたり、環境だったり様々だけれど
自分は自分から外は見えるのに、自分自身の姿が見えないように
自分自身を見失っているってことだと想う。

自分の姿はね、鏡で見ることができるけれど…
自分の心や内面の心理は鏡で見ることはできない。

「感じる」ことでしか、自分を知ることはできないんだよ。


あとね、さらに言うならば…
鏡で自分を映してみても、横を向いたり斜めを見たり、見る角度を変えてみないと
全てを知ることはできないよね。


それは日常でも同じことが言える。


自分という一方からの視点だけでは…物の本当の姿を見ることはできない。

ちょこっと角度を変えて見たり、時には裏側に回ってみたり

そうしてみることで…同じものを見ているはずなのに意外な発見があったりするのも事実。


それは物に限らず、対人関係でもいえること

(この人は…こんな性格かぁ~自分とは合わないなぁ~)なんて想っていた人でも
環境が変わって接し方や習慣が変わってみると…
(えっ?この人にはこんな良いところがあったんだ!?)と意外な発見があることも



時にはそれが…自分にとって必ずしもよいものばかりではないと想うけれど
それをまた、自分がどうとらえるか?によっても見え方は変わってくるもの。



自分の常識に当てはまらないものは…「ダメなもの」と拒否や否定するのか?
自分の常識にあてはまらないものを…「面白い」と肯定するのか?


考えてみて
今は日本の人口だけでも1億2000万人くらいいるのかな?
仮に1億人だとしても…自分以外の約1億人はほとんど自分と違う世界観もってるんだよ?

そう考えてみたら…自分ひとりの存在や価値観てすごく小さいものじゃないかな?


その小さな小さな一人の人間の…わずか80年くらいの一生という価値観で
世の中のどれだけのものを見て聴いて知ることができるのかな?



今の自分の生活してる環境を全てと捉えてしまえば…
そこで何かが上手くいかないと、すぐに苦しくなって息が詰まってしまうよ。


やり方がわからないのなら…感じてみればいい。

自分が良いなぁ~と人から感じることを自分も真似してみればいい。

そうすれば、少しずつでも何かは変化する。

その「変化を感じ」大切にする、その積み重ねが…自分の小さな世界から少しずつでも外に出て行くキッカケになると想います。


やり方は十人十色に千差万別じゃないけれど、これって決まった「形」はないと想う。
自分に合ったやり方を探してみるのもまた、人生を楽しむ醍醐味じゃないかな?と想います。

せっかく一度の人生なのだから、ぜひ楽しんでみてね♪

« 対人価値観と幸せのあり方 | トップページ | うまくいかない時と 心のあり方と »

生きるための、ちょっといい気づき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マイナス思考は不器用さん:

« 対人価値観と幸せのあり方 | トップページ | うまくいかない時と 心のあり方と »