2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

母親を許すと決めた日

先日 自分の人生36年間に一つの区切りをつける決心をして母親に逢いにいってきた。


「母親を許す」

人によっては…子供のくせに、お前は何様だ?と想う人もいるかもしれないけれど…
人は千差万別。
こんな価値観をもった人間もいるのだな。と広い心で見てもらえるとありがたいです。



この日…お袋と逢い

「今日は一つの区切りをつける決意できた」と言ったら…
お袋は驚いた顔をしていたね。


私の36年の人生…子供の頃からの記憶をたどると…
自分で今までそれは仕方なかったこと。と処理しようとしても
どうしても引っかかってしまったことがある。


「私は…生まれてこない方が良かったのではないのか?」そんな想い。


記憶をたどると…それは4歳くらいのことだろうか

当時は親父は「呑む、打つ、かう」の三拍子揃った愚か者。

とは言っても…私は父親が21歳の時の子なので、父親は24~5のまだまだ遊びたい盛りのお兄ちゃん。
そんな父親と父親より3歳年上の母の間に私は生まれた。


父親は季節労の作業員。
冬には本州へ半年間くらい出稼ぎに行くのが通年のことだった。

冬の間は母と私の二人暮らし。
そんな時に…母は私に辛くあたった。

「あんな男と一緒にいるのは…お前の為だ!お前がいなければ…」

確かに私の将来の為だったのかもしれない…
だけれど、私にとっては…その言葉が私の存在自体が母親を苦しめる「忌み子」として自分の中に呪縛として刻まれていった。

5歳の時に、私は母にくってかかったことがある。
そんなにお父さんが嫌いなら…あんな男と別れればいい!
僕は一人で施設にはいる!!
5歳の…子供が言う言葉だろうか?
当時の私は物心ついたばかりの幼子の心で、その意味を自分なりに理解していた。


母親にとって私は邪魔者。
その後も…たくさんの愛情を貰って…愛されている。解ってはいても心の奥に刻まれた刻印が容易に消えることはなかった。

母は弱い人だった。
父が出稼ぎにでると…まともに給料も送らず、逆に金をせびることすらあった。
それを夜働きにでてお金を作る。そんな生活。
酒におぼれ荒れて…子供にあたる母親が恐ろしかった。


今になって思えば…
網走から親戚一人、頼れる人もまともにいない旭川に一人嫁ぎ、旦那の親や親戚は冷たく…唯一見方だった義母は55歳で早くに他界。
そんな中で20代のお姉ちゃんが子供を抱え生きる現実。
容易でないことがわかる。

今なら理解できることもあるけれど…やはり自分の奥底には理解や思考といったものとは別の
自分ではどうにもならないものが眠っていた。


それがなぜ今なのか。

先日、私の心の奥底から…この想いを引きずり出してくれた人がいた。

酒も入っていたし、何をどう話したのかはいまいち覚えていない。

ただ…私は孤独になる恐怖でガタガタとひざを抱えて震えていた。
それを抱きしめて、ただただ嗚咽を漏らしながら泣く私を受け入れてくれた人がいた。


心の奥底に眠るトラウマ。

3歳のころか…
夜中に目が覚めると、一人布団に残された自分。
どんなに泣き叫んでも母親が戻ることはなかった。

4歳…5歳になる頃には両親は共稼ぎにでて、私は鍵っ子として育つ。
兄弟や親戚も近くにはいなくて、何時も一人でいた記憶がある。


別に自分が特別不幸とも想っていないし…回りには私以上の大変は想いをした人も山ほどいると想う。
ただ…これは、私が体験した事実ということ。


この想いを引きずりだして受け止めてもらい…ようやく過去の現実と向き合ってみる覚悟ができた。




母親と

「今まで36年間。私はこんな想いを抱いて生きてきた」
「私は…その想いを今ここで区切りをつける為に、あなたのしてきたこと全てを許します」

「私も36年間、あなたに酷いことを言ったこともたくさんある。それを許して欲しい」
「そして…私の存在を許して欲しい」と


(そうかぁ…   そんなこともあったね。  おまえには許すどころか、生まれてきてくれて感謝しかないよ)
(私こそ…良い母親でなくてごめんね)


(わかったよ。  おまえの36年を 許します)


「お袋はきっと…私にしてしまった事で自分を責めて、苦しんだこともたくさんあったと思う」
「だけどもう…私のことで自分を責めないで。私は全てを許したのだから」

「36年の区切りはついたよ。だから…これからは新たな気持ちでお互い歩んでいこう」と


お袋は…ただただ (申し訳ない…   ありがとう)と泣いていた。


こうして私の中でのトラウマと一つ区切りをつけることができた。


想いを伝えることの大切さ…
そして、受け入れることの大切さ。

そして何よりも…「許す」ことは人の為ではなく自分自身の為ということ。


許すことで「手放し」自分自身の心を軽くすることが出来るから。


捉われ憎しみ続けることは…ある意味生き地獄で自分自身への拷問かもしれない。
それをやって喜ぶ人はいないし…相手は何とも感じていないことだって多々ある。


許すは「己の心の開放」と想ってもらえると良いかもしれないね。


もし、あなたの心の中にも「捉われた何か」があるならば…
「許し手放し」自分で自分を救ってあげてほしい。


誰しも幸せになる権利をもって生きている。

自分で自分を苦しめるのは止めて…皆が幸せになって欲しい。

心から そう願います。


初パスポートget

初パスポートget
人生初パスポートgetしてきました♪

まだ何にも調べちゃいないけど…

とりあえず友達と来年のホノルルマラソンのマッサージスボラタッフやることに決めました!


お金とか…英語とか…
まだ何にもないけど
何とかなる♪(笑)

準備揃ったら〜とか機会があったら〜じゃいつまで経っても何も始まらない!

私のストーリーは『決めた』この瞬間から始まるんだぁ♪なんて(笑)

人一倍ヘタレで臆病な私だから…
考えてたら何も行動できないで終わってしまうから


ちょっと自分に厳しく?生きます(笑)

だってね
せっかく一度の人生だもの…
やらずに後悔したくないからね


人生何事もやったもんがちだよ〜♪

心の「欲」と満たされること

誰かを好きになる。

人の心は誰かを想い愛することで…とても温かく優しく幸せになれるもの。
誰しもそんな経験が一度はあるんじゃないかな?


誰かを好きになるというのは…
男女の恋愛だけに留まらず、親子だったり、兄弟だったり、友達だったり、仲間だったり

そこには人と人として心と心の繋がりを見れば、年齢も性別も国籍も何も垣根はないもの。


私は最近周りの人達に「大好き♪」と言葉に出して表現することが多くなった。

周りから見れば…
えっ!?
男が男に大好きって…危ない人?

なんて想う人もいるかもだけれど…男だの女だのなんて小さなこと。

周りが云々よりも、私は私の想いを表現するほうが大切だと想うから♪


さて
前の文章で話したことは「伝える(表現)」すること。

これは自分から相手に対してだけのものなんだよね。

これで皆が皆満足できていれれば良いのだけれど…

残念なことに人間という生き物の心には「欲」という、切っても切っても離れられない相棒がいるもの。


「欲」

これが曲者なんだわね。

自分が人に対して何かを与えて…そこで満足していられれば幸せなんだけれど

心の奥で…欲がこう言うのね

(私も欲しい。自分が…これだけやったのだから、自分もそれだけ欲しい…)と
人によっては、欲の存在が強すぎて…さらにもっと!もっと!とそれ以上を望んでしまう場合もある。



それはあなたの声じゃないんだよ。
あくまで「欲」という「我」の言葉。

欲の声がいつの間にか…自分の想いのような錯覚を起こして、

あの人は与えてやったのに、私には同じようにしてくれない!!と「不平不満」の気持ちに
自分の心を無意識に引きずりこんでいってしまう。


誰しもこんな経験ない?
最初は大好きだった相手に特別酷いことをされた訳でもないのに…嫌いな相手になっていたこと。


それは「相手に求めて」しまうからなんだよ。

解りやすい例をあげれば…
母親と子供の関係を見ればよい。

母親は子供に対して見返りを求めて愛を注ぐ?
命を懸けて子供をこの世に導き出して…自分の生命と睡眠時間を削ってまで必死に子供を育て守ろうとするだろうか?

ね?
これってまさに見返りを求めない「無償の愛」でしょ?

でもね…それが時が過ぎて子供にも自我が芽生え始めると
「どうしてこの子は言う事を聞かないの?」なんて
あれ?どこかで結構聞く言葉じゃない?笑


「言う事を聞かない」というのは…ある意味、相手(子供)に自分の想うようになって欲しい!という
潜在意識の現われなんだよね。


そこのところは…自分を思い起こせば気付くことだけど
自分だって親の想うがままの生き方はしていないはずだしね。笑


これは一つの例だけれど…
一番つながりが強くて分かり合えるはずの母親と子供でさえも、こういった意識のすれ違いがおこってくるもの。

ましてや日常せっしている人のほとんどは血縁でもなく縁もゆかりも薄い人達ばかり。

ね?求めてみても…それが満たさる方が不思議なくらいでしょ?笑

いくら何年一緒に暮らしました、結婚しましたと言ったところで…お互いが人と人である以上
「自我と自我」  「欲と欲」 の関係なのさ。

お互い「我も欲」もあるのだもの…お互いがそれぞれに求め合ったら
不平不満の掛け算状態になるのは目に見えているよね?



欲を捨てろとは言わない。
それが出来たら神様か仏様だもの。笑

欲を認め受け入れてあげること。
認め受け入れるというのは…

ちゃんと認識して(解って)あげること

それが出来たら…自分の感情が支配されて、気付かずに不平不満の感情に陥っていたってことは少なくなっていくよ。


欲を認め受け入れ…その想いを抱きしめてあげる~感じかな?

相手にその欲をストレートに出したところで、自分が想う100%の満足を得られることなんてまず無い。

それよりも、自分が自分の想いを受け止めて認めてあげることで
結果が「形」にならなくても…結構満たされるものなんだよね。

物や形…果ては金だって結局本質までさかのぼれば
「心の充足」へとつながっていく。


自分の心が満たされていれば、それ以上は求めなくなっていくもの。


自分の心を一番満たせるのは「自分自身」

自分自身がしっかりと「感じる」ことで人の心は満たされていきます。



外に向けていつも自分は満たされていない!不幸だ!と不平不満をもつことがあったなら
もう一度…
奥底の自分自身と向き合って、自分が本当は何を求めているのか?を
しっかりと見つめてみることをお奨めします。


あなたの心がいつも満たされていくことを願っています。

どんな出逢いも必要で大切なもの「反面教師」

出逢いというと…まず何を思い浮かべるだろう?

素敵な異性?自分に新しい環境や発見やをくれる人?


大方の場合は…自分にとって何かしら「良い」イメージのものが大半だと想う。


さて…
それでは、自分にとって嫌な想いをさせらる人は必要のない出逢いなのだろうか?

人間生きていれば…
必ず自分にとって嬉しい出逢いばかりではないと想う。

時には嫌な想いどころか…酷く苦しんだり辛い想いをさせられる人と縁をもつことだってある。

本心としては…そういった人は、出来れば避けたいのが本音だよね。笑


私もそれほど長い人生ではないけれど
やはりいろいろな出逢いをもらうことがあった。

中には…人として最低!
自分の私利私欲の為ならば、平気で人を傷つけて食いものして
それを何とも想わない人間との出会いもあった。


中には…時間が過ぎて忘れてしまっているものもある。
恨みとして心の奥底に残っているものもある…かな?

今日もそんな中の15年近く前のことを、ふと思い出した。


私が20歳の時に始めて実家をでて同棲を始めたマンションのオーナーさん夫婦。



入る前は、「保証人も要らないし…ご飯が必要ならうちで食べてもいいからね♪」と
とても気さくで素敵な人だと想った。

ところが…いざ入居したとたん

えっ??????と想うような出来事がたくさんあった。

まぁ…それは書くと長くなるので割愛します♪
そこが知りたいって?笑

機会があったら?まぁ…リクエストがあれば時間みつけて書こうかな?笑



本当に最後の最後まで「金」で食い物にされたのさね。


もう、思い出すだけでも腸が煮えくり返るほど大嫌いな人間たちだった。

それが…10年くらいしてから相手が客で再開する機会があった。


相手は私のことは忘れていたけれど、私は一発で気がついた。笑


とりあえず感情を押し殺して接客に専念したけれど…
いやはや、ここまで上から目線で金に物をいわせて傲慢にくるか?と
ほとほと嫌気が差した。


当時はそんな感じで…私も「感情」に流されていたね。


今になって冷静に振り返ってみる。


まず…とても人相が悪かった。
本当に…びっくりするくらい酷かった。


例えるなら、選挙のときに清清しい顔で演説していた政治家が
一年半くらいたってテレビ中継にでたら…別物の顔に変わっていた!?その後に近い感じのイメージ。


とても幸せには見えないよね?

金の為に近寄ってくる人間はいたとしても…誰がそんな人間と好き好んで一緒にいたいと想うのだろうか?

これは私自身が感じたこと。


肝心なのは…そこから。
自分が感じたとで終われば、相手対私で 私が嫌な思いをして終わり。

さて…
それを相手の身に置いて、さらにその周りまで広げてみよう!

どうかな?
そんな人を食い物にする傲慢な人間の為に、何かを頑張ってしてあげたい!と望む人間がいるだろうか?
あなたなら…そんな人間に無償の愛を注ぐことができるかな?


それが出来たら…神か仏だろうけれど
私だって人間。
あえて好き好んでやりたいとは想えない。


ここに学びの種がある。
キーワードは「反面教師」

奪う心は人を孤独へと導き
与える心は人を 縁と笑顔に満ちた 分かち合いの幸福へと導く。


その人の生き方は顔にでて
その周りの環境を見れば…本当の幸福が見えてくるもの。


どんなに物欲にまみれて、金や地位を手にいれたところで…
それはこの世の現世だけのもの。

執着があればあるほど…手放すことに怯えて
最後は自分自身が苦しむことになる。


私は今年で36歳になった。
私には人生に残りの時間がある。

彼らは…もうすでに人生の大半を終えようとしている。
彼らがその残りの人生をかけて人生を修正するのには時間が少なすぎる。

正直もう手遅れかもしれない。


だけど…ある意味そこから反面教師として学ぶ者が一人でもいたならば
ある意味彼らの人生も無駄ではなかっただろう。


私は彼らと出会い体験を貰い感じることで…
彼らが長年積み上げてきたその人生と結果を短期間で学ばせてもらうことが出来た。

これは本当に素晴らしいことだと想う。



人間関係を見れば…自分が不快に感じたり、辛い、苦しい想いを味わうことは多々あるだろう。

それはそれで、必要な経験と捉えればよい。
学びの機会と捉えればよい。

それをそこで終わらせない。
自分の今後の人生に活かす!それが一番大切だと想う。


そうすれば…その時こそ感情で嫌な思いをしたとしても
恨みとして残ることもないし、捉われ続ける必要もない。


自分ひとりの人生の時間で全てを学ぶには時間は少なすぎる。


自分にとって表面上ではマイナス?と思えることも
時には視点を変えて「反面教師」として学びの対象とすることで
最後は自分の成長という「幸せ」を手に入れることができます。


今出来ること
もしも…あなたの心の中に何かしらの恨みやシコリがあるならば
ちょっと視点を変えて向き合ってもらいたいです。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »