2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

小さな小さな奇跡(笑)

昨日の夜…恐ろしいほどグッドタイミングな奇跡が起こりました!!


欲しい物が、欲しいタイミングでバッチリに手に入ったんです♪
意思疎通??
ん~…知らないもの同士が、まさに天を通じて心が通じ合った瞬間だと想いました。


さて…
その日は正直一日気分がブルーでした。
本当に何もする気力がわかなくて…だらだらと夕方まで寝て過ごしていたんです。

ふと気付くと…窓に映る夕陽がすごく綺麗。
窓全部が光の反射で黄金色に輝いていたんです♪

それをボケ~っと眺めながら友達と電話で話していました。


ようやく気分も少し和らいで、おなか少し働き始めるのを感じました。
(精神的に落ちてる時って食欲がわかないものなんだよね)


最近調子が悪かったこともあって、肉食を控えていたのだけれど…
今日は無性に「焼き鳥」が食べたくなったんです。

(久しぶりに、焼き鳥でビールなんていいなぁ~)と
頭の中では焼き鳥片手にビールでご満悦の自分の姿をハッキリとイメージしていました。
もう、それを想像しているだけでワクワクしてきて…早速歩いて10分ほどのスーパーへと
買い物にいったんです。

ただ…この時、時間は20時半。

18時をすぎたころから、お惣菜たちには値引きのシールが張られて…
獲物を狙うかのように鋭い目をした奥様たちが我先にと獲物を捕らえていくサバンナの狩場さながらのシーンが繰り広げられる時間を過ぎ去っていました。

(きっと…もう獲物はないなぁ…)

私の狙う獲物「焼き鳥」

それを舌なめずりしながら籠へと奪っていくハンターたちの姿が頭の中に浮かびました。


一抹の不安を抱えながら…スーパーのお惣菜コーナーへ。

………。。。。

結果は後者の不安が的中。

食い散らかされた狩場は、打ち捨てられた残骸のコロッケと、アジのフライが残るばかり。

夢を打ち砕かれて…その場に立ちすくむ私。


そこへ一人の籠を手にしたスーツを着て、疲れきった後姿のハンターが一人。
まるで死肉の残骸をあさるハイエナのように見えた。

ゆっくりと私の前にくると…彼は自分の籠から一つのパックを取り出し狩場へと戻した。


??????


そこに目を向けると…!!!???

な…なななんとっ!

「焼き鳥!!」


赤く染まった「半額シール」と半ば乾燥して干からびた姿は少々残念だったけど

私の夢にまで見た焼き鳥が目の前にあるのです!!


すかさず籠に焼き鳥をゲットして、もう一つの夢のビールを買い…お店を後にしました。


この帰り道の星空が~なんと清清しく美しかったことだろうか♪


まさにこれは「神の奇跡」という他ない、絶妙すぎるタイミングでした。


願い、想い…そして叶えること!

それは大きな事でなくても良いんです。

そこに自分が「感謝の心」をもつことができれば…全ては自分にとって「幸せな奇跡」となるんです。


あなたもぜひ、日々のあらゆることに「感謝の心」をもって
自分が感じる「幸せ」を増やしていってもらいたいです♪

自分を大切にすること~(第二幕)

今回も自分を大切にすることについて学びがあったので書きます。


自分自身が自分を大切にしたいと思っているのか…?
ここ半年くらい、本当に「これでもか?」というくらい多方面のそれぞれが繋がりのない人達から言われ続けているんです。

今回もそういったアドバイスの中から自分なりに
どうして自分を大切にすることが大切なのかの気づいた点を書いてみます。


まず
自分を大切にするということは…
自分の「我」を通すわがままとは別ものであるという事を認めること。

日本人は昔から控えめが美徳とされてきたし
資源の乏しい島国にあって、少ないものをどうやって分け合って生きていくか…
その為には自分を多少犠牲にしてでも相手の為に生きる。
そうやって祖先は生きてきたし、祖先から受け継いだ私たちのDNAの中にも「それ」が刻まれている。

だから
自分を大切にする。
「まず自分」という考え方がなかなか無意識に受け入れられずらくなっているのかな?と思ったんです。


まずはそこから~なんだよね。
ここのブロックが外れないことには、いくら自分が大切!大切!と刷り込まれたところで
わかっちゃいるけど…と、「わかっているけど出来ない」という苦痛にしかならないね。
更に言われ続けりゃ~
ヘタすりゃ…出来ない自分がダメ人間にすら思えてきちゃうからね。

自分を大切にすることは
「ただの自己中のワガママじゃない」そこからスタート。
(行き過ぎると、ただの自己中になるので…しっかり後でバランスとってね♪)



さて どうして自分を大切にする必要があるのか?

自分が自分を大切と「認識」する為。
そしてそれが…自分という「感覚」の認識作りのため。

人間生きていれば、プラス面よりもマイナス面での出来事との遭遇が多いもの。
そこで、何があっても自分を「否定しない」為

人は何かに失敗すると、自分自身を…ヘタをすればその人間性まで否定してしまう。

たまたま運が悪かっただけかもしれない。
ほんの少し何かが違ったらよかったかもしれない。

なのに…そのまずかった「行動」ではなく
人間性まで否定してしまうこともある。
(ちなみに…完全に私はこのパターンでした)


それでは一回一回の出来事で心の状態の浮き沈みが激しく、エネルギーの消耗も激しいし
何より、上がってくるまでの気力充電期間は前に進むことができない。

何よりガス欠状態なので、心にゆとりがあるわけもないし
心にゆとりがなければ…人に優しくも出来ないし、もちろん笑顔になれるわけもない。

そんな人間と誰が一緒にいたいと願うかな?

優しい人は寄り添って何とかしたい。と思ってくれる人もいるかもだけど
それは自分が人に何かを出来る状態ではないよね。

ましてやそれが身近な人同士、会社の同じ部署だったり、学校の同じクラスだったり
家庭内だったり。

同じ落ち込んだ精神状態の人が同じ環境でいたなら??

ゆとりがなければ、相手を受け入れることも出来ずぶつかりトラブルの原因になることは想像に難しくないね。



さて 自分が好きなこと、ワクワクする事を大切にして意識して
その時間を増やしていく。
(忙しい中でも、一日一回、もしくは5分好きな音楽を聞くとかでもOK)

笑顔が増えて、心にゆとりが出来る。
心にゆとりが出来れば…人は人に優しくできるようになる。

何よりいつも素敵な笑顔で優しい人は輝いて見えるよね?

誰だって…いつも下を向いて、ため息ばかりついている陰鬱な表情の人より
自分の話を笑顔でニコニコと聴いてくれる人と一緒にいたいでしょ?

人が集まれば、その後に「ご縁」や「知識」 「情報」がついてくる。
何より「お金」は人の後にしかついてこないからね。

(商売をしていた うちの亡き祖父が言ってたな~ 「商売は まず人を大切にしろ」と)
(祖父はお客さんは大切にしたけど…家族を大切にしなったね。だからこれは万人に平等にね♪笑)
(そう言えば…叔父が祖父から継いだ店を潰したのは「金」を求めすぎ「人」を疎かにしたからか…)

ちょい脱線しました。失礼。


お金の流れが増えれば…さらに自分に出来ることが増える。
出来ることが増えれば、それはまた自分に還元するもよし♪人の為に使って還元するもよし♪

どんどん出来ることや楽しいことが増えていく♪

だけど好転間が多し。必ずコケるときもくる。

そんな時に、しっかりと自分を大切にして 自分という「土台」があれば
またそこからしっかりとやり直しも効くもの。


最後に
たくさんのお金を持ち、物という面では凄く恵まれている人達もいる。
だけどね…
どんなに頑張ってかき集めたお金でも、それが自分さえよければの「自己中心的」なものでは
人は…いや、「人の心」は集まらない。

テレビに映る政治家の先生方や 権力、地位をもった人達を見てみて。

本当に幸せそうに素敵な笑顔の人ってなかなかいないでしょ?

金や地位、権力があっても それを目的とした人間は集まる。

それは…その人自身を好きなんじゃなくて、その副産物が好きな人間が集まっているだけだよ。

利用価値がなくなれば、クモの子をちらすように居なくなってしまう。

私はバブル期に利用され食い散らかされた親から学ばせてもらったよ。


この世に生きるにはお金が何より必要と感じる。
金さえあれば何でも出来る!そう感じるのも無理はない。

だけどね、金はあっただけじゃ幸せにはなれないよ。

本当の幸せは金で買うものでも、人から貰うものでもない。

「感じること」自分の中にあるから。


人は一人では生きれない。
本当は寂しがりや。

人と人が本当に良い関係でお互いを認め、尊重しあいながら繋がっていくのが
本当の幸せだと私は想います。


長くなりましたが
書く言う私も…まだまだ これに気づき実践を始めたばかりのひよっこ。

これからもたくさんの方と出会いをいただき
学び、成長を続けていきたいと想います。

そして私の気付きが…まただれかの気付きのキッカケになることを願っています。

いつも長い文章を読んでいただき ありがとうございます。

マヤ暦アドバイザー試験

6月22日旭川で開催される、シンクロニシティ研究所主催
越川先生の講演会の後でアドバイザー試験を受講することに決めました♪


生年月日から1~260までの自分のキンナンバー(運命数)を導き出して、マヤの紋章から自分の顕在意識と潜在意識と役割を導きだすものです。

マヤ暦とであってから約1年半。
本当にいろいろな出逢いと学びがありました。

私のつたない鑑定でも…
前に進む後押しになったとの言葉をいただいたり

これもまた自分にできる事の一つなのだと感じることができました。


アドバイザーの資格をとることによって…
セッションでもお金が発生することになります。
お金が発生することによって…責任の重さも遥かに増します。

ある意味…
今までは、マヤ暦はよいものだな~という感覚はあっても
自分より優れた先輩方がいるのだし、自分じゃなくれもよいのでは?と、どこか深いところへ踏み込むことをためらっていた自分がいました。

だけど…
マヤ暦のセッションを行っているうちに
自分の言葉と表現で、表せるものもあることに気がつきました。
確かにキンナンバーだけで言えば260個でしかありません。

血液型の四種類に比べれば遥かに多くはありあすが、それでも260種類でしかない。

全ての人間が260種類の枠にはまるとはとても思えない。
だけれど…それを特徴と捉えて、自分の経験や学びを落とし込むことで「無限の広がり」を得ることができることに気がつきました。

苦と失敗の多い人生だったなぁ~とは想いますが
それがあったからこそ、人の「その」部分を汲み取ることもできるのではないのか?と考えることができたのです。


アドバイザーはゴールではなく「スタート地点」

私ができる事の一つとして、皆様と携わらせていただきながら
大切に育てていきたいと想います。

自分を大切にすること

ここ最近…一年くらいの間に、つながりのない沢山の人達からこの話をされた。
私から問いかけた訳でもないのに
まるで誰か??に言わされているかのように…周りの人達から唐突にその話が出てくるのが不思議だった。


自分を大切にする…
正直訳がわからなかった。

私はどちらかと言うと…子供の頃から
自分は我慢しても人に何かを、という自己犠牲の傾向があった。

自分さえよければと私利私欲に走るのは論外だけれど
素直に人に甘えたり、まず自分が満たされることを考えれる人に対して
嫌悪感やうらやましさを感じていたもの。


たくさんの人にアドバイスもらったこと

まず自分ありきでしか…人には与えることはできない。
自分を大切にできないものは、人も大切にできない。

正直…はぁ?
別に自分なんて大切にしなくたって出来てます!!!と

そっぽ向いてました。

だけどね~よくよく考えてみると
自己犠牲の人への好意って、続かないんだよね。

なぜ続かないか?
自分が自己犠牲してまで頑張ったことに対して…相手が自分が思うように喜んでくれたときには
やってよかった!と報われる。
だけど…世の中いろんな人がいて、自分の感覚が全て同じように通用する人間ばかりではなんだよね。

そこで思うような結果が得られない時には
「ドボンっ」と頑張った反動が来てエネルギー不足で動けなくなってしまう。

次への活力を人に(反応)求めすぎていたんだね。


以前はそれでも良かった。
時間はたっぷりあって、それほど人付き合いも多くはなかったから。

一度落ち込んでも、復活するまでの時間はちゃんともらえていたんだよね。
ところが…ここ1年ほどの間に環境は急変。
次から次へと人との新しい出逢いが目白押しで、とてもじゃないけれど
落ち込んでいる時間がない。

正直限界も感じていたし、全てを投げ出して一人でどこか知らない土地にでも行ってしまおうか?とも
考えたこともあった。


何の為に自分を大切にする必要があるのか?
私なりに自分で感じたこと。


自分を大切にすることで、自分自身としっかり向き合うこと。
自分はどんなことが心地よく、どんなことでどう感じるのか?
まずそれを「知る」ことになる。

自分を知ることで…それが土台(軸)になり
対人関係での感情のブレが少なくなる。
(相手は相手、自分は自分と客観的に見れるようになってくる)

一度感覚や感情がブレてしまうと…戻ってくるまでに時間がかかるけれど
軸がしっかりしていれば、そこからまた再出発するまでの時間を短縮することができる。


簡単に言えば
腹が立ったり、落ち込んだりしたとしても…
以前よりも引きずらなくなった感覚かな?

正直以前の私は…「自分を大切にする=自己中のエゴ」と捉えていたからね。

そういった人がいないわけじゃないけれど
人は人。
自分は同じようにならないように、ちゃんと自己コントロールすれば良いだけなんだよね。


さて、まだ変化はあると思うけれど
今の自分が想う「自分を大切すること」についてのまとめ。


自分を大切にするとは
今の自分を認め、受け入れて

自分らしく 自分を育て成長させること。

それは 自分の我を好き勝手に通すことでもなく
自分の考えに固執して殻に閉じこもることでもない。

良い意味で らしく(個性)成長すること。



この文章が誰かの何かの気づきのきっかけになって貰えることを願っています♪

マナーと学び

ただいま旭川~札幌へ高速バスで移動中です。

月曜日の朝の便ということもあり…
いつもより混み合う車内

3分の2ほどの席が相席になっている


見ていると…
いろんな人がいて
本当に個性豊かだなぁ~と感じる。

乗車してすぐに運転手さんより『相席でお願いします』のアナウンスが流れる。

バス内を見回す…
(ここくらいしかないかぁ…)

窓側に座り席を開けてくれていた男性

『よろしいですか?』と挨拶すると…
笑顔で『どうぞ』と答えてくれた。

大きな身体を縮めて座る姿を見ている…ちょっと申し訳ない気持ちになる。


他の空いてる席を見る…

おば様が席に荷物をドカリ!と置いて知らん顔(笑)

中には窓側の席を空けて足をドカリとくんで二席占領しきってる強者のおば様も(笑)

いやはや…
ここまでくると呆れを通り越して笑えてくるね


マナーと言うのかな~
マナーって決まりじゃなくて、皆が少しでも気持ち良いく過ごせる為の『心遣い』じゃないかな?

みんながちょっとだけ優しさをもって相手を気づかえば…
それは巡り巡って最後は自分に帰ってくるもの
ある意味『人は鏡』
恩も仇も巡り巡って己に返る。

それにね
人間の人生は良くも悪くも全て『普段の積み重ね』

普段から出来ていないものを…特別な時がきたからっていきなり出来るものではないよ。


そうやって物事や人を見ていると…
きっとこの人は淋しい人何だろうなぁ…と感じとる事ができる。


人は一人では生きてはいけない。

人を助け そして自分も助けてもらい…
お互いが支えあってこその『人』


今回もまた
反面教師として貴重な学びを貰えた事に感謝です♪


« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »