2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

またまた、道東の旅へ2日目②(薫別温泉 つづき) 

くろ) 薫別温泉への道のりの続きですヽ(^-^)

視界の開けた分かれ道。
ルートは、左側の道を進みますヽ( ゚∀゚)ノ
Cimg67301

細くて、空に続いているような道を道なりに進みます。
1日目と違い、青空が広がっているので気持ちが良いです♪
Cimg67311

道の途中に木々が途切れているところから、
見晴らしの良い景色を眺める事ができます(*^ー^)
Cimg67321
Cimg67331

そして、さらに林道を進みます。
木の隙間から、漏れている太陽の光が~心地いい♪
Cimg67341

さらに進むと、分岐点が現れます。
Cimg67361

この分岐点の左側に標識があります!
「滝の沢林道→」の方向へ進みます。
Cimg67381

看板が現れたところで、ぎんは、車から降りて確認しに行きます。
手招きをしているぎんを見て、
『この先にいよいよ~温泉が~\(≧∀≦)/』と、喜んでいるのも束の間・・・。
ぎん「降りて、おいで」と・・・。
車から降りて、ぎんの傍へ駆け寄る~~~。

うへぇ~~~~((((;゚Д゚)))

そこで、目にしたものは・・・・・

Cimg67391

「くん。。。薫別温泉には。。。。行けません!!」
(;¬д¬)行けません??
しょぼ~~~~ん(〃_ _)σ∥

着いた先の温泉にアブや蚊がいても。。。
温泉に浸かろうと、覚悟を決めていたのに(涙)


この先、聞くことができないのなら。。仕方ありません。

ぎん「今、来た道を戻るのもつまらないから・・・
分かれ道の右側の道を通る」
とのこと。
(右側の道は、古多糠(こたぬか)方面へ出ます)
Cimg67401
左側が、通ってきた道。
左側が、薫別温泉へ向かう道。
正面が、古多糠(こたぬか)方面へ向かう道。


こちらの道は、舗装がされています。
Cimg67411_2

道の脇には、先ほどとは違う光景が見ることができます。
べコロールです ヾ(≧▽≦)ノ
(牧草ロールを。。くろは、「べコロール」と呼んでいます(笑))
Cimg67421 

何気に空を見上げると~~キレイな光景が飛び込んできたので~~
パシャリ☆(´∇`)
Cimg67451

温泉には、入れなかったけど。。。。
いつかリベンジしたい~~!!

道東の旅2日目は、まだまだ。。続きます(⌒o⌒) 

またまた、道東の旅へ2日目①(薫別温泉) 

くろ) 道東の旅の話が。。。。なかなか進まず・・。
書きたい話も・・・山済みです (。_。) 

早速、2日目の話をしたいと思います♪

川北温泉を後にして、、移動している途中から青空が広がってきました♪
晴れ女くろの本領発揮です(笑)

この後、気の向くまま寄り道をしながら家に着けば。。と、考えていました。

天気が良ければ、行った事のない秘湯『薫別温泉』へ行こうと計画をしていました。
前の日の大雨と。。岩尾別温泉のアブや蚊の大群を想像すると・・・。
「今回は、、、辞めておこう。。」と思っていたのだけど・・・・。

ぎん「薫別温泉び行ってみる?ここまで来たし。。」
くろ「行きたいけど。。昨日の今日で・・アブも蚊も多そうだよ・・」
ぎん「行くだけ行って。。考えよう」
くろ「まぁ~~。また刺されて時は刺されたたときで!
行ってしまったら、くろは、浸かるよ(笑)」

薫別温泉は、道がわかりにくいということだったので、
事前に調べておいた地図を手に~ナビゲーターを務めますヽ(^-^)

川北温泉を出て国道244号を根北峠側へ向かうと、
目の前に写真の標識が見えます。
Cimg67211
左手に金山スキー場の標識が見えます。
Cimg67201
入り口の左手に「滝の沢支線」の看板があります。
Cimg67221
そして、林道を進んで行きます!(ここは、舗装されています)
Cimg67231
道なりに進んでいくと右手に建物が見えてきます。
Cimg67241
この先、道が開けています。
Cimg67251
まっすぐ進みます。
Cimg67271
途中で、こんな景色を見ることができます☆
Cimg67281
舗装のされていない、ダートを進みます ヽ( ゚∀゚)ノ
Cimg67291
途中に橋があり、きれいな水の川が流れています♪
さらに進んでいくと・・道が開けます!
道が分岐しているので。。。左側を道なりに進みます!!
Cimg67301

少しずつ、薫別温泉に近づいてきている感じがします♪

果たして、無事に温泉にたどり着く事が、できるのでしょうか?("∀") 

次回に続く \(≧∀≦)/

またまた、道東の旅へ1日目⑥(川北温泉~生演奏~) 

くろ) お久しぶりですm(_ _)m

しばらく振りの更新です。。。

前回の続きです(^_^;)

羅臼町の漁港で釣りをして、雨打たれ・・・向かった先は~
お気に入りの温泉『川北温泉へ』 ヾ(≧▽≦)ノ

雨の降り方が。。激しくなってきて・・・
川北温泉までの。。ダートが、がけ崩れを起こさないか・・不安のまま進みます(。_。)
(以前の記事に、住所と、ダートの写真を載せてます(1枚ですが。。)
http://kurotogin.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_05b3.html

着いた先には、数台の車と。。小屋の前にバイクが2台くらいありました。

今日の宿泊をここにしようと考えていたので、、早速、寝るところを作成し(!?)、
いざ~~~温泉へ  \(≧∀≦)/
雨が激しく降る中・・・傘をさして、、ダッシュ....ヽ( ゚∀゚)ノ
天気が良いと、空一面に星が見えるんだけど。。
雨降りで。。。見れないよね(T_T)

と、その時!!

ギターの音色が聴こえてきました(´∇`)
ジャズっぽい感じの・・キレイな音色♪

小屋にいる、ライダーさんたちが演奏をしていました。

『これって、2度とないような貴重な体験してるよね~~☆』

温泉に浸かりながら~~生演奏が聴けるなんて~最高だよぉ (人∀・)

演奏が終わると、ぎんは、雨の音を掻き消すくらいの大きな拍手をしていました☆

演奏は、まだ続き。。。ビートルズの演奏&歌が聴こえてきます♪

『今日は、豪華な温泉だね~~』
『うん、ホントだね~』
と、しばらく温泉に浸かってました(〃⌒▽⌒)


湯上りに、キレイな音楽を聞かせてもらったお礼を言おうと思ったんですが。。
演奏に夢中だったので・・・お礼を告げることができませんでした(>_<)

車に戻り、雨の音と、、彼らの演奏が聴こえてきます♪

何度か、、温泉に浸かりに行き、演奏を聴きながらの入浴(人´∀`).☆.
普段の疲れが・・・スーッと抜けていく感じでした。

眠りに着く前に聴こえてきた。。「~~どしゃ降りの雨に・・・・♪」というフレーズの歌。
そのときにピッタリの選曲・・・良かったです♪
(曲名が。。わかりません。。)

いつの間にか眠りに着き。。。朝を迎えました(´ー`)

小雨が降っていましたが。。空の一部に晴れ間が見えていました!!
明るくなってから、温泉の写真を撮りました☆(ぎん撮影)

正面が温泉☆ 左側に小屋があります。
Cimg67131

脱衣所があり、男女分かれています。
脱衣所の中は、土足禁止なので、靴は、棚へ。
Cimg67141

男女わかれています。(写真は、男性側です)
Cimg67151

源泉が流れ込み~~
Cimg67171
流されていく~~♪
Cimg67181
源泉かけ流しヾ(≧▽≦)ノ

*湯の温度が熱いので、ホースの水で調節しますが。。
ホースを入れっぱなしにしないように気をつけましょう!


朝に入浴して~出発です (^o^)/
またまた、道東の旅2日目の始まりです☆

次回に続くヽ(^-^)

とても、素敵な演奏をしてくれたライダーさんへ
この場をお借りして、お礼申し上げます。

『とても貴重な経験ができました!本当にありがとうございました 』

またまた、道東の旅へ1日目④(岩尾別温泉と鹿) 

くろ) 前回の記事から。。。間が開いてしまいました。。m(_ _)m

早速・・旅の続きを話します♪


オシンコシンの滝を見て、、カメのような~不思議な岩を見て。。
目指すは~~~
   岩尾別温泉\(≧∀≦)/

秘湯は。。凄く久しぶりで、、、とてもテンションの高いくろヾ(≧▽≦)ノ
(岩尾別温泉には、、数回来てるけど。。)

駐車場に着いたら。。。数台の車が止まっていました。

ぱぱっと脱いで~~ささっと入ってしまえば・・・と、考えていたけど・・・。
この日のくろは、、、控えめ(。_。)
温泉好きのくろでも。。。。
先客さん(♂)が・・・ずっとこっちを向いて浸かっている状況で、脱衣は・・・('A`)

脱衣所が無いのは、、知っているけど・・・。

ううぅ~~(;¬д¬)
三段の湯の奥に「滝見の湯」があるので。。。そちらに移動 (ノ^∀^)ノ
女性の方が様子を見に来ていました☆
「お先にどうぞ~」と、三段の湯の方に歩いていってしまいました(T_T)
Cimg67251
服を脱ぎ始めると。。。
ぎん「うわっ!アブやら。。蚊やら・・いっぱい飛んでる!」
くろ「ホントだね~。結構、沢山いるね」
と、言いながらも・・脱衣(⌒o⌒)
ぎん「いゃ~~。ここで脱ぐのは・・・無理、、、向こうへ・・・・」
と、振り返るぎん(0ロ0、) 「・・・・はぁ?(苦笑)」
くろ「もう、ここまで脱いじゃった~(^_^;)あははっ」
ぎん「さすがだね!!
好きにしたら良い。。。(´-ω-)俺は。。ここでは入れん」

くろ「うん。ここで浸かる~♪かまれた時は。その時だよっ」

さっ!!入ろ~~ヾ(≧▽≦)ノ

ぎん「・・・・・・・好きにしてくれ・・・。あっ、ヘビの抜け殻ある!」
くろ「えっ?あ~~ホントだ~~」
って、、、、、もう、入る寸前なのに。。。。
ヘビの抜け殻って・・・(;´Д`)ゞこの辺に居たってことだよね・・・。
Cimg67271
三段の湯に浸かった事があるけど、、ここはないので。。
勇気を出して入ってみる~~~♪
Cimg67261
三段の湯と違い。。湯は、あまり綺麗じゃないけど・・・。
源泉かけ流しには、、変わりない (*^ ^*)ゞ
湯の温度は~丁度、良いので~~のんびり浸かりました♪
ここに浸かりながら見える景色~~
Cimg67241
奥に小さな滝が見えます☆
緑の中での入浴~~気持ちが良い!!
森林浴っという言葉があるけど。。。
実は・・ずーっと「森林にある温泉に浸かる事」だと思っていました (-.-;) )

ここの湯壷は~~湯が流れるところが。。。変わってます( ^∀^ )

どんな風にかというと・・・・
Cimg67281
こんな風(笑)

最初見たときは・・衝撃的ですが、、、、、\(◎o◎)/
見慣れてしまう前に・・湯に浸かる事に夢中になっていました(笑)

のぼせてきたので。。さっと着替えて、三段の湯に浸かれそうなら・・と、
服を着ていると、先ほどの女性の方が来ました・
「もう、上がられるんですか~」
くろ「はい、、」
「こっちで、浸かっていると聴いたので来てみたんですけど~」

くろ「そうですか~。ご一緒に入りますか」
と、、、また、服を脱いで~~入浴~~(ノ^∀^)ノ
京都から、夫婦とお子さんの3人で、
北海道の温泉を周りながら旅をしているとのお話でした。
お話をしながら、30分くらい浸かって2人で上がりました☆

ぎんが浸かってた~『三段の湯』
Cimg67301
湯壷が三段になっていています♪
Cimg67291
もちろん、源泉かけ流し~(ゝω・ )

秘湯を満喫できたので~~良かった良かったと。。
岩尾別温泉を後に~~ヽ(^-^)


駐車場に戻ると~~近くに鹿が2頭~~o(≧ヘ≦o)

写真を撮りに~~
Cimg67081
こんな近くで、大きい鹿をじっくり見ることが無いので・・
興奮してしまった。。くろ (((っ´・ω・)っちょっと近くに・・。

Cimg67101
(ズームで。。。撮ってます)
立派な角です!!

Cimg67091

Cimg67111
(ズームで撮っています)
くろは、、、鹿のお尻が大好き(*^ー^)

くろ「良い写真が撮れたよ~~」って、車に戻ると、、、
ぎんに、めいいっぱい怒られました(T_T)
ぎん「鹿に近づきすぎ!!!野生なんだからな!!
突進してきたらどーーーするんだ!!!」

ゴメンナサイ m(_ _)m
興奮しすぎて。。。近寄りすぎてしまいました。。。
今回は、何にもなく済みなしたが・・。
今度から、気をつけます。

確かに、ほかに、、鹿を写している人がいましたが、、、
離れた場所から撮っていました(。_。)

今回の、旅の反省です。。。


温泉に浸かり~~知床峠を通り羅臼町へ~~{ノ ´・ω・`}ノ
いざ!!釣り勝負~~!!

次回に続く("∀") 

道南の温泉めぐり♪2日目①~平田内温泉 熊の湯~

くろ) 北海道も~天気になって夏らしくなってきました♪(暑いけど・・)

昨日、ぎんと2人で休みだったので、お墓参りに行ってきました。
お盆やお彼岸にお墓参りに行くと~気持ちがホッとします。


今日は、前回の続きで。。。道南の温泉めぐりの2日目の話をします☆

2日目は、『朝の一番風呂』から始まりですヾ(≧▽≦)ノ
一番風呂のお風呂となった~~温泉は、
平田内温泉 熊の湯o(≧ヘ≦o)

駐車場に車を停めて~~歩きます。
Cimg00941
ワクワクしながら~歩きます♪
進むと、さらに看板があります。
Cimg00951
看板の法へ進むと~階段があります。
Cimg00971
この階段を下りると、憧れの『熊の湯』があるんだ~~ (人´∀`).☆.。
階段を下りると、脱衣所があり、男女別に分かれています。
マジックで男子・女子と書かれています。
Cimg00981
脱衣所の様子を・・・写すのを忘れてました(^_^;)
棚があって、脱いだ服などを置けるようになっています。
女性は、脱衣所を入って、すぐ左側で更衣するといいと思います。
(奥だと下の写真で、分かるように・・見えてしまいます(-.-;))

服を脱いで~~~バスタオルを巻いて~温泉へ向かいます♪
Cimg64851
脱衣所から~温泉まで、、この石段を降ります(´д`;
足場が、あまり良くないので、、、慎重に降りました。。
人が誰も居なかったので・・良かったですが・・・・。
温泉から脱衣所や石段が丸見えとなってしまうので、
女性の方は、人が居るときには。。勇気が必要かも・・(∋_∈)
(また、ここに来る事があったら~どのように湯壷まで行くか考えておこう~っと)

石段の先には~~
じゃ~~ん!!
Cimg64861
ずっ~~と浸かってみたいと思っていた熊の湯♪
朝から、こんな秘湯に浸かる事ができるなんて~幸せ☆
湯壷の横には川が流れていて~秘湯感たっぷり ヾ(≧▽≦)ノ
バスタオルを取って~~湯に浸かると丁度良い湯加減♪
ホースの水が入っていたので。。。少し、ぬるくなっていたけど・・。
(湯の温度は、ホースの水で調節するらしい)

もちろん、源泉かけ流しですヽ(^-^)
岩の間から~~~湯が出て・・
Cimg64921
湯が、流れていきます!
Cimg64931
間隔的に、湯の出方が~激しくなり~~
Cimg64961
さらに勢いよく~~
Cimg64971
源泉が注がれます\(≧∀≦)/

岩の湯壷に湯が注がれる~この感じ。。。
カムイワッカ湯の滝を思い出しました。
大きさや泉質は、、違いますが・・・
カムイワッカの超~スモール版みたいに思えて・・・
(カムイワッカ湯の滝の記事↓)
http://kurotogin.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_ce42.html


はしゃぐヾ(≧▽≦)ノくろ♪
くつろぎながら浸かる(´・ω・`) ぎん☆

湯が容赦なく。。注がれては~~
Cimg64991
気持ちが良いくらい流されていく湯~~♪


湯に浸かりながら~眺めた景色~~☆
Cimg65021
Cimg65041

温泉に浸かっているとき~~アブが飛んでいました・・
それも・・・大きなアブヽ(;´Д`)ノ
ぎんに、タオルで追い払ってもらって~
のんびり浸かっていた~くろです(笑)

1時間くらいは~浸かっていた気がします (*^ ^*)ゞ 

上がる頃に、人が来て、、駐車場に着いた時には・・
何人か温泉へ向かっていきました。

貸切状態で、一番風呂に浸かることが出来て~幸せでした☆



道南の温泉めぐり2日目~まだ続きます(´∇`)


平田内温泉 熊の湯
【住所】    二海郡八雲町熊石字平
【アクセス】  乙部町~R229を瀬棚町方面へ進み、
               鯉川(R227の合流点)を越えて、
               熊石町青少年旅行村の看板を右折。
【入浴可能な時期】 4月下旬~10月下旬
【入浴時間】  24時間
【入浴料金】  無料
【脱衣所】   あり、男女別

屈斜路湖畔温泉  コタンの湯

くろ)この間の話の続きです♪

美幌峠の『てっちゃん』に会った後は、屈斜路湖畔方面へ~~\(≧∀≦)/
屈斜路湖畔の周りには、無料露天風呂が沢山あります(*^ー^) 
池の湯・和琴温泉・コタンの湯・砂湯・足湯☆
池の湯・和琴温泉・足湯は、浸かったことがありますが、
コタンの湯は・・去年、浸かることができず・・・(ToT)
((温泉好きの~くろが、浸かれなかった理由・・・湯の温度が熱すぎでした))
http://kurotogin.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_cff9.html
(去年のコタンの湯の記事です↑)

回は浸かることができました~~~ヾ(≧▽≦)ノ

今回も眺めるだけで終わりなのかと・・・思いながら眺めている時に、
ぎんが湯の温度を確認!!
「お~~。丁度いいよ!入るしかないよ~~」
と、服を脱いで入ってるし・・・(^_^;)
いつも、くろの方が真っ先に飛び込むのに~~\(◎o◎)/

ここで、
くろに迷いが・・・(´-ω-)

今回、ぎんの友達のHくんも一緒に行っていたんです(・_・;)
湯壷は、一応・・・岩で男女に仕切られているけど・・・
湯に浸かるまでは、見えてしまいます。。
脱衣所は、女性側にありますが、湯壷までに囲いがありません。

う~~~ん。
丁度良い湯加減って聞いたら・・・浸かるしかない(人∀・)   

脱衣所で服を脱ぎ、タオルを巻いて
「今、入りに行くから見ないでね~~~」の声をかけ、
ぎんに監視を托して、出動開始!!
Cimg55131_1

やっぱり~~天然の温泉は、いいわぁ~~ヾ(≧▽≦)ノ
湖畔と湯の高さが同じくらいで、、眺めがいいです☆
Cimg55121
間近で、白鳥がスイスイ泳いでいる(!?)姿を見ながら
湯に浸かることって、なかなか体験できないことなんだろうなぁ~(´・ω・`) 

リベンジできてよかった~~  (*^ ^*)ゞ 

湯から上がるとき、「上がるからこっち見ないでよ~~」と、声をかけて出ました。。。
ふと、湖畔を見ると白鳥が顔を隠して丸くなっていました(^_^;)
白鳥さんの協力もあり(笑)浸かることができました(人∀・)

屈斜路湖畔周辺の無料露天風呂は、、砂湯を除けば・・・制覇できました。

北海道 然別峡鹿の湯NO.2 ~温泉に浸かる編~

くろ)昨日の『鹿の湯』の続きです ヽ( ゚∀゚)ノ

目の前に川が見えてくると、あとは、川沿いに向かって行くと
鹿の湯が、あります☆
Cimg54441

小さく、湯壷が見えてきました ( ^∀^ )
・・・何度か転びそうになりながら進んでいくと~~
Cimg54451
Cimg54461
ありましたぁ~~~鹿の湯(ノ^∀^)ノ
冬は、川の水位が低いのか、温泉の湯壷が・・はっきりわかります。

シーズン中は、湯壷の少し前に、簡易の脱衣所がありましたが。。。
今回行ったときには、ありませんでした(-.-;)
(脱衣所というよりは、、、囲い!?のようなもの。
場合によっては、見えてしまいます・・・・。)

Cimg54471
温泉の湯が、以前来たよりも少なく。。。藻が浮いていました。
ぎんが、『凄い、藻が浮いてるね~』『お湯温かいのかな?』などなど・・・
話していましたが。。
くろは、素早く服を脱いで入浴~~\(≧∀≦)/(苦笑)
(誰も居ないし。。誰かが来る前に入らないと、
温泉に浸かるのに至難の技が必要になってしまうから・・・。)

『あ~~いい湯だね~♪この、しっとり感がいいんだよね~』と、
話している間、
ぎんは、温泉に浮いている藻をどうにか流そうと必死の様子。。。ヽ(;´Д`)ノ
Cimg54531_1 
湯壷の湯が流れているところを止め、
湯壷の上から湯がかけ流しになるようにして、
近くに落ちていた気の枝に藻が引っかかるように工夫!
藻が少しずつ、流されて入る前よりは藻の量が減少(人∀・)
Cimg54641_2

『ただ、流れるのを待つより、湯に動きをつけたほうが早いかも・・』って、、
ぎんが一言。。
と、いう訳で・・湯壷の中央の岩を中心に、、2人でクルクルと、
湯壷を周りました(◎o◎)(何週したんだろう。。。)
((人が居るときには・・・しません))

「のぼせた」と言うより・・・周りすぎてしまい。。ゆっくりと湯を楽しむことに☆


この大きな湯壷の他に3つ湯壷があり、一番小さな湯壷は熱いので
岩の下にある湯壷に浸かることにヾ(≧▽≦)ノ
Cimg54631
全く解りづらい写真ですが。。。。(すみません m(_ _)m )
天然の岩風呂です《(≧*≦)ノ
岩の間から温泉が流れ込んできています♪
洞窟風呂とか。。岩風呂とか。。温泉施設にあるところがありますが・・・
ここは、自然の中でできた本物の岩風呂を楽しめます(人´∀`).☆.。
天然温泉が好きな~くろには。。たまりません(≧∇≦)

思う存分、鹿の湯を満喫して、湯から上がろうとした時に、
男性2人が、、来ました。
2人が湯に浸かるのを待って、湯から出ようとしたんですが、、、
こちら側が見える方向を向いて浸かっていました。

混浴と知っていて入浴するので、あらかじめ、
バスタオルとプール用タオル(ゴムの入っているもの)を持参して、
着替えるときに見えないようにしています。
プール用タオルは、湯から出てから使うのにはいいんですが、、、
湯から出るまでが、一苦労。。。(くろの課題でもあります。。)

何とか、湯から出るまで、見えないように工夫をしていた時。。
『反対を向いてるんで・・・』と、優しい一言。
(以前、ここへ来たとき。。。嫌な思いをしたことがあったので、、
本当に、ありがたい言葉です  m(_ _)m)

早めに着替えて、お礼を告げました(´∇`) 
すると、気さくに話しかけてきてくれ、少し話をしましたが、、、
北海道の気温は、まだまだ低いため。。湯冷めをしないうちに
車に戻らないと。。。
もう少し、会話をしたかったのですが。。ぎんとくろは鹿の湯を後にしました。


行きは、下りだったので・・・・帰りは、上り。。。。。┌(`□´;;)┐ 
車までの道のりは、、疲れたけど、
鹿の湯を満喫できたから幸せ~~~(´∇`) 

以前、鹿の湯へ来た時の記事↓(季節感の違いがわかります)

http://kurotogin.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_40d1.html

~然別鹿湯~

【住所】   河東郡鹿追町然別峡
【アクセス】 帯広からR241、R274、道道85、道道1088を経て然別峡へ
       然別峡野営場から徒歩 約3分
【入浴料金】寸志

*湯壷に浸かるときには、岩がゴツゴツしていたり、
 段差のないところがあるので、注意が必要です。。。

北海道 然別峡鹿の湯NO.1 ~温泉までの道のり編~

くろ)お久しぶりです m(_ _)m 

3月も下旬になりますが・・・北海道では、今も、、雪が降る日があります(>_<)   
早く雪が解けて~~暖かくなるといいのになぁ~~(。_。)

久しぶりに温泉へ行ってきました(o^ω^o) 

ここ最近。。。くろは、天気がいい日になると、、、
『鹿の湯に行きたい~☆』と、言い残しては、
仕事に行ったり、ぎんを見送ったりしていました。

この間、くろが明けで、ぎんが休みの日があって、
行ってきました~~《(≧*≦)ノ鹿の湯へ♪
無料温泉(寸志)の中でベスト5(くろのベスト5)に入る温泉の一つです!
眠気を吹き飛ばし・・・いざ出発~~ヽ( ゚∀゚)ノ  

温泉の近くに着いたけど・・・・
Cimg54191
通行止の看板が。。。 Σ!(0ロ0、)
温泉が・・くろを呼んでいるのに!?・・通行止は。。辛すぎる (〃_ _)σ∥
北海道の冬季に通行止めになる温泉が多くて悲しい(T_T)   
しかし、、、ぎんが誰かの歩いた足跡を発見!! (人∀・)
ぎん『ここから歩いていく?』
くろ『歩こう♪』
車を停めて、ここから歩いていくことに ヽ(^-^)
Cimg54221
雪道を進みます。。。
忘れてた・・・。
この先に然別峡野営場があるけど、かなり距離があった気が・・・。
さらに、その先を進んで行かないと温泉がないことを思い出し。。。
それでも~くろは、温泉に浸かるために前へ前へ進むだけ☆
Cimg54241
Cimg54261
何処までも続く雪道。。。
時々、雪の中に足が埋まるので、歩きにくいけど。。。
下りになっているから辛くない( ^ω^)
ぎんが一言。。
『足跡付いてるけど・・・ここを歩いてまで入りたい温泉なのかな~?』
くろ『うん!入りたい温泉だよ~~♪』
Cimg54331_1
然別峡野営場の看板が見えました。
ここまでの距離は・・300m位だと思います(^_^;)   
ここから、然別峡野営場を目指して歩きます。。。
Cimg54321
果てしなく、、まっすぐの道~~♪
Cimg54351
ここが、 然別峡野営場の入り口で、
シーズン中は、ここまで車両で入ってこれます(^o^)/
ここから、温泉を目指して歩きます。。。
(歩いてばかりですが、良い運動になったような感じがします(笑))
入り口の奥へ行くと炊事場!?みたいなのがあります。
Cimg54371
ここまで来ると~~温泉までは、もう少し(≧∇≦)
Cimg54381
目の前に川が見えてきて、ここの下り坂を降りると~
念願の鹿の湯が待っていてくれる♪



この続きは、明日~書きます(o^ω^o) 

久々の温泉♪③ オサルの湯

くろ)久々の温泉♪ 最終章です。。。

 「御宿かわせみ」
で、満足して、向かった先は、オサルの湯
「御宿かわせみ」の近くにある、天風呂です(人∀・)   

目的は、以前、入ったことのある温泉ですが、
写真を撮っていなかったので写真を撮る為です。

オサルの湯が~~見えてきた☆
Cimg4784_1
Cimg4786
Cimg4785
Cimg4787

長流(オサル)川沿いの岩のくぼみが湯船になっています("∀")
手を入れてみると温かい。。
ぎんが足湯でもしたら?車からタオル取ってくるから。。。」と、一言いい、
車に向かいました(^ー^)

これが・・・ぎんの驚く出来事につながったのです(゚ー゚)

温泉を目の前にして・・ジッとしていられない!!くろ。。(〃_ _)σ∥
Cimg4791

「足湯??う~~ん。足湯をするなら・・・入っちゃお~~ヾ(≧▽≦)ノ」

ぎんがタオルを持って戻ってきたら・・・
くろは、すでに脱いでるし・・・(;⌒▽⌒)σ

ぎんが「入ることにしたの?」と、言い終わる前に。。。
もう、浸かってるし・・・(´-ω-)

「うん。入るよ~。温泉に入って、体も暖まってるし、着替えするの寒くないよ~~」
・・・そんな問題じゃないような・・・(;´Д`)ゞ
「○○も入ろ~ヽ(^-^)温かいよ~~♪」
「ここまで来たんだから・・入るか」
と、くろのペースに流されてしまうのでした 。。。ヽ(;´Д`)ノ
いい写真も撮れたし、温泉にも浸かったし、一石二鳥だね~~ヾ(≧▽≦)ノ

『驚く出来事』と、言っても・・・ぎんは、
くろの行動が・・何となくわかっていたと思います(^_^;)

「入ってよかったしょ~」と、
北海道弁丸出しでオサルの湯を後にしました(^o^)/

  蟠渓温泉 オサルの湯
DATA 伊達市からR453を壮瞥方面へ。
     蟠渓温泉に入って100mほど。
【入浴料金】無料
【入浴時間】24時間可(照明などなし)

     *混浴で、脱衣所はありません。
      (今回で、2度目ですが、誰も来ていませんでした)
        (シーズンオフだからかな?)
     *湯船が2つあり、さわ沿いと、川沿いにあります。
     *湯の調節は、川の水でするみたいですが、
      行ったときは少し熱いくらいで、水を足さずに入れました。

然別峡 鹿の湯 と 入浴のマナーについて

くろ) 無料(寸志)温泉で、以前から一度は入ってみたかった温泉へ行ってきました♪
然別峡野営場の奥にあり、川沿に湯船がある『鹿の湯』温泉です(*^ー^*)☆

駐車場に車を停めて、鹿の湯へ向かいます。
(看板がありるので、道に迷う心配はありません。。)
Cimg41991

入り口から進むと階段があり、再び看板があります。
Cimg42031
露天風呂まで、あと100m!!期待を胸に足早に進むと・・・
Cimg42061
期待通りの~~温泉が目の前に!!
この開放感あふれた温泉を目にして、、じっとできずに。。。
入浴~~(*^▽^*)♪
少し濁りのある湯に浸かり~~川の側で湯を楽しみました☆
のぼせた時に、腰を掛けて、川の水に足をつけると気持ちよかった~~(^^)
湯は、程よくしっとりしていて・・温度は少し熱めでした。
(洗面器があり、川の水で調節することも・・と本に書いてありました)
湯上りは、肌がスベスベに!!

訪れる方が多く、いつもは、湯船にタオルを入れずに浸かるのですが・・
さすがのくろも・・タオルで前を隠して浸かりました。。(^^;)

湯は、山の岩から流れてきていました。
Cimg42071

川の上流へ上っていくと・・・いたるところから温泉が湧き出しています。

本当に・・湯量の豊富な場所だと実感しました!

この写真は、源泉が川に流れ込んでいる場所を写した写真です。
Cimg42081
Cimg42091

湯船の湯は、川に流れ込み・・源泉掛け流しです!!
絶景に囲まれ源泉掛け流しで。。。幸せなひと時を過ごせる温泉です☆

近くに小さな湯船が2つありましたが・・・熱いです!!
Cimg42131
Cimg42051

温泉は、川沿いで、温泉の近くには絶壁も。。
Cimg42101_1
秘湯が好きな方は、入ってみることをお勧めします!

脱衣所がなく・・・すだれで小さく囲われているところがあります。
お風呂自体からは、死角になりますが・・・人が通ると丸見えなので・・・
女性の方は、大き目のバスタオルなどを準備されるといいと思います。

くろが着替えているときにも、
若い男の人2組が・・・わざわざ川に入ってまで、着替えの見えるところに来てチラチラ見ていたそうです。。
(着替えているくろを見ても。。。楽しくないと思いますが。。。(苦笑))
マナーを守って欲しいと思いました。。

*温泉が好きで、秘湯や無料温泉へ行くことが多く、特に秘湯は混浴が多いです。。
 今まで行った温泉では、温泉に入っている方のマナーが良く嬉しく思っています。

 女性が温泉に浸かっていて、普通に見えてしまうのは・・・
 お互い様なので・・・仕方のない事だと思います。
 しかし・・・露骨に着替えを覗き見するような・・・行為はマナー違反だと思います。
 今回は、マナーを守れない方がいて、少しガッカリです(><)

 女性が入っていて、、男性の方に気を使わせてしまったり。。。
 目のやり場に困ったり。。。迷惑を掛けてしまうことがあるかもしれません。
 
 秘湯や無料温泉は、みんなのものなので、自然の温泉を守り、
 みんなが楽しく気持ちよく入れるように・・くろも皆さんに迷惑を掛けないように
 混浴でのマナーや入り方を勉強していきたいと思います!!

    『然別峡 鹿の湯』

【住所】    河東郡鹿追町然別峡
【アクセス】  帯広市からR241、R274、道道85、道道1088を経て然別峡へ。
        然別峡野営場より徒歩3分ほど
【入浴時間】 24時間(照明なし)
【入浴期間】 通年
【入浴料金】 寸志