2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

十勝岳2077m登頂!ラスト

見渡す限りの360℃の大パノラマ。

どんなに人間が美しいものをつくったとしても…
やはり自然の作り出す神秘的な美しさには適わないと想った。

頂上付近を見回してみると…

どこぞの幼稚園の子供が頑張ってここまで登ったのかな?

そこいらじゅうの岩に落書きが書き込まれている。

きっと…子供が嬉しくなって書いてしまったんだろうな~

大の良識ある大人が…落書きなんて恥ずかしくてする訳がないからね。笑

さて…

行きはよいよい…帰りは怖い…じゃないけど、

帰り道は結構大変だっね。

登りは上か足元だけ見て進んでいけばよかったけど…

下りは…まともに高さを感じるからね。

壁エリアの下りが本当に怖かった。

後続の登りの人たちが沢山きていたので…

間違って落石だ出すわけにはいかない。

滑落の恐怖と戦いながら…慎重にじっくりと時間をかけながら降りていった。

壁エリア、砂利エリアを越えると…後ろには十勝岳の頂上が悠々とそびえる。

つい先ほどまで自分はあそこにいたんだな。

そう考えると…少々名残惜しい気がした。

進んでは後を振り返り、何度も何度も、かみしめるように十勝岳の頂を振り返った。

そこからさらに下っていくと…

途中でかい荷物!?を背負って男性と遭遇。

近づいてみると…

!?

自転車!?

しかも…ごっついバイクみたいなタイヤを履かせている。

男性に話を聞くと…

この上にある砂地の平野で、この自転車を乗り回したくて担いできたのだとか

重量は18kg

つわものだな~

自分がやりたいことのために、そこまで情熱を注げるかれを尊敬した。

非難小屋付近までくると…あと少しだな~とホッと気が抜ける。
その途端に足の痛みが一気に噴出してきた。

ここで靴を脱いでゆっくり休憩。

天気も良く、そよ風が心地よい。

最後のひとふん張りは…時間をかけて1時間の道のりだった。

この日は幸い快晴だったけど…その二日後の22日には大雪山の旭岳で初冠雪

今になって想うと…きっとあの日が自分にとって最後のチャンスだったのだと、改めて感じた。

一つ一つのチャンスに自分がどう向き合っていくのか…

一つの大きさはさほどではないけれど、その積み上げが自分にとって
後に大きなものになってきくのではないかと…感じたひと時だった。



十勝岳2077m登頂!③


駐車場で隣になったオヤジさんと少し話した。

すると…この車が多い理由を教えてくれた。

なにやら…18日?17日?から女性の単独登山の方が遭難している様子。

それでレスキューのオレンジの服を着た捜索隊の人にテレビ局の人たちも入っていたようだ。

悪天候の中…一人で無謀にも十勝岳にトライしたようだ。

近隣の人なら…またリトライすればよい!と諦めがつくけれど…
遠方から来た人にとっては…またのチャンスはいつになるのかわからないということもあり
無茶をする人が多いようだ。

無茶をして…命を落としたらなんにもならないのにな…

無事であることを祈りたい。

前回は片道1時間弱の非難小屋付近でかなり膝に痛みがあった。

今回は…前回より荷物が多い。

不安はあった。

私の前には中年ご夫婦が歩き…私の後ろには若い男性の単独。

距離を置いてたくさんの人が歩いているので…単独だからといった不安はなかった。

最初はストックの長さ調整が上手くできなくて…てこずったけど
うまく使えるようになってから…無理なくペースが上がったのを実感できた。

最初の30分くらいは、ペースの調整で呼吸が乱れるもペースがつかめてからは順調

前回1時間若の非難小屋に50分くらいで到着!しかも…体は快調で膝に痛みはない。

そこからは…未知のゾーンが始まる。

左手の岩場をジグザグにに登り高度を上げる。

右手には深く削られた谷が広がり…場所によっては、足を踏み外せば10m以上の転落の危険もある。

少々ビビリながらだったけど…まだまだこれから先の壁エリアに比べたらかわいいものだった。

ふと上を見ると…6人ほどのオレンジの団体さんが歩いていた。

途中からヘリでの捜索も始まり、いつも静かな山が慌しい空気になっていた。

だだっ広い岩場エリアには…うちの車より大きな岩がごろごろしている。

こんなの吹き飛ばすのだから…自然の力の凄まじさは想像を絶するね。

そこからさらに登っていくと…道は一気に狭まり一気に勾配がきつくなる、右手には深く削られた谷が見える。

このエリアまで1時間半。

勾配がきつい為…道をジグザグに進む。

上にも下にも人がいるので…落石を出さないように足元をしっかり確かめながら慎重にすすむ。

20分ほど登ると…第一関門突破

標高1720m地点。十勝岳頂上まで…あと1・6キロ

ここからの景色は絶景だったな。

目の前には左右に巨大なクレーターになった旧火口が広がり…

谷の向こうには活火山が豪快に噴煙を上げている。

大地を見下ろせば…眼下には雄大な景色が広がる。

登ったものだけが味わえるご褒美なんだろうな~

今日は天候が最高の状態で…風も全然吹いてなかったけど…
さすがに冬を間近にした北海道の山の空気はピリリと肌に痛かった。

ここから標高にして、約450m

そこに見える十勝岳は雄大で…人間一人の小ささを痛感させられる想いだった。

④に続く

十勝岳2077m登頂!②

朝4時に目覚ましセット…

寝たのは遅かったわりには、目覚ましで起こされる前にすっきりと起きることが出来た。

出る前の支度と荷物の最終チェック、あと念入りなストレッチ。

荷物はザックと中身でトータル8キロ
後で考えると…いらないものが結構多かった。

5時近くなり…外はうっすら明るくなる…が!?

おいおい!天気予報では午前中晴れのはずが…ばっちり曇りやん!

かなり気分的に滅入ったけど…とりあえず望岳台まで行ってみる事にした。

途中美瑛までの道のりは…霧で視界がかなり悪化。
心の中では…半ば諦めモードだった。

しかしどうだろう?朝日が差し込むと…

金色に染まった霧が~

ぱあっと…晴れていくじゃありませんか♪

白いベールから現れた黄金の太陽には…どこか神々しさを感じた。

白金温泉を越えて望岳台までの道のりは見晴らしもよく

秋!と言わんばかりの…真っ青な美しいスカイブルーが広がっていた。

見下ろす大地には…霧に覆われた雲海が広がり
自然の作り出す美に言葉を失った。

この光景を眺めることができただけでも…早起きしてきたかいがあったというものだね♪

望岳台の登山口駐車場に到着してみると…すでに20台近い車が止まっていた。

みな想い想いに装備の点検をしている。

しかし…この車の多さの理由は…登山客のものだけではなかった。

2010 知床の流氷

2010 知床の流氷
2010 知床の流氷
2010 知床の流氷
2010 知床の流氷
2010 知床の流氷

くろ)今日は、ぎんの「天気も良いし、ドライブ行くか?知床の流氷見に」という何気な言葉から〜11時頃から出発(^-^)/

流氷が岸まできていることを願って青空の中ドライブ♪

運が良いのか、流氷が岸まできていました!そして、到着したのは…ちょうど夕暮れどき(≧∇≦)

晴れ・夕暮れどき・流氷のコラボレーションが何とも言えない素晴らしい景色を見せてくれました☆

ぎん)そうだね~流氷が風で揺られて、「キシキシッ」と出す音がまた・・・幻想的なんだわね♪

ただ・・・今回は残念なことに、近くで橋の工事をやっていたらしく~常時「コンコン」という大きな物をたたく音と、おっちゃん達の大声が鳴り響いていたよ。笑
おっちゃんたち、寒い中本当にお疲れさん!だね。

ちなみに・・・これはぎんの感想なんだけど、今年の流氷は量は多かったけれど「小ぶり」?だった気がする。

くろ)流氷を見た帰り際に雪山の上に鹿発見(^_^)v

冬の知床を満喫しました♪

ユーチューブにアップした動画

知床ウトロの眺めと流氷

http://www.youtube.com/watch?v=Fh3rGzzqjLk

2010知床冬 フレペの滝

http://www.youtube.com/watch?v=MhF3guJCTdU

2010 知床冬 夕日と流氷

http://www.youtube.com/watch?v=cLflFSp9SbU

2010 夕暮れの流氷「知床ウトロ」

http://www.youtube.com/watch?v=qazN1u40ZJo

旭川冬まつりラスト

旭川冬まつりラスト
旭川冬まつりラスト
旭川冬まつりラスト
旭川冬まつりラスト

くろ)今日は、旭川冬まつりの最終日でした♪

ぎんと歩いて会場に向かいました。

冬まつり期間中、旭川駅前の買物公園通りに並ぶ氷像(氷彫刻)を見に行きました(≧∇≦)

〈写真が氷像です〉

日中とは違い夕方からライトアップされています。

氷彫刻を神秘的に演出されていて、中にはしばらく立ち尽くして見とれてしまう作品もありました♪

会場に向かい、冷えた体を温めため甘酒を飲んで体ポカポカ(*^o^*)

ぎんもくろもお腹が空いてて〜次に腹ごしらえ。

「にぎり棒」という、きりたんぽのような物とチーズウインナーを食べて…腹5分目くらいに〜♪

甘酒飲んで食べて…冬まつりに何しに来たの〜?

それは、冬まつりラストに打ち上げられる花火を見に来たんです〜〜(o^∀^o)

雪の上に設置されたところから打ち上げられる花火は、凄く綺麗でした(^-^)

冬の澄んだ空に広がる花火は、夏と違い色が映えていて感動しました!

花火を見ている間にも体が冷え……甘酒2杯目飲みました(笑)

そのあと、会場近くの公園でファンタジーックレーザーショーがあり、見てきました(^O^)

会場に煙りを充満させて、レーザーと音で幻想的な演出をするという物でした♪

煙たかったけど、不思議な感じで良かったです。

楽しい時は、寒い冬も好きになるんだなぁ〜と思いました(≧∇≦)

ユーチューブにアップした動画

夜の部 買い物公園会場 氷像①

http://www.youtube.com/watch?v=R7fV052rjeQ

夜の部 買い物公園会場 氷像②

http://www.youtube.com/watch?v=mtXteO5gYdo

花火 石狩川河川敷会場

http://www.youtube.com/watch?v=mZwTWbRWbJ8

ファンタジックレーザーショー 常盤公園会場
  開始から4分ほどで現れる「オーロラ」が綺麗

http://www.youtube.com/watch?v=X4yuoRf7OU8

2010旭川冬祭り 買い物公園会場 氷像

冬祭り
冬祭り
冬祭り
冬祭り
冬祭り

ぎん)いよいよ始まりました!冬祭り!って・・・もう明日には終了なんだけどね。

ここ三日ほど軽いギックリ腰で動くことができず、会場を見に行くことがきなかった。

多分・・・癖になってるんだろうな~

今の時期は寒さで筋肉が硬くなってるから、ちょっとのことでギックリっぽくなってしまうんだよね。

ま、終わったことは悔やんでもしょうがないので~前向きに行きましょ!笑

今日はちょっとリハビリがてらに買い物公園まで散歩。

天気もよくて、とても暖かい。

そうはいっても・・・日中で氷点下って、本州の人からみたら信じられない世界なんだろうな。

それでも暖かいなんていってるんだから・・・なれって怖いものだわね。

今日は、ちょっと時間帯が悪くて・・・お日様がビルの陰に隠れてしまっている。

お日様が氷像に当たって煌くと、すんごく綺麗なんだよな~

あと、夜間に照明でライトアップされるのも、めっちゃ綺麗!

明日はラストで・・・くろと花火を見に行くので、氷像の写真も撮影できたらブログにアップしたい。

あと、買い物公園と石狩川河川敷の動画もユーチューブにアップしているので、興味のある方は見て欲しい。

買い物公園氷像①

http://www.youtube.com/watch?v=jqxYBAUANYk

買い物公園氷像②

http://www.youtube.com/watch?v=p7jaPIc4mTs

冬祭り会場①

http://www.youtube.com/watch?v=gOg8QTGHfig

冬祭り会場②

http://www.youtube.com/watch?v=Pq8JBYF_G1A

根室~納沙布岬~弟子屈

ぎん)霧多布からはR44を一本道。

土地勘も無いことから、ゆっくりと後続車を待ち・・車列にまぎれて根室を目指す。

根室の道の駅に到着。

ここは、毎年白鳥で有名な湖の「風連湖」のすぐ向かいにある。

Cimg02171

Cimg02191 

湖面には、まだ白鳥の姿はまだなかった。

ぎんは、ここの道の駅には・・とても苦い思い出がある。

前回来たのは、もう数年前の話になるけれど・・・

丁度季節は「夏」

トイレは湖で発生した「蚊」の大群でひどいことになっていた。

夜のトイレで歯磨きをしているだけの間に・・短パンだったぎんの足は
ものの見事に蚊の大群に襲われて、ボコボコになっていた。

あの後、しばらくかゆくて眠れない日々を過ごしたんだよな~。

トイレを済ませて、別海牛乳使用の濃厚ソフト300円だったかな?を食べる。

うまい!!

濃厚の言葉がぴったりの、ジューシーなソフトだった。

根室の町はスルーして、次は納沙布岬。

Cimg02221

いきなり平和の塔からの写真になってしまった。

平和の塔の写真を撮り忘れているあたりが・・ぎんらしいんだわな~。

俺が水戸黄門に出てたら、絶対うっかり八兵衛だな。笑

平和の塔は、かなり年季入ってるんだろうな~
中に入ってみると「カビ」臭い?匂いが鼻につく。

ここは一人入場料900円。JAFの会員証で二割引で入ることができた。

早速中央のエレベーターで4Fへ向かう。

写真は4Fからの眺め。

ぎんの読みは当たり、備え付けの望遠鏡は有料。

以前、お金を入れてピントを合わせているうちに・・時間がすぎて画面が真っ暗になったこともあったな。

そこで、今回は持参の双眼鏡で360度のパノラマを楽しんだ。

塔の見学を終えた後は、納沙布岬の灯台へ。

Cimg02271

先端へはロープが張られて立ち入り禁止の看板。

海峡を見ていると、丁度荷物を満載したロシア船が北に向かって航行していた。

双眼鏡で覗いてみると・・日本車らしい車が所狭しと積まれていた。

二人で双眼鏡の取り合いをしていると、ライダーらしき若いお兄さんが近づいてくる。

写真を撮ってくださいとのこと。

くろに撮影を任せる。

話を聞くと、東京から遊びにきているライダーさんのようだ。

せっかくの機会なので、双眼鏡を貸してあげた。

双眼鏡でのぞいてみると、北方領土の建物までばっちり見えるんだよな。

すると・・もう一枚お願いしていいですか?と、今度は灯台をバックにバイクを入れて撮影したいようだ。

これで終わりかと思いきや・・今度は携帯の写真と、アップの写真やら・・
終わってみれば結構な枚数を撮ることになったな。笑

この後は北に黄金の夕日を見ながら、厚床を目指す。

Cimg02381

昨日の夕焼けも最高だったけど、海に沈んでいく夕焼けも・・また良いな。

帰りも根室の道の駅による。

ここで「カニせんべい」を発見!!

以前何度か書いているが、「美幌峠のテツ」の好物が「カニせんべい」というの聞いていた。

テツへのお土産をゲット!

夕食は、セイコーマートのホットシェフ。

コンビニの弁当ながら、これが馬鹿にできないくらおいしい。

下手をすれば、そのへんの食堂に入ってご飯を食べるよりも美味しい。

弟子屈へは、通称「パイロット国道」を通って暗闇を進む。

晴天の浜中~霧多布

ぎん)何気ないフラリたちよりから、想わぬ幸運にめぐり合い、気分は最高!

そのまま気まぐれに任せて霧多布を快走する。

ここでまた・・気分にまかせた「フラリ」実行。

海沿いを走ったら気持ちが良いだろうな~と、気ままに右折。

急な下り坂を下っていくと・・浜辺には見渡す限り、昆布がほされている。

流石に田舎といったかんじか・・来るものが珍しいのか、周りの人たちの熱い視線を浴びる。

その理由はすぐに解るのだが・・・。

海沿いの細い道を進んでいくと、海の向こうに何やら面白いものを発見!

Cimg01891

岩と岩が縄で結ばれている。

画質を落としているので、少々みずらくなってしまっているが、
ぎんが見るには・・・左手の岩の右側の突起部分が、男のアレの形に見えるのだが?笑

特に看板もなかったので、残念ながら名前を知ることはできなかった。

左手に目線を移すと、奥にかすかに滝らしい?ものも見えた。

残念なことに、道は30mほど進んで行き止まり。

小さな家が10軒ほどならんだ小さな漁村だった。

そりゃ~こんなところに迷い込んでくるやつは珍しいもの、皆さん注目するはずだよね。笑

次に道路沿いを走ると・・涙の滝?岩?といった看板を見かける。

右手には砂利の駐車場らしき場所がある。

ここから遊歩道を歩いて、見に行くようになるのかな?

ところが・・・周りを見渡せば、所狭しと「車上荒らし注意!!」の看板。

ん~確かに交通量も少なく、周りからは視界に入らないこの場所では
たとえ車のガラスを割ったところで、気付く人もいないだろう。

止まっている車も無く、流石にここはヤバそうだな~と諦める。

その後道路沿いにあった見晴台でゆっくり景色見物。

Cimg01931

Cimg02001

ここからのパノラマは最高!

眼下に広がる曲がりくねった川が、自然を感じさせてくれる。

次に霧多布へ

Cimg02041

霧多布で放牧されていた馬。

少々機嫌が悪かったのか、近寄ると威嚇?らしい動作をみせたので・・すぐに退散。

Cimg02051

Cimg02111 

Cimg02101

普段は風が強いせいか、周りを見渡してみても・・背の高い木は見当たらない。

今日は風もなく、天候も上々!

霧多布にくるのは二回目だけど、二回とも幸運なことに霧にあうこはなかった。

ユーチューブにアップした霧多布岬の動画
http://www.youtube.com/watch?v=ua2zarRmmLY

ぎんの手持ちのデジカメでは撮影することは出来なかったけど、
双眼鏡で岩場を覗いてみると・・真っ黒で大きな鳥が無数に岩場に張りついていた。

霧多布の景色を満喫し一路、根室を目指す。

厚岸「牡蠣祭り」

ぎん)今回は道東二泊三日の旅行に行ってきた。

一日目は旭川~厚岸

二日目は厚岸~根室(納沙布岬)~弟子屈

三日目は弟子屈~川湯~美幌峠~旭川

今年に入ってから北海道は天候不順が続き、一週間のうちに雨の降らない日は珍しいくらい天候が悪かった。
その中でも、今回の旅は一度も雨にあたらずにすんだので幸運だった。

一日目は、ほぼ一日移動で終了。

一日の終わりに厚岸で、諦めかけていた風呂に入れたのが幸運だった。

お風呂を済ませて、道の駅厚岸グルメパークで泊まり。

ここの駐車場はいつきても、車中泊の車が多い。

二日目は天候も良く、のんびりと携帯コンロでお湯を沸かしてカップラーメンで腹ごしらえ。

その後、道の駅でお土産買って10時過ぎに出発。

当初の予定は、一度根室の道の駅でスタンプを押して、その足で釧路動物園で
アムールトラの「ココア」を見る予定だった。

しかし、これまた・・ぎんの気まぐれ病が発症し、霧多布のぶらり旅を始めた。

これがまた幸運だった。

海沿いを走る津守が・・何故か内陸へ向かう。

すると・・右手の公園らしき場所に、出店らしき屋台がならんでいる。

普段ならば、あ~小さな町のお祭りなんだろうな~くらいの感覚で通り過ぎるところだけど
今回は何気に、引き返してみるか?と「くろ」に相談をしてみた。

そこで、ちょっとよってみることに決定。

Cimg01831

中に進んでみると、厚岸特産の「牡蠣」がずらりと並ぶ。

その値段も、旭川では驚くほど安く、しかも大きい!!

奥の方から・・何やら良い匂いが漂ってくる。

Cimg01841

店頭に並んでいる牡蠣やホタテを焼いてくれるようだ。

ここで、ぎんたちは焼き牡蠣とホタテを頼むことにした。

Cimg01861_2

Cimg01871

どちらも600円。

大きさはもちろんの事だけど、やはり新鮮さが違うので味が最高!

この後地方発送の看板を見つけ・・お袋が「牡蠣」が好きだったことを思い出し
送ることにした。

牡蠣はLLで一個150円。

貝の大きさだけで、ぎんの手のひら位ありそうだ。

あと、生で一個食べさせてもらったのが・・「かきえもん」

貝は小さいものの、4年もの?とのこと。

これが一個160円。

ん~少々渋りながらも、お店のおばちゃんのお勧めをいただく。

食べてみるとこれが~~~

もう!もう!もう!

笑顔しかでないのさ。笑

人間、本当にうまい物を食べたときって・・「うまい!」の声すらでないというのを始めて体験した。

なんと言っても、牡蠣が全くダメ!という「くろ」が、あまりに美味しそうに食べる「ぎん」をみて・・ついつい食べてしまい、「美味しい!」と言ったのが「かきえもん」だった。

食べ終わって・・くろが一言。

私は騙されていた・・・・・。と

どうやら、今まで食べてきた牡蠣は、本当の牡蠣ではない。との意味らしい。笑

これは~と、実家に送る牡蠣に「かきえもん」を追加する。笑

正直、ぎんが今まで食べた牡蠣というのは・・

サロマ産にしても、厚岸産にしても・・「ドブくさい」というイメージしかなかった。

ところが、今回厚岸の本物の牡蠣を食べて・・まさに目から鱗の思いだった。

その後は霧多布をぐるぐると散策していた。